出来る事
地域の暮らしを豊かにする建築家
建築家,愛知,名古屋,東京,集合住宅,空き家,街づくり,設計事務所
22
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-22,qode-social-login-1.1.3,qode-restaurant-1.1.1,stockholm-core-1.2.1,select-theme-ver-5.2.1,ajax_fade,page_not_loaded,menu-animation-underline-bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive

vision

建築を通じて地域を豊かにすること
私たちが考える豊かさは持続性、固有性、楽しさ、繋がりから成り立ちます。

デザイン領域

1

地域のリサーチから集合住宅や複数の世帯が暮らす建築をデザインする

2

住う人と地域を掛け合わせた住宅をデザインする

3

地域が豊かになるための仕組みをデザインする

つくり出す価値

1

地域価値を向上することによる人の定着

2

永く愛される建築を作ることで建築の高寿命化

3

地域コミュニティの形成

方法

問いを立てる
1.リサーチ

 

リサーチを行う前に〝想い〟をヒアリングします。

リサーチは社会学的なアプローチと文化人類学的なアプローチから行います。具体的には街としての資料の読み込みから始まり、半径15分圏内(徒歩圏内)をくまなく歩きます。

 

2.ビジョン

 

ビジョンは想いとリサーチを掛け合せて設定します。

クライアントと共有できるビジョンが出来るまでリサーチとヒアリングを繰り返していきます。

問いを解決する
3.設計・計画

 

設定したビジョンに基づいて設計(もしくは計画)を行います。

設計にはクライアントとどんな建物なのかを共有する基本設計とどのように作るのかを共有する実施設計があります。

4.建設・イベント

 

設計(もしくは計画)が終わりますと、建設が始まります。

建設後の運営も含めて建設段階から共有していきます。