東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | BLOG
40
paged,page,page-id-40,page-child,parent-pageid-6,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-73,page-paged-73,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

BLOG

IMG_1467

31 5月 hmf0531

hmf houseは現在概算見積を提出しています。 概算見積では一先ずフルコース仕様で提出しています。 その間に実施の準備を既に始めています。 ↑図面を書く前に一度所長とチームメイトで内容の共有をします。 ↑ひたすら項目に対しての考えを言葉でまとめていきます。 ↑所長と担当者だけでなく、チームメイトも考えてもらいます。 と、こんなことをやっております。 そろそろ金額が出てくる頃なのでドキドキします。。 (okada)...

Read More
IMG_1465

31 5月 HSK0531

HSKhouse現場報告です。 上棟前はデスクワークがほとんどで、 基礎のチェックやプレカット図のチェックを 行っていました。 チェックは担当者と所長の二重チェックです。 +構造事務所の藤尾さんチェックも入ります。 今週の土曜日は現場にてクライアントの方を含め 少しずつ使用する材料の最終確認を行ってきます。 そろそろ梅雨時期に入るので現場が心配です。 大事な工事と雨がかぶらない事を祈ります・・・ (okada)...

Read More
IMG_3936

30 5月 UTK0530

UTK house  の現場では各工事が着々と進められています。   現場では屋根の板金工事も終え、大工さんが軒裏の羽目板を貼り始めているところでした。   外壁の下地のラスモルも下塗りがされ、外部工事は枠材の搬入を今か今かと待ちわびる状態になってきました。   内部の工事も同時進行ですすんでおります。 玄関土間も基礎だけの状態から、土間コンが打たれグッと玄関らしくなってきました。   その上部には燦々と光が降りそそぐトップライトが設けられています。 大工さんが丁寧に作業していただいてくれているので下地の段階でも現場はきれに仕上がっております。        ...

Read More
IMG_3894

30 5月 KTH0530

KTH house も着工が近づいてきました。 工事着工に先立って敷地では地鎮祭もすでとりおこなわれております。 今回はクライアントのKさんがお知り合いの神主さんに御祈祷をご依頼いただきました。   敷地には祭壇が組まれ、早朝の厳かな空気のなか地鎮祭は無事終了しました。   そして本日はついに発行されました確認済証!   今回は農地から宅地への転用、道路側溝の占用許可、市街化調整区域内の建築許可といつもに比べると申請手続きが若干多め。 途中段階では紆余曲折もありましたが、司法書士さんにもご協力をいただきこれで着工前の申請はすべて完了。   明日は工務店さんとの工事契約も予定しています。 いよいよです… (大川)   ...

Read More
kom_0529

30 5月 KOM 0529

  KOM HOUSEは現在、構造部材のプレカット図のチェックを行っています。段差が複雑なスキップフロアとなっいるため間違い易く、意匠図・構造図・プレカット図を行ったり来たりしながら床レベルや梁成の擦り合わせを入念に行います。今回は構造が剥き出しの状態になるため、梁の組み方や部材の寸法にもかなり気を使っているので組みあがりが楽しみです。 Staff:  山谷 浩介...

Read More
KKH0529-01

29 5月 KKH 0529

KKH houseは竣工まであと1カ月程となりました。 本日は、 大工さん4人、塗装屋さん、建具屋さんが現場に入り、 それぞれの作業が行われていました。 仕上になるにつれて、多くの工種が同時に現場に入ります。 現場をまとめあげる監督さんより各工事の納め方の質疑、確認を行いつつ、 定例では主に塗装・建具の打合せを行いました。   まず塗装の打合せ… こちらは内部の化粧柱の試し塗りをしたところです。 ハイサイドライト下の廊下は、ひかりが柔らかに反射するようなぼやっとした空間を目指しています。 木目のあらわれ方と色の濃さを調整して頂きながら、濃さの確認を行いました。     そして建具の打合せ...

Read More
SNH0523-01

23 5月 SNH 0523

現在見積中のSNHhouse.   工務店さんより質疑を都度頂き、回答するという作業を行っております。 相見積もりが通常ですが、 今回は諸事情により、工務店さんが既に決まっている為、 計画の段階より工務店さんの仕様・納まりなどの確認も行いつつ計画を進めてきました。 先日も納まり・仕様確認の為、施工現場を拝見させて頂きました。 ------------- こちらは、 工務店さんに作成して頂いた詳細図になります。 この図面があらわすのは‘大きなガラス屋根’です。 ダイニングの上部は一面のガラス屋根に覆われます。   その両端を挟むような壁の仕上材は 外壁と同じレッドシダー。 方形の屋根の下の2つの塔は、 地面から生えてきたように、 外部から内部に木々が入り込んでくるように、 壁仕上を同じ樹種にて仕上予定をしています。     ------------- 現場では、寒さ厳しくも晴れ間が見える2月、クライアントのご親族の神主さんにより地鎮祭が行われ 7月頭の着工に向けて、土地の造成(隣地境界とのCB工事)も、昨日着手が行われました。 現場は着工に向けてのスタンバイが着々と進んでいますので、 意図した建物が仕上がるように 間に控える金額調整、確認申請の流れもスムーズに進められるよう心構えをしながら 今月末の見積提出を待つ現在です。 (Wakahara)    ...

Read More

21 5月 引越し案内と招待状

パーティーの招待状は笑ってもらえましたでしょうか… スタッフからデザインを見せてもらった時にぼくでも さすがにやりすぎではないか…と思いましたが 面白いから、まぁいいかとOKにしてしまいました。 あまり引かないでください。笑っていただければ幸いです。 そんな招待状と引越し案内ですが 荒金がメインで考え、若原が協力して作成しました。 二つの間にはストーリー性が実は存在しています。 引越し案内→種をまく人(ミレー) 招待状→稲穂の収穫(をイメージしています。) 種をまいて収穫というベタですが関係性があります。 せっかく二つ出すのだから二つに関係性が無いのは絶対ダメ!という中渡瀬指令により 荒金が知恵を絞ったアイデアです。 ・・・・。・・ 引越ししてから1週間が経ちました。 外構と建具、家具工事が残っているのでまだ落ち着きませんが どうにか片付いてきました。 6月9日のエキシビションとパーティーのために片付けきらないと いけないのが少しプレッシャーですが プレッシャーをよい方向に使いきれいな事務所を目指します。 ・・・・。・・ 昨日、ふと思ったことなのですが ぼくが今もっている知識というのは過去のもので 設計でつくるものは今までつくったものと異なるから未来のもの。 つまり、ぼくは役立たずだということ。(大げさか…) 一つのプロジェクトに向かう時に昔のものを引っ張ってきてこんな感じにしましょう。 という発想が僕にはありません。 常に過去とは異なるもの。(異なるものを意識しているというよりも必然性を意識しています。) だから、スタッフが僕に頼ってきてもぼくは困ってしまいます。 一緒に考えるしかないよねと僕は思うわけです。 というわけでがんばりましょうスタッフたち。  ...

Read More
dNbohirome

20 5月 dNb exhibition(オープンハウスも含む)

CO2WORKSの事務所兼中渡瀬の自邸のお披露目を致します。 お気軽にお越しください。 日時 6月9日(土)11:00-16:00 場所 名古屋市名東区代万町3丁目10-1 予約 今回のオープンハウスは予約制ではありませんが 詳しい説明が必要な場合、建築相談は事前にお越しになる時間をお知らせください。 ・構造 鉄筋コンクリート4階建て ・主要材料 コンクリート、網入りガラス、無垢フローリング ・建具 外部:スチール、木製 内部:木製 ・設計 CO2WORKS 担当:中渡瀬、荒金 ・構造設計 藤尾建築構造設計事務所 担当:藤尾 ・施工 岡本建設 担当:藤原 ・家具、木製建具 深見木芸 担当:深見 ●車でお越しになる場合 専用の駐車場はございませんが東隣にコインパーキングがございます。 ●地下鉄でお越しになる場合 東山線星ヶ丘駅から徒歩18分程度になります。 ●注意事項 小さなお子様にとって安全な建物ではありません。 見学の際はお子さんの手を離さないようにご注意ください。...

Read More
KOM0519_1

19 5月 KOM 0519

KOM HOUSEは本日地盤改良を行いました。以前に河川だった区域は支持層の深さが敷地内で大きく異なるケースもあり、1箇所すつ掘削して確認しながら改良体の深さを調整します。 http://youtu.be/kakpQ4cRjho 掘削開始。序盤は以前の建物と思われる瓦礫が顔を出し、土地が辿ってきた歴史を物語ります。 http://youtu.be/sMfhmZlD6ig 1.5m程掘ったあたりから赤くて固い地山の層にかかりました。手にとってみると粘りがあり、固く締まっています。支持層まで掘削できたところで、ドリルの先端で叩いて沈下しないか確認をします。 http://youtu.be/wuI4g6HA_PM 掘削した穴に砕石を流し込み、ドリルで締め固めていきます。これらの作業を繰り返し地盤を補強しました。これからいよいよ建物の工事です。      ...

Read More