愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | BLOG
40
paged,page,page-id-40,page-child,parent-pageid-6,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-60,page-paged-60,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

BLOG

SNH1023-00

23 10月 SNH 1023

SNH houseは竣工まであと半月程の予定となりました。 現場は内部の仕上工事へと進んでいます。   先週の現場の様子です… ‘足場を外す前の最後の屋根上の景色’ パラペットの天端の笠木の施工が行われています。 写真では分かり辛いですが、樋も取り付きました。   そして内部です… ‘2階の廊下’ 東の窓から朝日が差し込み、ゆったりと読書なども楽しむ事ができる場所です。 内部の下地となるプレスターボードが丁寧に施工されています。   ‘造作洗面台’ 大工さんの手によって、現場で玄関・手洗いカウンターなどひとつひとつ造って頂いています。   ‘1階の廊下’ 階段横の壁が抜けていますが、2棟のすきまにできた庭を通して各場所の視線がつながりあいがよくわかります。   残り僅かな現場となってきましたが、 最後までよろしくお願い致します。   次回のBlogでは足場が外れた様子をお伝えさせて頂きます。 お楽しみに… (Wakahara)...

Read More
IMG_2081

18 10月 YKU1018

新しい物件が始まりました。 愛知県春日井市。小さな丘になっている敷地です。   CO2WORKSでは学生さんも含めたYKUプロジェクトチームを設立し、 ↓敷地での条件整理   ↓言葉による思考の整理   ↓敷地での青空設計   ↓そしてチーム外も含め事務所全体での一斉検討   を行い1つの案が完成しました。   「プライバシーの合間を縫った繋がりのある家」をテーマとしています。 中間領域により、「街との距離」・「家族の距離」をつくっている住宅になります。 先週日曜日にプレゼンを行い、現在はクライアントさんへ案の検討を頂いています。   これから少しずつYKUhouseの魅力をお伝えしていきたいと思います。   (okada)...

Read More
IMG_1252

17 10月 YNU 1017

YNU house  は実施設計真っ只中です。 図面枚数もすでに40枚近くなってきました! CADによる図面の作成はもちろんのことながら、  ↓ こうしたスケッチを描きながらさらに詳細を検討しています。 こうした室ごとの詳細を追いながらも、それらが基本コンセプトとの相違がないか、全体のストーリーとしておかしな箇所はないか、 部分と全体を行き来きしながら、建物の質を高めていく作業をしています。   (大川)...

Read More
IMG_1181

17 10月 KTH 1017

KTH house  の現場では内部造作工事が進行中です。   天井のレッドシダー羽目板とともに、床材も張られはじめています ↓ リビングへと張りのばされた仕上げが奥行きのある空間をつくりだしています。 こちらはリビングから廊下方向をみた写真 ↓ ブルーシートで養生された部分には造作の木製建具が取付けられ、外部の空間へと視線がぬけていきます。 そしてリビングにはスチール製の片持ち階段のフレームが設置されました。 家の骨格をつくる構造部分はもちろん、こうした意匠部分においても構造設計士の藤尾さんと打合せをおこないながら 慎重にディテールを決定しています。   (大川)      ...

Read More
koa1015 A

15 10月 KOA1015

KOA house は先日見積もり図の提出を終えました。しかしまだ詳細図が残っているのでまだまだ息は抜けません。写真は使用マテリアルの一覧です。光の舞い方を重要視した建築なので、反射の具合に気を使った色使いと、無垢の量感、そしてガサっとした裸の質感にこだわりました。できたときのピカピカよりも、住み手とともに5年10年と美しく齢を重ねるような建築にしたいと思います。   STAFF: 山谷 浩介...

Read More
kom1012 blog

15 10月 KOM1015

KOM HOUSEは現在内部造作及びフローリング貼りをしております。切れ目なく繋がっており、段差もあるので割付が難しいところです。床貼り、枠の取付、壁貼りが終わるといよいよ仕上げ工事に着手します。壁もまた吹抜けを介してひとつながりになった大きな面になっているので、高所の塗装工事が待っております。工期も残りひと月半、最後まで気を引き締めて参りたいと思います。   STAFF: 山谷...

Read More
IMG_2063

11 10月 HSK1011

HSKhouse今週の現場報告です。 現場へ行くと・・・ 外壁を職人さんが張ってくれていました。 物凄く重そうな大判のものを機械+2人で上まで上げて1枚ずつ丁寧に張って行きます。 サイディングの厚みが昔より厚くなったそうで、それ以来一人での作業が出来なくなってしまったそうです・・・   ↑サイディングの規格サイズをそのまま張らずに拘って目地寸法を設定しているので、 現場で“切る”“合わせる”の調整作業が多くて大変そうです・・・すみません。。   それでもすごくキレイに施工してもらいました。 ↑サイディング張りは一部を除いてほぼ張り終わりました。   そして内部・外部の壁色を夏からずっと調整していますが、 メーカーさんにお付き合い頂いて現在最後の調整を行っています。 こちらの内部の壁はクライアントさんが施工する自主施工部分になります。   ↑フローリングも、写真の空間が終わればほとんど終わりです。   ↑照明部分の造作も終わり、後は下地を張るばかりです。 少しずつではありますが、完成が近づいてきました。 と言ってもまだまだ気が抜けない部分がたくさんありますが・・・ みなさん最後まで宜しくお願いします。      ...

Read More
SAH1009

09 10月 SAH 1009

実施設計1回目の打合せまであと1.5週間ほどとなりましたSAH house. 現在は図面を作成しつつも、方々の調べ物・細部の検討を併せて行っている段階です。   ビジュアル(例) というような一点の側面からではなく 周囲の環境との関係・素材の特性・メンテナンス・使い勝手などなど これまで言葉の整理にても行ってきた様々な方面からの視点より ひとつの‘カタチ’に至るストーリーがいかに真直ぐどっしり結束できるか。   考えている事柄の言葉の整理を時には行い、 性能・納まりの調べ物を時に行い、 まとまった事柄を図面とパースに書きあらわし 打合せにて再度精度をあげて行く… という行為を繰り返し、   初回のプレゼンテーションより提案させて頂いたコンセプトからずれることのない、 SAH houseという建物を描きまとめていきます。   実施設計1回目の打合せは、外部内部各室毎に仕様・仕上・設備の説明となる為、 長丁場の打合せとなりますが、 図面に書きあらわした事柄を補足しながら ひとつの たてものがたり をお伝えさせて頂きたいと思います。   ‘現在執筆中’ (Wakahara)...

Read More
IMG_2056

04 10月 HSK1004

すっかり秋らしい気候となりました。 HSKhouseの工事は着々と進んでいます。 内部には・・・ ↓スチールの階段 ↓スチールの製作サッシ が入りました!! 階段ができるだけで内部の印象はガラッと変わります。 ↓フローリングも現場には搬入されています。 外部は・・・ ↓胴縁が張られ ↓下地のサイディングが張り始められています。 面が多い建物なので、サイディング割に現場は苦戦しております。 まだまだ張る面がたくさんありますが・・・職人さん宜しくお願いします。。。...

Read More
SNH1002-00

02 10月 SNH 1002

SNH houseは現在、外壁の仕上段階へと進んでおります。 方形屋根の木部は張り終えられ、 サイディング張りも今週より施工が進んでいます。 ‘木部は一度塗りの状態ですが、方形屋根側の外観はほぼ仕上がってきました’   そして内部は大工さんの手により、フローリング・階段・天井・下地…と造作工事が進んでいます。 ‘方形屋根の裏(室内側)です。断熱材を2重敷きにびっしりと大工さんに敷きつめて頂きました’ ‘奥に見えるはフローリング張りを行っている棟梁さんです。一枚一枚大工さんの手により仕上材が施工されていきます’   現場での検討事項も残すは、家具と建具の金物仕様、と僅かとなってきました。 これまで打合せにて決め進んだ事項が、現場の職人さんの手により一つ一つ仕上げられていきます。   くらすひと・まとめるひと・つくるひとと多くの人と手の関わりにより 建物のひとつひとつが決まり、カタチが整えられ、出来あがっていきます。 仕上前の一区切り外壁検査・下地検査まであと僅か。そして竣工まであと2カ月程となりましたSNH house. 残す現場もよろしくお願いいたします。 (Wakahara)  ...

Read More