東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | 独り言
40
paged,page,page-id-40,page-child,parent-pageid-6,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-6,page-paged-6,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

独り言

19 4月 アメリカ旅行3日目

3日目はレンタカーを借りてイェール大学とMITへと行き、 ニューヨークへの日帰り旅行。 片道の距離は岐阜から東京くらいかな。 日本で調べた時はMITの方が良い建築がありそうだなと思っていました。 MITに行く途中にイェールがあるのでせっかくなので イェールも見ておくか程度の気持ちだったのですが…。 結果から言うとこの日の時間配分の読みが甘すぎた。 アメリカのレンタカーをカーナビは見づらく道を間違えるというミスを重なり 時間が足りない足りない。 カーナビがあればたぶん時間通りに行けるだろうと思ったのですが…失敗。 ・・・・。・・ 朝、レンタカーにて車を借りる。 カーナビに住所を入れる。が、この段階で入力の仕方に迷う。 2、3度間違えるとカーナビのルールも分かってくるので なんとか入力完了。 気を取り直して出発。 まずは右側走行に慣れず… 次にカーナビに慣れず… 分岐点で右行け、左行けと言われるのだけど…どうも右と左の感覚が異なる…。 道をばっちりと間違え、てんやわんや。 こうなるとカーナビ頼れず…iPhoneのグーグルマップ頼みになる。 ちなみにアメリカのタクシーはスマホでカーナビをしていたので そもそもナビの性能が悪いのかもしれない。 とグダグダしながらもなんとかイェール大学に到着。 気を取り直して まずはルイスカーンの設計した英国美術研究センターから。 これはカーンの晩年の作品。 光が空間を生み出すことのお手本。 平面図を見るとキンベル美術館同様、幾何学の反復による非常に単純な平面なのですが 断面と光の入れ方を調整するだけでこれほどにも豊かな空間が出来上がるのかと驚きます。 どうも現代の建築は複雑系にばかり目が行きがちですが… もっと根源的なものに目を向ける必要もあるだろ!とカーン先生から言われているようでした。 英国美術センターの道路向かいには同じくカーンの設計したアートギャラリーがあります。 こちらはカーンの初期の頃の作品。 カーンの設計する建築は一見すると構造的な工夫をしていないように見えるのですが 構造と設備と建築空間が密につながっています。 このアートギャラリーではギャラリー空間に極力柱を出さないように スラブを三角状に組み、大空間を実現させています。 この建物は階段が素晴らしいのですがあえてのせませんので ぜひ見に行ってみてください。 昔イェール大学の学生がオープンデスクに来ていたのですが なんとも贅沢な場所で勉強をしていたのだなとうらやましく思ってしまう環境です。   次はポールルドルフ設計の建築学科棟。 よい建築なのですがカーンを見た後だとどうしても見方が雑になってしまいます(笑) 建築の最先端の展示があったり、個人に作業スペースが割り当てられていたりと 建築を学ぶには最高の場所です。 建築学生を見ているとなにやら疲れを感じ、建築学生の疲労感は万国共通ですね…。   まだまだイェール大学の建築を見たかったのですが時間の都合上、 MITに向かうことにしました。 やはり車で往復八時間を1日で行うには無理があるか…。 イェールまでの道のりと比べると比較的迷うことはありませんでしたが少しまよいMITに到着。   まずはサーリネンが設計したMITチャペルから。 こじんまりとしたスケールの建築。 光を可視化するために少し過剰な表現をしているようにも感じてしまいますが 写真で見たものと同じ空間になっていたので、いつでも(?)このコンディションを 整えているとするならば過剰ではないのかもしれません。 スケール感やリバウンドする光をとりいれかたが参考になりました。 チャペルの100M程度離れて建つホール。これもサーリネンの設計。 MITに行きたかったのはこのフランクoゲーリーの設計した建物があるから。 パリで見たヴィトン財団の美術館もゲーリーが設計しているのですが 唐突といえば唐突なのですが体験してみると街の見え方だったり、建築単体の魅力があったりと 今まで見た現代建築の中では5本の指に入るくらい良い建築だったのでゲーリー建築に興味を持ちました。 少し広い視点で見たときにこの場所になぜこの建築なのか?ということがこの建築だけでなく MIT全体からなかなか読み取ることが出来ないのですが…この建築も然りであり、?がつきます。 建築物単体で見たときはゲーリーの持つ仮設性とリズムが全体を覆っています。 きれいにつくるを考えてしまいがちな日本人には少し受け入れ難い建築とも言えるのですが 建築の持つ視点を広げてくれる良い建築なのではないかと僕は思っています。 ...

Read More

12 4月 アメリカ旅行二日目

二日目はフォートワースからニューヨークへと移動です。 建築旅行というのは修行に近く、時差ぼけがある中、現地時間の5時前に起床です(笑) 旅行の日程に余裕があればこんな無茶はしないのですが 3都市を一週間でまわる無謀な計画だとこうなります。 三時間半ほど飛行機に乗り、ニューヨークへと到着。 バスと電車を利用してホテルまで行き、バッグを置いてニューヨークの建築廻りです。 初めての街でもiphoneでグーグルマップを利用すればそれほど困ることなく移動が出来ました。 便利な反面、準備が甘くなることが良いのか悪いのか。 まずは小腹が空いたのでお昼を食べることに、 ニューヨークでは車を利用した屋台の様なものがあちらこちらに点在しています。 そこでケバブを購入し、時間が無いので食べ歩き(お行儀が悪いのですが。) ちなみにアメリカで食べた中でケバブが一番美味しく感じました。 一つ目の目的地はMoMA。ニューヨーク近代美術館です。 美術作品をゆっくり鑑賞していると三時間以上はかかってしまいそうなので 建築を見ることだけに集中。していたのですが、後から聞くと なかなか見ることが出来ない様な美術作品ばかりだったようで…なにやら残念。 この建築は日本の建築家、谷口吉生さんの設計。 世界の名だたる建築家が参加したコンペから設計を勝ち取っています。 谷口さんは身近なところでは豊田市美術館を設計していますので MoMAを見る時は豊田市美術館と比較しながら見ることになります。 ニューヨークという大都市にある美術館と地方都市の豊田市にある美術館なので もちろん求められる条件は異なりますが、 谷口建築を作るにはやはり日本の施工精度が無いとどうも物足りないように映ります。 谷口建築はディテールが命とも言える部分なので…。 とはいえ、5層の各階が立体的に繋がり合い、積まれている構成は大都市に建つ美術館ならではです。 繋がりをつくるための吹抜け空間から各階の様子が見ることが出来、 展示室ごとの気持ちの切り替えを促してくれます。 マッス(塊)とヴォイド(抜)の使い方のお手本のような建築です。 様々な意味でモダンを感じました。 次なる目的地は旧ホイットニー美術館。 MoMAからホイットニーまでの間に数件有名建築を横目で見ながらの移動です。 というのもニューヨークでは圧倒的にビル建築が多いので そもそも内部空間を体験出来るところが少ないのです。 ホイットニー美術館は高校の時の教科書に掲載されていて 一度実物を見てみたいなと思い続けていた建築です。 写真のようにダイナミックに道路に向かって迫り出されています。 それだけの建築なのですが、ニューヨークではなかなかオープンスペースを確保出来ないので そのための策だったのかなと思います。 そのオープンスペースから生まれる地下空間のカフェがとても気持ちの良い空間と なっていました。少しのんびりしたいのですが、なんといっても時間が無い!ので 先へと急ぎます。 時間が無い!を言い訳にここからタクシーで移動。 (本当は街がどの様な構成になっているのかを認識するためにも歩いて移動したいのですが…) 次は建築の設計を行なっている人ならば一度は行ってみたいと思うグッゲンハイム美術館。 キンベルとグッゲンハイムはこの旅行でのハイライト! 周りに建つ建築のボリュームが大きいこともあり、 外観は思っていたよりもこじんまりとしているなと印象。 現在設計を行なっている者から見るとライトの設計した建築はどうも装飾的過ぎて 過剰ではないかと思ってしまうわけですが、 グッゲンハイムはそれが抑えられていて、有機的な形状をしているけど規則的な建築だろうなと 思っていたのですが、よい意味でそれは裏切られ、ライトはライトなのだ。と感じることになりました。住宅の様に人が少ない建築の場合は建築によって有機性を作り出し、美術館のように人が多い建築では人が有機的に振舞ってくれることを期待しているのだと思います。 ホイットニーやグッゲンハイムはなにかアメリカのもつ寛容さを持ち合わせています。 日本の建築は細部まで職人芸的に拘り、とても綺麗につくりあげますが 少し窮屈さを感じることがあります。 建築はその時代のその場所の鏡の様なモノになります。 その様なことを感じることも各国で建築を見て回る楽しみの一つです。 飛行機での移動、3つの美術館で十分に疲れているのですが…ここからハイラインへと移動です。 ハイラインは元々鉄道が通っていた場所を高架型公園へとコンバージョンした場所です。 ニューヨークという高密度な街に対して現れるこのような公園はなんとも気持ちの良い場所ですし、 そこを自由な空気感で使用している市民がまた良いのです。 そんなハイライン沿いに出来上がっているビル。 設計はザッハハディドです。市民の憩いの場と商業が密接に繋がっていくところが 現在のアメリカぽさなのでしょうか。 対立してしまいそうな者同士が共存している様がアメリカの自由さなのでしょうね。 ハイラインの最後は新ホイットニー美術館です。 時間的に閉まっていたので少し残念でしたが、憧れの建築を見ることが出来、満足な1日でした。 その後、せっかくニューヨークに来たのだからタイムズスクエアに行ってみようとなり 食事を兼ねて移動。 疲れていたので感想もありません(笑) というところで2日目終了です。...

Read More

05 4月 アメリカ旅行1日目

なにやら勝手に忙しくしてしまっていた最近ですが その忙しさに輪をかけるかのようにアメリカへと建築を見る旅に行ってきました。 アメリカ旅行1日目はフォートワース、ダラス編です。 今回の旅行はCO2WORKS+学生、椙山の橋本先生+学生、佐々木さんの10人という なかなかの大世帯。大勢で行動するとのんびりする人が必ず出てくるので 日ごとにチームを編成して移動することにしていたのですが、 初日のフォートワース、ダラスはみんなで行動。 そもそもアメリカに行こうとしたのはキンベル美術館という建築界に名を残す建築を見てみようと いうことから発生しています。 その一番の目的を旅の初日の最初に見るという計画。ということは後はおまけ?とも 感じてしまいますが、それはそれで良しとしようということで旅の日程を組み立てました。 ・・・・。・・ 空港について荷物を持ったままの移動だと厳しいので (とはいえ今回の旅はリュック限定!) ホテルへ一度荷物をおいてフォートワースの街へとタクシーで移動。 キンベル美術館は現地でも有名かと思い、キンベル美術館に行ってねとタクシーの運転手さんに 言っても通じない…。住所を教えてくれとのこと。 iphoneがあればすぐに調べることができるのでやはりiphoneは便利。 (sim freeにしてアメリカ用のsimを入れればデータローミング出来る。) タクシーに乗り、キンベル美術館に到着。 旅の目的地のキンベル美術館だったのですが、 写真を見る限り実はそんなにすごい建築では無いのではないかと思っていたのです。 が、それが甘かった。 建築は行ってみるのと写真で見るのでは異なるとよく言いますが 現代建築の場合はおおよそ写真の方がいい場合が多い。 ところがキンベルは圧倒的に実際の方が良いわけです。 今まで見た建築の中でも一番といえるくらいの衝撃を受けました。 なんでそんなにも衝撃的だったのかというと静と動。明と暗。少と多。など 相反するものが一つの建築の中に共存しているからなのだと思います。 これらは写真を見ているだけではなかなか理解することが出来ないな、と。 僕は設計の方法論をバージョンアップさせていくことで自分が設計する建築がより良くなることを 目標として設計活動を行っています。 僕の方法論をキンベルに当てはめてみるとモヤモヤしていたところが晴れていく様な思いに なったと同時に異なるモヤモヤも発生しだしました。 このモヤモヤ話を話し出すと長くなるのでここまでにとどめておきます。 とにかく良い建築なのでおすすめの建築です。 ・・・・。・・ キンベルのあるフォートワースでは建築的に良いと言われる建築が 歩いて見れる範囲に固まっているので移動がそれほど大変ではないのですが… キンベル美術館を見た後では他の建築物をきちんと見ようという気持ちになれない。 というのが大きな問題点です。 一つの旅で一つ良い建築を見ることができればそれだけで旅の価値はあると思いますが それにしても他の建築とキンベルの差があまりにも有り、キンベル以外の建築に気持ちがいかない。 というわけでキンベル以外の建築はじっくりというよりも駆け足的に見て回った感じです。 時間が余ったらフォートワースからダラスまで移動しようかという話になっていたのですが 駆け足で回っていると時間が余ったのでダラスまでタクシーにて移動。 ダラスもフォートワースと同様に歩くことのできる範囲に建築が集中しています。 入れたらラッキーくらいの気持ちで建築物の中に入ろうとしたのですが、 ほとんどの建築物の中に入れず…。 公共建築なのだからもう少しおおらかでもいいじゃないと思ってしまいました。 やはり建築は中に入らないと建築を味わうことが出来ない。 ・・・・。・・ ダラスとフォートワースという街について何も調べずに行ってしまったのですが (キンベルを見ることのみを目的としていたので) 比較的大きなビル建築があるというのに街を歩く人が圧倒的に少ない。 街も人を許容するような公園や飲食店が少ない。 人のための街ではなくビルのための街の様に感じ なにやら不思議な街に感じてしまいました。 ウィキペディアで調べてみるとダラス、フォートワースで500万人以上の人口になるようです。 1日だけの滞在でしたが500万人都市というイメージが持てないほど静かな街でした。  ...

Read More

02 2月 初期スタッフとの食事会

昨日は初期スタッフたちと食事会。 新年会に来れなかった人もいたのでみんなで集まるか、ということになりお食事会。 昔話が話の中心になるわけですが、 昔の事務所は戦場のようだった。という話がいつも出ます。 僕は仕事に対して異常なまでにピリピリモードでスタッフたちは そのピリピリモードの中で仕事を行い、ミスをしたら説教が始まりました。 そんな状況ですから精神的に強くないと残れないような事務所状態…。 今は怒鳴ることはほぼ無いですし、穏やかなものだと話をすると 元スタッフたちからそんなはずは無いと言われます(笑) ある一定の緊張感がないとよい仕事ができるとは思えませんが 過度な緊張感は仕事の妨げになるということがよく分かりましたので 今はおだやかです。たぶん…。 ・・・・。・・ 週末はクライアントさんと伊勢神宮へと行ってきました。 設計という仕事は基本的には一人のクライアントさんと一回の仕事になりがちです。 契約上は設計監理期間内がお仕事としてのクライアントさんなので 建物が完成すると契約上はクライアントさんではなくなります。 気持ちの上ではずっとクライアントさんですので、あくまで契約上の話です。 というわけで仕事が終わった後にフラットな関係で どこかに一緒にいって頂ける関係になることはとても嬉しいのです。 過去のクライアントさんから言われたことがあるのですが ピリピリモードの時はクライアントさんが僕に対して意見を言うのが 恐ろしかったと…。(クライアントさんの前では笑顔だったと思うのですが…) やはりある一定の緊張感の方がクライアントさんとの関係も良好なようです。 ・・・・。・・ 事務所内でもクライアントさんとの間でもチームとして建築作りにのぞまないと よい建築を作ることはできません。 昔のように鬼軍曹に無理矢理ついて来させる。 というやり方も短期間ならば出来るのかもしれませんが 建築という長いスパンで作り上げていくものには適していないように思います。 知恵と知識を蓄えつつ、みんなの気持ちを包括出来るようなスーパーなボスになりたいと いうのが今の僕の想いです。 難しい課題ですが、少しずつ積み重ねていきたいと思います。  ...

Read More

25 1月 仲間を増やす

最近、自分で発言して妙にしっくり来てしまった言葉として 仲間を増やす、ということがあります。 クライアントさんでも、スタッフさんでも、施工屋さんでも 仲間になっていきたいなと。 何か仲間として共有できる想いがあり、その想いを形にしていくような関係を つくりあげることが大切なことなのではと。 世知辛い世の中ですのでそんな簡単なことでは無いのですが みなさん仲間になってください。 ・・・・。・・ 今日、朝起きて温度計をみると6度。室温が。 寒い…ので起きるのに気合が必要。 朝起きるのに気合が必要な環境は辛い。 辛さがあるので起きるのに時間が必要。 となると時間が勿体無い。 起きやすくするためにも寝室の環境くらいはなんとかしたいもの…。 辛い環境のため、設計者としては温熱環境に敏感になるので 良いところもあるのですが…そろそろ身にしみてきました(笑) ・・・・。・・ クライアントさんから家の結露がすごい!という連絡があり 写真を見るとこんな結露ってするものですか、という量の結露。 加湿器をつけていたり、狭い部屋に人が多い寝ていたりすれば 設計している仕様だと起こることも想定されますが、 写真をみると今まで見てきた量とは異なり、なにか事件のように思えました。 地面からの湿気が多く給気口を通して入ってきているのでは?と 思ったのですが、結果としてはガスファンヒーターが出す水蒸気が問題でした。 ガスも灯油もファンヒーターから発生する水の量が調べてみると恐ろしい量です。 ファンヒーターは即暖性があるので使用したくなるのですが 現在のように気密のとれた住宅ですと結露の要因となるので 暖始めの少しだけ使用して、あとはエアコンを使用していただいた方が 家に対して優しいようです。...

Read More

18 1月 丸いガラスブロック

現在設計を進めている集合住宅にて 共用部に光をとりいれたいのだけど 開口部を窓らしくなく考えたく 光だけを透過してなにか抽象的な空間が出来ないものかと考え、 丸いガラスブロックを始めて使ってみよう!と思い、 始めて使うものなので詳しく調べてみようと先ずは ネットで検索してみると…なんと生産中止になっているようです。 設計を始めて15年以上経っていますが 始めて使ってみようと思ったくらいなので、需要がないのは分かります…が、 使ってみようと思った時にその材料が無い!っというのはなかなか困ったもの。 さて、ここからが分かれ道で代用品を探す。新たな形式を考える。など 今後の方針が変わってきます。 丸いガラスブロックは部分的に考えた結果としてのものだったので 割とあきらめがつきます。 やはり全体のルールにのるような形態を考え直す方がよいように感じます。 っと、設計者も一つの建築を設計している間に揺れ動きます。 これでなければどうしてもダメ!と言えるような建築を つくることも良いのではないかと思いますが いつまでも揺れ動きの中で設計を進めている方が 可能性が広がり、よい建築を作る事ができるのでは無いだろうかと揺れ動きます。 結局、よい建築に少しでもしたいという設計者ならではの欲求です。 ・・・・。・・ 今までコンペというものに人生において参加したことがなかったのですが 今年は積極的に参加しよう!ということで とあるコンペに参加します。 もちろんコンペをとるつもりで行っているので コンペのためのチームをつくり、現在、考えています。 昨日も夜遅くまでコンペのための打合せ。 いつもは担当者と僕とのみで考えるので話がまとまりやすいわけですが 大勢で行うと話がまとまりづらい…けど発見が多い。 初参戦で初のチーム形式なので実験的になってしまっていますが 結果が出るように頑張って誘導していこう、という気持ちです。    ...

Read More

11 1月 今年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い致します。 といっても7日を過ぎてしまいましたのであけましておめでとうございます。 という感じもありませんね… 今年最初のブログは去年を振り返ってみようかと思います。 4月にミラノサローネに初めて行きました。 イタリアに行くのは2度目になりますが、ミラノは初めてでした。 ヨーロッパの都市部に言えることですが、建物と道路の境界というのが 曖昧なことが多く、そのことで街が活気付いているところに良さを感じます。 歴史の深さと新陳代謝することの混ざり具合も街の呼吸を感じるところでした。 また、サローネは世界最大規模の家具の見本市ということもあり 各メーカーが気合いの入り方に恐れ入りました。 5月には建築旅行として事務所で台湾へと行きました。 新旧が入り乱れ勢いのある国の現状を知ることができました。 ヨーロッパは常に上書き保存の歴史という感じを受けますが アジアの勢いのある国は別名保存といった感じで 開発するためとなれば古いものは壊してしまえ!という勢いを感じます。 11月には事務所主催のフットサル大会を行い、 狙い通りBest4まで残ったのでよい思い出となりました。 本気になって運動をする機会をつくることで健康維持を心がけることが 出来るので継続していきたいイベントです。 12月には中部建築賞の授賞式があり、クライアント、工務店の方と 喜びを分かち合うことができました。 振り返るような大きな出来事としては以上になりますが、 毎週勉強会を行ったことなど地道に続けていることを大切にして 今年もまた少しずつ建築に対する愛情を積み上げていきたいと思います。 ・・・・。・・ 毎年お引き受けする設計物件数を年初めに決めておりますが 今年は外部とのコラボが多くありますので 事務所としての新規の設計受注を3件までとしたいと考えています。 先着順とさせて頂きますのでご希望の方はお早めにご連絡くださいませ。   [caption id="attachment_18347" align="alignnone" width="1024"]...

Read More

30 12月 年末のご挨拶

今週の頭から風邪を拗らせてしまい、先ほどまで床に伏せていました…。 なんとかパソコンと向き合える状態になりましたので 急いでメールの返信などをしてホッと一息ついています。 ・・・・。・・ 今年もあっという間に通り過ぎ一年の終わりを迎えようとしています。 毎年、目標の設定を行っているのですが、今年は目標の多くを達成することができました。 と考えるとよい年だったように思えますが、 勉強すればするほど勉強したいことが増え、自分の建築に対する足りなさを感じてしまいます。 この気持ちはいつになったら消えるのだろうか?と思うものの建築を行っている限り ずっと付き合わなければならない感情なのではないかも思います。 来年の5月で14周年で再来年の5月で15周年です。 dNb(10周年)をつくるまでは経験と感覚と少しの論理で建築をつくることに 抵抗が全くなかったのですが dNb以降は建築の定義とは何か?について考える時間が多くなりました。 このことで直感的な部分で建築を考えることは少なくなり、 幅広く、そして、深さを持ちながら建築をつくることが できるようになってきたのではないかと手応えを得ているところです。 でも、勉強し続けていくともっと可能性を広げたくなるものです。 50歳でも若造と言われてしまう建築界なのですが、 最近その意味がよく分かるようになってきました。 ・・・・。・・ 僕の人生の最大の目標はすごい!建築をつくることです。 1日1日積み重ねてすごい!に近づくよう精進していきます。 ・・・・。・・ 今年も多くの方々に大変お世話になりました。 年を重ねるにつれ、出来ることが増えればいいのですが そんなことはなく、周りの皆さんの支え合って1年間を乗り切れました。 また来年もどうぞよろしくお願い致します。        ...

Read More

21 12月 二つの受賞

歴史ある賞を二つ受賞することができました。 この賞は施主、設計者、施工者の三者に対しておくられるものです。 他の賞ですと同じ設計者が二つというのはなかなか難しいものですが つくったものがきちんと評価され、二つも受賞できるということは 施主、施工者に対して真摯に向き合ってくださる賞ということだと思います。 ・・・・。・・ 賞を頂けることは大変有り難いことですが あくまでも普段の積み重ねの延長に賞はあります。 それはクライアントの方、現場とのやりとりや毎週行われる事務所内の勉強会 を通じてのものです。 自分たちの建築への向き合い方が大切だと思っておりますので 受賞を糧にして、より建築と正面から向き合いたいと思います。   ...

Read More

30 11月 フットサル大会結果

先週の水曜日はフットサル大会でした。 結果はベスト4! 十分な結果でした…が次の日からの筋肉痛のひどさといったら… 筋肉痛というよりも筋肉断絶のような痛みでした(笑) 運営も去年よりは良くできたかなと思いますが 来年はより運営に力をいれてみんなが楽しめる状態を作りたいと思います。 ・・・・。・・ 日曜日はクライアントの方に誘われて運動会。 体を動かすことが好きなので誘われるままに参加しました。 が、基本的に人見知りのため(自営業者とは思えない欠点) 初めての方ばかりのところでドキドキしながら運動を楽しんできました。 ・・・・。・・ と先週は運動三昧の週だったので今週は仕事三昧の週です。 と言いながらも忘年会シーズン突入ですね…。 今週は2件。体調を気を配りながら楽しんできたいと思います。 ・・・・。・・ お伝え忘れていましたが今年は事務所の忘年会を行いません! というものやはり12月はみなさん忙しく、事務所の忘年会でお越し頂くのも なんだか申し訳なく…新年会を行うことにしました。 1月21日土曜日に行う予定です。 こちらも宜しくお願いします!...

Read More