東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | BLOG
40
paged,page,page-id-40,page-child,parent-pageid-6,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-38,page-paged-38,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

BLOG

22 7月 新国立競技場

新国立競技場。 僕が感じたところとしては役割分担が不明瞭だな、というのが第一印象。 安藤さんは悪いかもしれないし、悪くないかもしれない。 今の僕の情報量では分からないのです。 ここで一つ疑問として出てくるのが安藤さんが悪い!という人は何に基づいて悪い!と 言っているのか?ということです。 会見の時にメディアの人たちは世論を味方につけるような質問の仕方をしていました。 世論の代弁者がメディアなのかな?と疑問に思いました。 メディアは人々の感情を操るようなことにならないように基準と事実を 伝えるようにするべきではないかと思います。 今回の審査員の役割がどこまでだったのか?ということは不明なので審査員長については ここでは書きません。 問題となるのは設計者とその設計者に依頼した人たちです。 今回のような規模の建築物の時に過去の事例から おおよその予算を予測することが難しいことは推測できます。 となると設計図を完成させる→見積をとるというオーソドックスな手順で行われていくはずです。 (公共建築の設計経験がないので予測です。) 見積をとったら予算オーバーしてしまった。 そこから予算に合わせるためにどうしたらいいのだろうか?と考えるのが設計者の役割です。 そもそもの案が高いのならば案自体を変更するしかない。 それよりも根本的な問題で要求条件が希望予算に合っていないということが起きているのかもしれない。 (公共建築の場合、そのあたりを事前に検討しているようですが…) このあたりを明確にしておかないと次にコンペを行っても同じことが繰り返されてしまうのではないかと 心配しています。 個人的にはザッハの案には断固反対です。 オリンピックとはいえ、現代とこれからの日本においてモニュメンタルな建築が不要になっていくと 考えているからです。周囲の環境に寄り添うような建築を作る必要がこれからの日本には必要です。 とはいえ、 今後の国立のことを考えてみると設計期間があまりにも短すぎる。 住宅でさえ半年程度の設計期間を頂いている僕としては現在国が言っている設計期間で どんなものが出来るのだろうかと不安になります。 やっつけの国立競技場が出来るのではないかと…。 1000億出してやっつけの国立競技場が出来たらどう思いますか? 僕個人が考えているようなことでしかないのでそれ以上の検討が行われていることを望みます。 時間が無いからこれで仕方ないよね!というものが出来ないことを望みます。 それ以上に未来につながる建築が出来上がることを強く望みます。 。。。。・。。 役割を超えたところを期待されるのが建築家であるかと思います。 建築界のヒーロー安藤さんならばなおさら。 でも、今求められている建築家像はもっと身近な人ではないのでしょうか。 そして、もっとみんなで話し合える場を求められているのではないのでしょうか。 今回、そのような場が作られなかったことが残念だなと思います。...

Read More

21 7月 TNS0721

TNSは完成予定まであと約1ヵ月、というところまできました。 ここまで来ると、毎週の変化が目まぐるしいです! 特に今週は新たな部分が続々と出来上がっていて、驚きと確認で大忙しでした。   まずは外壁のガルバリウム鋼板が一部貼られていました! 目地無しスパンドレルという、継ぎ目の目立たないものな事と、マットな白の質感が良い感じです! 外壁材は外観の全体的な印象を大きく左右してしまうので、質感などが印象を決める大きな要素になってきます。   室内のほうはと言いますと、     洗面カウンターが! ロフトのカウンターが! 大きな収納が! といったような感じで、造りつけ家具の製作ラッシュでした。 この大きな収納、家具にしては大きなスケール感で、 TNSのコンセプトの一つである建築と家具のあいだのような状態をつくっています。   そして打合せではお施主様とだんだんできてきたお家の中をぐるっと見学。 完成に近づいてくるのが分かり、私たちもお施主様もわくわくです。   突然ですが、TNSクイズ! これはいったい何の部材でしょうか? 答えは来週のTNSブログで発表できるとおもいます!   -eiso  ...

Read More

18 7月 覚王山祭り

7月25日(土)26日(日)と覚王山祭りに出店します。 今回は、クラシノネで行うワークショップについてご紹介します。 内容は・・・ 多肉植物の寄せ植えです! サボテンやセダムなど種類も豊富です。 植える植物を選ぶことが出来るので、お好みなものを探してみて下さい。 鉢もこの種類だけではなく、 こんな小さくてつるっとした可愛らしいものもあります。 鉢も選ぶことができるので、迷ってしまいます(笑) ちなみに鉢、植物はクラシノネのセレクトです。   覚王山祭りでは、他にも素敵なお店や食べ物がたくさんあるので、 お出かけの候補の1つにいかがでしょうか?  ...

Read More

17 7月 KKN0717

台風で雨は降ったりやんだりだけれども、風が強いですね、 ゴーヤさんが風に煽られていて心配です、、。   KKNは基礎の打設に立ち会いました!   既に底の基礎は打ってあるので、立上り部分の打設です。 このように木の板で立上り部分を囲っています。     囲われた中には鉄筋が組まれています。 コンクリートを流したときに、鉄筋が今回は丁度中心になるようになっています。 枠が広がらないように、つっかえ棒のようなものを設置します。       枠がよいならば、コンクリートです。 大きな車が2台! 右側の車がコンクリートを運んできたもので、 左側の車が運ばれたものを受け取り、コンクリートを出していきます。                   管のところからコンクリートを引き、枠内に入れていき、 まんべんなく広がるために、右側の人が持ってる棒のようなものがバイブレータという機械です。 これをコンクリート内に突っ込み、震えさせて均します。                   ただコンクリートを流すだけの段階と、バイブレータを使った時とは全然違い、 バイブレータは振動で型枠内にいきわたらせる重要な役割なんだな、と改めて思いました!   台風で現場が厳しくなるかもしれませんが、 もうすぐ上棟なので、気合入れていきます!   -nonoyama...

Read More

16 7月 SKF0716

本日は台風接近中です。雨が急に降りだしたり止んだりして傘が手放せません。 風も強くなりはじめたので、事務所の植物たちを非難です。 密集しています。(笑) SKFは来週プレカット図の打合せを行います。 プレカット図とは先週もお話しましたが、住宅建築における木工事部分について、 現場施工前に工場などで原材料を切断したり加工を施しておくことです。 この打合せを行う前に、プレカット図を意匠事務所、構造事務所がチェックし、 工務店さんにチェックしたものを送って修正していただきます。 意匠事務所がチェックする内容の1つとして、「化粧柱」というものがあります。 「化粧柱」とは、柱が壁の中に隠れず、表に見えてくるもののことです。 「化粧柱」とすると、節が少なくなる訳ではありません。 節を無節か上小節としていしているのです。この等級は、JASの造作用製材の材面 標準基準で定められています。材料の強度を示すものではなく、見た目の良さを示す ものになります。 見えてくる空間に関わるものなので、柱1本1本も重要な要素になります。 -kojima...

Read More

15 7月 夏休みのオープンデスク募集

夏休みの短期オープンデスクの募集を行っています。 【参加条件】 ・CO2WORKSの設計する建築に興味がある方 ・大学または専門学校で建築の勉強をしている方 ・将来設計事務所で働きたい方 【お手伝い頂く作業】 ・模型作製 ・CG作成 ・プレゼン図面作成 ・現場同行 【期間】 3週間以上としています。 【その他】 時間は9時から19時までです。※火曜日は21時までです。(20時から勉強会を行います。) 服装・持物は自分自身で考えて来てください。 【応募方法】 自己紹介(氏名/年齢/学校名/学年など) を相談内容に明記の上、 “こちら”よりお申し込みください。 お申し込み頂いた方にはこちらからメールにてご連絡します。...

Read More

15 7月 ポルトガル旅行記 5、6日目

リスボンの現代建築は見て回りましたので5日目は街の散策。 朝はホテル周辺を散歩。 アズレージョが貼られている市の施設。 これが日本にあったら違和感だらけでしょうけど、リスボンで見ると間違っていないように感じます。         朝食後、地下鉄と路面電車で移動して寺院へ。 名前は忘れてしまいました...

Read More

14 7月 TNS0714

最近は梅雨の中休みなのか暑い日が続きますね。 現場も暑い日が続いているのかと思うと、職人さんたちの大変さがしのばれます。 体調に気をつけて頑張っていただきたいです!   先週のTNSは、造りつけ家具が続々と出来上がってきていました! まずはワークスペースの本棚。 壁一面にずらっと本が並びます。 床から机、本棚まで延長するような印象です。 寸法もしっかりチェックしまして、問題なしです!   そしてこども室棟の2つの高さの床に渡すカウンターが姿を現しました。 階段に座ってお勉強をします。 なかなかない階段の利用方法です! 別方向から見た図。 何だか、何かを家具に見立てて遊ぶような、秘密基地のような印象を持ちました。 どうやって使おうかわくわくするような感じです。   日が進むごとにTNSの面白い空間がたくさん現れるようになってきました。 来週はどのような変化が見られるのか、乞うご期待です! -eiso...

Read More

13 7月 MKN0713

なんだか急に夏らしい暑さになりました。 しかしまだ梅雨明けはしていないんですね。 先週から1階のクラシノネでコーヒーがいただけるようになりました! もちろん通います(笑) 豆やドリップの仕方がやはり違うからなのか・・私が淹れるコーヒーよりすっごくおいしいのです。 それは当たり前なのですが、コーヒーに対して知識の無い私ですら違いを認識することができるでき、 これがコーヒーなのか!と思いました。 こんなコーヒーが淹れられるようになりたいな~と思いつつ、淹れてもらっています。 テイクアウトもできるそうですが、店内でいただくと作家さんの作品に淹れてもらえます! 「贅沢」と思える瞬間を味わえると思います。   MKNですが、今は工務店さんから工程表と施工図を待っています。 工程表とは、作業の各工程を表の形式でまとめたものです。工程の管理をはじめ、作業の流れ を把握したり、作業計画に要する期間の把握といった目的でも利用されるものです。 工程表に書かれた通り工事を進めるために、その工事より先行して決めていかなければ ならないことを判断し、お施主様と打合せを行うために必要なものになります。   CO2WORKSでは、現場にてお施主様と工務店さんと打合せを行っています。 この打合せでは、「確認」を行います。 実際にコンセントが付く位置、スイッチが付く位置、棚の位置などを確認していきます。 やはり図面上の想像での位置と実際の位置では異なるためです。  お施主様との感覚のズレを減らすために大切にしていることです。 -kojima...

Read More

10 7月 KKN0710

  ますます暑くなってきた今日この頃、 私の背後のゴーヤさんに、 7cmくらいの実が2つなっているのを発見しました! ゴーヤチャンプルラッシュが来るのも遠くありません(笑)   KKNはゴーヤの作り方ではなく、 コンクリートの作り方です! コンクリートを打つときは、 レディーミクストコンクリート配合計画書 というものを元にセメント、水、骨材、混和剤を混ぜてコンクリートを作っています。   この配合計画があるので、 雨が沢山降ると水セメント比という比率が変わってしまうため、   雨の日は避けて打っています。 KKNは来週に3度目の打設の予定です!   -nonoyama...

Read More