愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | BLOG
40
paged,page,page-id-40,page-child,parent-pageid-6,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-15,page-paged-15,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

BLOG

31 8月 価値観

住宅を建てようとする場合、 大きく分けて3つの道があります。 ・ハウスメーカー(設計施工) ・工務店(設計施工) ・設計事務所(設計)+工務店(施工) 上記の3者にはもちろん得手不得手があります。 この得手不得手を理解して頂くとクライアントの皆さんにとって より良い家づくりが出来るのでは無いかと思います。 例えば、ハウスメーカーさんは営業の方がいらっしゃいますので 様々なサービスをクライアントの方に行ってくださいます。 銀行との折衝、融資用の資料作成、登記の案内など。 忙しい方にはとても助かることばかりです。 その一方で基準となる間取りからずれたりすると多くのコストがかかる可能性が あるかもしれません。 (手数をかけずにより多くの売上を上げることが企業として優先されるのではないでしょうか?) 建設費+αについて比較してみると。 建設費=材料費、職人さんの人件費、現場管理費、会社の儲けとなる。 ハウスメーカーさんの場合だと建設費+設計料+営業さん人件費+広告宣伝費となるのではないかと予測できる。 工務店さんの場合だと建設費+設計料となるのではないかと予測できる。 設計事務所の場合だと建設費+設計監理料となる。 と条件が出揃ってきたときに何に対してどこまでお金をかけるのかは その人のもつ価値観によるのだと思います。 上記の様に考えると 同じ金額で一番建設費にお金をかけることが出来るのは工務店になります。 では工務店さんに依頼するとどうなるのか? 推測ですが… 工務店さんは作り手なので作りやすい様に作ることが優先されてしまう。 また、力学的な知識に乏しい場合が多いことが予測されます。 とにかく大きな家が欲しい!という方に対しては 有難い存在なのではないかと僕は思っています。 設計事務所の場合ですと…銀行さんとの折衝はしないですし、 税金関係の話も弱いことが多くあります。(そうでは無い方もいるかもしれません) でも、住宅のことを一番自由に住宅を考えることが出来るのは設計事務所です。 とはいうものの、設計事務所の場合、作品性と言う言葉で クライアントを脅かすこともあるかもしれません。 (CO2WORKSでは作品性という言葉は住宅において使うことはありませんが…) いいところだけを取り上げて住宅を作ることができれば クライアントにとって一番幸せなのですが…なかなかそれは難しいように感じます。 だからこそ、その人の価値観が住宅には現れるのでは無いかと思うのです。 ...

Read More

30 8月 建築の中→vol6

建築のなか→ vol.6 「自在な建築づくり」ー素材から街までー □プレゼンター 水野太史(水野太史建築設計事務所/水野製陶園ラボ)× 大橋朋晃(oguma) □学生プレゼンター 「有松での活動」 加藤大誠(名城大学M1)×溝呂木雄介(名城大学M2) 建築のなか→ は 「継続的な批評性のある場を作ること」 「建築の見方の枠を広げること」 「建築の横のつながりを作ること」 を目的とした建築プレゼンイベントです。 学生が今行っている活動をプレゼンする学生プレゼンと、 建築関係者が、自分の活動を発表するのに適した相手を指名し、2人で会場巻き込みながらプレゼンを行っていくメインプレゼンの2部構成です。 □日時 2016.09.03(sat) 18:00-20:30 □場所 CO2WORKS (dNb 1F) dNb/名古屋市名東区代万町3-10-1(星ヶ丘駅 徒歩12分) □懇親会 20:30よりプレゼンターとの懇親会を行います。 □タイムスケジュール 17:30 受付開始 18:00 開会 18:05 学生プレゼン 「有松での活動」 18:30 メインプレゼン 「自在な建築づくり」 19:30 ワークショップ 「透水レンガの可能性」 20:30 閉会・懇親会start □完全予約制 定員40名 参加ご希望の方は“こちら”より ・氏名 ・所属 ・年齢 を記載の上、ご応募ください。(※先着順) 建築のなか→の詳しい情報は“こちら”からどうぞ...

Read More

26 8月 imc0826

imcは現在引き続きお見積もり中です。 現在の構造や設備、壁の仕様、家具工事などを見積もってもらい、 予算に合わせていく段階です。 大体予算を狙って作り方や仕様を設計していますが、 細かな指定をするときに、選択肢がいくつかあるときは高めの方を選択して決定しているので、 実際は予算を多少上回る見積もりになると思います。 そこから何を残して何を削るのか? という調整が重要になります!   ちなみに、 現在imcで使用する予定のペンダントライトを自分で購入して家で使っています! 引っ越した際に一箇所だけ電気がなく、購入を検討していたので丁度良い機会と思い、 実際につかってみることにしました。 真鍮の味のあるソケットに、 アンティークな形の電球、 電球色で暖かみのある明かりが 部屋の中心にあるので、帰って来たときに電気をつけるのが楽しみになりました! imcも帰ってきたくなる場所にしたいなと改めて思います。   -nonoyama...

Read More

25 8月 imh0825

imhはとうとうクライアントさまが工務店さんと工事契約をし、これより着工に向けて一直線です! そして来週は着工を前に、地鎮祭を行います。 地鎮祭、、建築を建てる前にやること、ということはみなさんご存知だと思いますが、いろいろな決まりがあることの内容まではわからない、、という方が大半だと思います。 前回のお打ち合わせでも、 奉納する品は何がいいのか? お神酒は日本酒ですよね? 玉串料はいくらくらい? 家族全員で参加した方がいいの? というクライアントさんからの疑問に工務店さんから答えていただきました。 初めての住宅、初めての地鎮祭、、ということでクライアントの方はこれからは初めてのことばかりになるので、安心して工程を進められるように、プロの方からのアドバイスをいただきながら、 お力になっていければと思います! また来週には設計事務所、構造設計事務所、工務店の3者で着工会議を行います。 工事が始まる前に、それぞれの視点からの注意点や、疑問点の解決など事前の確認を行う会です。 地鎮祭も着工会議も次回以降のブログで詳しく状況をご報告したいと思います! -eiso...

Read More

19 8月 imc0819

imcはお盆が明けてから見積もりを依頼して、 工務店さんからの返答待ちの状態です。   今後は見積もりを頂いてから、 金額の調整などを行い、 確認申請を申請、交付されてからの着工となります。 ちょうどimhを1、2ヶ月ほど後から追いかけているような段取りになっています。   imcは、駐車場部分のRC造、住宅部分の木造・鉄骨造と、3種類の混構造となり、 床面も段差が多かったり、屋根の組み方がややこしかったり、、 と、施工も申請も難しいのです。   住宅で3種の混構造は担当する機会が少ないと思うので、 申請や着工前に勉強して挑みたいと思っております!   ちなみに、以前自分で塗ったマグネット塗料は、 机の足となるキャビネットに塗っており、 (パインの集成材をキャビネットにのせているだけの自家製机です笑) 地味に活用しております。 台湾でゲットしたマグネット(磁力弱い、、)と ポルトガルでゲットしたアズレージョ(タイル)とガロ(幸福のシンボルの鳥)のマグネットで貼っています!   -nonoyama...

Read More

19 8月 スタッフ募集

2017年4月から共に設計活動を行ってくださるスタッフを募集しています。 ●条件 ・給与13万〜(平日の夕食付きです。) ・昇給:年に1回(1万円。但し担当物件を持った場合に限る) ●採用条件 ・CO2WORKSの設計している建築物に興味のあること ・建築が好きであること ・建築の教育を4年以上受けていること ・経験者は望んでいません 就職試験や面接は行いませんが適性を見る為に1ヶ月以上のオープンデスクに参加して頂きます。希望される方はmoshimoshi@co2works.comまで就職希望とご連絡ください。...

Read More

18 8月 imh0818

夏季休暇も終わり、事務所が再開しました。 本日からオープンデスクの学生さんが2名来てくれています。 今年の夏はimhを含めて住宅3件、集合住宅、中学校の改修、、とバラエティに富んで盛りだくさんの夏なので、 学生さんが来てくれて大助かりです。 またたくさん勉強して吸収して帰ってもらえるといいなあと思っています。 そして私も中学校の改修物件に初挑戦!なので、夏休みはリサーチに事例収集に学ぶことが盛りだくさんの充実した夏休みでした。(笑)   さて、imhは今週末の打合せでの工務店さんとの打ち合わせを終えると、いよいよ着工です。 意匠図面・構造図面・確認申請用図面、、と図面関係が着々と最終段階へと近づいています。 図面チェック、構造事務所との確認、工務店との確認、図面の直し、などなど 最終調整に余念がない状態です!   さて、imhの工事が始まると、私個人としては約1年ぶりの現場たんとうとなります。 久しぶりの現場、ということでとても楽しみなのですが、それ以上に現場での確認事項などの予習などを進めていて、 ドキドキしています。(笑) imhには地階があり、地面に半分埋まっている構成なので、土工事の段階から気が抜けません!   また混構造ならではの難しい点などもあり、気合を入れて挑みたいと思っています。   -eiso...

Read More

17 8月 施工精度

詳細を気にしながら設計を進めるので(設計期間が長いですが…) 他の事務所の方からうちの事務所が設計した建築は きれいに出来ているよなと褒めて頂く機会がよくあります。 (職人さんの腕に依存している部分も大きいのですが…) すこし前にとあるスーパーゼネコンの現場を見せて頂く機会がありました。 僕たちが設計を行った物件をつくってくれるのは街の工務店ですから規模が全く異なります。 街の工務店はおじさん集団ですが、スーパーゼネコンは一流大学出のエリート集団でもあります。 現場をみるとこれは建築なのか!?と思ってしまうほど施工精度が高いのです。 一品生産の精度ではなく、大量生産をしているかのような精度でつくられていたのでビックリです。 図面の段階でどれだけ考えても到達できないようなレベルなわけです。 手作りの精度ってある種の粗さが良さの1つでもあると思うのですが 良い意味でおもちゃのような精度がスーパーゼネコンさんにはあります。 話を聞いてみると難しい箇所は日本全国から職人さんを探してくるといいます。 もちろんそれは施工費として金額に反映されているので 僕が設計しているコスト感覚とはかなり大きな差があります。 組織力、技術、コスト、という面でスーパーゼネコンはやはり高い。 スーパーゼネコンのレベルというのは、1人が頑張って到達出来るものではなく、 歴史や組織力が際立ちます。 様々な差を見せつけられて、もっと建築に対して頑張らなければと思う気持ちと 施工費としてそこまで上げることは出来ないなという気持ちなどと 複雑に絡まう日となりました。...

Read More

10 8月 夏休み

明日から事務所は夏休みとなります。 登山とフットサル、キャンプというなんとも健康的な夏休みですが… お酒を飲んでしまうことばかりなので健康的なのかどうか… とはいえ、最近の3ヶ月程度で10kgほど体重が減りました。 痩せる事を目標として痩せたわけではなく、 クライアントの方に勧めてもらった本を読んで すこしその本の通りに試してみたら…あらっ体重が減っている! となり、減る事が楽しくなっていたら痩せてしまったという感じです。 だから、すごい苦労をして痩せたといわけではないのですが 痩せた方法をお話をするとだいたい聞いた人がそれはな〜という顔をされます笑 もし、体重を落としたい方がお見えになりましたら痩せ方お伝えします。 今回の体重減量で食生活を見直すきっかけになりましたし、 痩せるということ以上に健康的な身体をキープすることに対して 気を使う必要があるのだなということも分かりました。 。。。。.。。 夏休みということもあり、お手伝いの学生さんが増えています。 自分の将来を考えてそのために行動を起こす学生さんを見ていると こちらも頑張ろうという気持ちになります。 でも、すこし寂しいこともありますというのも 男子学生さんが少ないということです。女性4:男性1です。 そもそも建築系の学校は男性の方が多いので人数的にみると 逆転していても不思議ではないのですが…男子学生もう少しがんばりましょう! (女性スタッフが多いことが女子学生さんが多い要因かもしれませんが。) 今からでも遅くないのでオープンデスクを申し込んできてください!...

Read More