東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | 独り言
40
paged,page,page-id-40,page-child,parent-pageid-6,page-template,page-template-blog-large-image,page-template-blog-large-image-php,paged-11,page-paged-11,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

独り言

13 1月 打合せ方法

年も明けたばかりなので少しゆっくりと時を過ごしたいと思うのですがなかなかそうはいかず慌ただしく毎日を重ねています。 スタッフとの打合せをより意味深いものにするために打合せ方法の設定をしました。後戻りを減らす事で仕事の進み方が早くなるはずと思っていたのですが…変えたばかりなのでそんな簡単には上手くいかず、スタッフと僕との意識のズレを顕在化しています。 それでも現在の打合せ方法を続けていくことで打合せ密度は高くなることは間違いないと言えます。何事も感覚的に行うのではなく体系化することで成長を促すことが出来るので有効な手立てだと感じます。 事務所では集合住宅と住宅のプロジェクトを進めているのですがどちら共にこれで完成!と思うとダメなところが目に突き出し…最初からやり直しを繰り返しています。集合住宅は今週打合せがあるので繰り返している場合ではないのですが、設計のプロとして妥協するわけにはいかないので苦しむことを楽しんでいます。...

Read More

06 1月 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 本年も拙いブログにお付き合いのほどよろしくお願い致します。 さて今年最初の話題は年賀状です。 毎年、中渡瀬から変な年賀状が送られてくると思われているクライアントの方が 多いかと思いますが…最初のクライアントの方から現在のクライアントの方まで 想ういい機会だと考えていますので送られて頂いています。 今年の年賀状は新芽が地面からニョッキと出てくる、ということをイメージしています。 というのも昨年は事務所の体制が大きく変化した年だったので 種をまくというか、地を固めることに時間を多くさきました。 今年はその種が小さくても芽が出るような年にしたいということの願いから 今回のような年賀状となっています。 と聞くとなんとなく無愛想な年賀状も少し可愛らしく見えてきませんか?(笑) ・・・・。・・ 昨年の大掃除で事務所の引越しを行いました。 といっても3階から1階への移動ですので場所は変わりません。 以前は打合せスペースが2階でしたが今後は4階になります。 階段の昇り降りとなってしまいますのでお手間をおかけいたしますが 御容赦ください。 なぜ1階に引っ越したのかというと以前のように1階をイベントに使用したいという 想いが出てきたので場所をシャッフルすることにしました。 3階は今後はコワーキングスペースとして利用します。 (もし、コワーキングスペースにご興味のある方がいましたらお声掛けください。) 1階:設計事務所、2階:クラシノネ、3階:コワーキングスペース、4階:打合せスペース となります。 人に多く使ってもらえる場所になっていくように育てていくつもりです。 ・・・・。・・ 今年は集合住宅2件、住宅2件の設計を進めていきます。 年間6件の設計を行うことをベースに考えていますので どれだけ多くてもあと4件が限度です。(昨年から進めている物件もあるので) スタッフを増やして多くの設計を行うことも今後は考えていくかもしれませんが 現状ではそのように考えています。 今年も1件1件に対して向き合うように設計活動を行っていきますので 宜しくお願い致します。 2月中旬に1件のオープンハウスを行うことを予定していますので そちらも宜しくお願い致します。 詳細は決定次第WEBにて告知させて頂きます。...

Read More

23 12月 今年最後の中渡瀬ブログ

26日より冬季休暇となりますので、これが今年最後の中渡瀬ブログになります。今年は昨年と比べるとブログの更新頻度が高く出来ました。更新しないと突っ込みをいれてくださるクライアントの方々がいらっしゃるのでサボるわけにはいきません(笑) 少しだけ今年のまとめをしてみると新しいスタッフや新しいことへの挑戦の年だったので表立った結果を多く残せませんでした。今年はベースづくりの一年だったので来年は少しずつ芽が出るように仕向けていきたいと思います。エンジョイ!とまではいかないにしても建築を皆さんとともに楽しんでいきたいと思います。 まだ一週間以上ありますが、今年一年駄文にお付き合い頂きましてありがとうございました。来年は今年よりも楽しい!内容をみなさんとシェア出来るように精進します。 よい年をお迎えくださいませ。また来年もよろしくお願い致します。 CO2WORKS一級建築士事務所 中渡瀬拡司...

Read More

16 12月 co2news

今年最後のco2newsのための文章を書くために先週は時間を割きました。co2newsは一般の方が読んでも?な多い文章が並びます。自分たちが行っていることを知ってもらうために書いていますが一般的な言葉で分かりやすく書くことよりも専門的な言葉でもよいので自分たちの行っていることを正確に知らせるということを優先しています。 先日、大学で学生さんと話をしていると僕の言っていることが分かってくるととても参考になるけど…理解するまでに時間がとにかく掛かると言われました。建築学生が聞いてもわからないことを話ししているとなると…大きな問題のようにも感じます。人に伝える能力をもっと身につけなければなりません。 話は横道にそれてしまいましたが、来週には今年最後のco2newsが発刊されます。クライアント向けに作成しておりますがご興味のある方にも発信させて頂いています。ご興味のある方はぜひお問合せください。  ...

Read More

09 12月 なにがちがうのか

先日の家づくりスクールにてデザイン系の工務店に依頼することと設計事務所に依頼することでなにがちがうのか?という質問がありました。 クライアントの視点に立った時に明確に違いがないのです…が我々設計事務所の視点から言えば異なる箇所が多くあります。 何よりも異なることがその物件に対する熱量、かけている時間量が異なります。結果としてクライアントに提案する案は一つだとすれば設計事務所でもデザイン系の工務店でも変わりはありません。 しかし、その案を提案するまでに行われるプロセスは全く異なります。例えば敷地を読むこむために何度もその敷地に足を運び、敷地模型などを作成して全体を俯瞰出来るようにするなど、案を考える上での情報量を増やします。その情報をつなぎあわせるようにプランや断面を練ります。 語りだしたら終わりがないくらい設計事務所の仕事というのは複雑かつ膨大な作業量の上に成り立っています。 経験に基づいてささっとプランを行うことをすれば数時間もあれば住宅の平面図は出来ます。だけど、その経験はそのクライアントのためになっているかどうかは分かりません。何十時間、何百時間と時間をかけてでも経験以上のものをいつも提案していきたいと僕は考えていますし、それを続けていくことが設計事務所らしさなのではないかと思います。 ...

Read More

02 12月 ハライソパーク

久しぶりにハライソパーク(東京アパート)に行ってきました。 目的は事務所で季刊程度の間隔で発刊しているco2news(しーおーつうしん)の インタビューをクライアントさんに行うために。 しかも一泊です。 頑張れば一日で往復できるのですが(現場監理の時は日帰りでした。) なぜ一泊なのかというと...

Read More

25 11月 フットサル

小学生から高校生までサッカー少年だったということもあり、 サッカーが好きです。 といっても18歳で本格的なサッカーをやめているので もうやめている年数の方が長いのですが...

Read More

18 11月 斬新

僕が嫌いな言葉のトップは“斬新”です。 若くして独立したので斬新なデザインをするのでしょうね。と言われ続けてきたということが 一つの要因なのですが...

Read More

28 10月 表彰式

先週の木曜日はすまいる愛知住宅賞の表彰式でした。 賞状をもらうだけでしたら、困ることはないのですが...

Read More