co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | 大きな屋根と水平窓の家
15011
single,single-portfolio_page,postid-15011,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

大きな屋根と水平窓の家

敷地は名古屋市内にある穏やかな住宅地。 目の前に共同住宅が建っているが3階建てであり、その共同住宅とこの敷地の間に小さな公園があるため 共同住宅からの日影の影響は受けないが、廊下を歩く人の視線は少し気になりそうな感じ。 南側に対して開放的にありたいけど…なかなかそうもいきそうもない。 そこで大きな屋根で建物を覆い、視線があまり気にならない箇所に細長い窓を設けました。           utk01

自然なアプローチ

砕石と自然が一体化したアプローチ。 土間はガラスのカレットの洗い出しを使用することでやさしい雰囲気になっています。 庇は奥に行くほど張り出しています。   utk02

大きな屋根と水平窓

南側公園から特徴となっている大きな屋根と水平窓があります。     utk03

西陽対策

暑い西陽を室内に入ることを防ぐために格子戸があります。閉めると室内がやさしい光で満たされます。

 

utk04

一石二鳥な玄関

玄関脇には客室と壁面収納。大きな壁面収納があることで玄関をきれいにキープ出来ます。 玄関の上部は物干しスペースです。ルーバーによって光を柔らかくすることと風の通りを確保しています。 これで共働きのご夫婦でも安心して外出できます。

 

 

utk05

切り取られた風景

水平窓から見える風景。

2015年現在のインテリア。窓際に植栽を置いたり生活を楽しんで頂いています。   utk07

 

キッチンとダイニング。まだお手伝いは出来ませんがキッチンと同じ高さでカウンターがあるので料理も二人で出来ます。

 

utkl08

みんなのワークスペース

西側の格子戸を閉めた時の光の状態。上部のワークスペースはみんなで共有する場所です。   utk09

 

ワークスペースから下を除くとこんな感じに見えます。この長いカウンターがたわまないように多くの工夫がされています。

 

 

utk10

水回りと寝室。