愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | staffblog
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-7,category-paged-7,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

staffblog

imc1021

imcは引き続き見積りの調整中です。 その間には製本するための図面を整えたり、申請を行ったりと、 見えないところでこっそり動いています。 見積り調整では、 打合せを重ねて、徐々に目標予算と希望の仕上げなどのバランスが取れてきました。 もうそろそろ現場の写真をアップしていけたらなと思います。   来週からは我が事務所では、 ボスとフットサルの秘密の特訓が始まります。笑 近くの公園で、平日の朝っぱらから、30代男性と20代女性がボールを蹴っています。笑 目指せフットサル大会優勝、、、!!(切実) 何事にも全力で頑張りたい所存です。   -nonoyama...

has1017

お久しぶりのhasブログとなります。 長らくお待たせしてしてしまいました。 今週よりまたhasの物件の様子をお伝えいたします!   hasは現在実施設計の真っ只中となっています。 基本設計中に考えていた構成が、実施設計に入り具体的になってきたことで、今まで考えてきたことが明確になってきています。   hasの設計の特徴として、設計期間前にお施主様とどんな家にしたいかを考えるワークショップを行ったことがあります。 打ち合わせ時に、どんな家にしたいか、現在どんな生活をしているかをヒアリングするだけでなく、 ご家族の好きなものや、現在の暮らしを一緒に考えながらまとめて、これからの暮らしのビジョンをようにする、ということを行いました。               ワークショップ時にまとめた紙面です。 ワークショップは全3回行ったのですが、毎回紙面にまとめ、内容を共有していました。   ここで一緒に考えた家での暮らしが、実施設計を考える上で、多くの思考につながっていきます。 hasがhasらしい住宅になっていっているのは、ワークショップのおかげだなあ、と設計が進んでいくと実感します。   それぞれのワークショップの内容については、次回のブログでお話ししたいと思います!   -eiso...

imc1014

imcは現在見積りの最終調整段階です。 前回VE(Value Engineering)した際に予算を下回る見積りとなったため、 減額をしない項目や追加したい項目を再度挙げて、 予算内かつ納得のいく仕上げとなるように調整していきます。   工事費の見積りは設計図書を読み込んで積算するので、 もちろん多少の漏れなどはあります。 漏れがそのままになってしまったり、イメージの違いがあったりすると、 工事を進めていくうちに変更せざるを得ないなど、誰かが損をすることになりかねません。 それを防ぐためにもこの段階での確認はとても大切です。 クライアントさんも見積りを隅々まで確認してくださっているので、 私たちも安心できます。 着工してからもクライアントさん、工務店さん、設計監理者の三者で 確認し合いながら進めていくことができる 良い関係が築けるのではないかなあと嬉しく思っています!   -nonoyama...

imc1007

すっかり寒くなってきましたね。 私は風邪こそは引いていないですが、 花粉のせいでくしゃみをしながらお仕事しています、、。   imcは工務店さんを決定しました! 複数の工務店さんにお見積りしてもらいましたが、 見積り金額も近く決めづらかった為、 それぞれの現場監督さんに会ってから、クライアントさんに決めて頂きました。 ここから見積りの細かい金額調節と確認申請を行なって行きます。   奥様こだわりのキッチンもだんだんとイメージが固まってきています。 棚の位置や寸法をこうしたいという絵を描く時に、寸法をmm単位で書いてきてくださいます。 一般の人だとcmが普段使う単位で、建築で使うmmは初めは余り慣れないものだとは思います。 それでも奥様がmm単位を使っていることは、 mmに慣れるくらいたくさん図面を読み込んでくださっていると思うと、 設計者冥利に尽きます!   -nonoyama...

imh0929

imhの現場がついに動き出しました!   先日は建物の位置出しの工程のチェックを行いました。 位置出しは建物が敷地に建つ位置を決定する、1番始めかつ重要な作業です。 位置出しの位置が違っていると、配置から間違ってしまうので、入念なチェックが必要です。   特に今回のimhの敷地は ・道路斜線 ・高度斜線 ・1m後退 ・建ぺい率・容積率 と様々な法規が厳しくかかってくる敷地なので、少しの見落としも許されません。   位置出しがなされてる様子です。 張られている縄は「地縄」と呼ばれます。   道路からの寸法が正しいかを計測しています。 道路からの1mの後退が厳しい箇所なので入念にチェックします。   建物の寸法があっているかどうかのチェックです。 「小さな敷地の中で大きく住むこと」がテーマの一つであるので、大きさがとても重要です。   全てチェックを終えて、問題なしでした。 実際に敷地に縄が張られると、建物の大きさのイメージが湧き、「いよいよ現場が始まった!」という印象です。     次週は敷地の地盤を強固なものにするための「地盤改良」の工程をお伝えします!   -eiso...

imh0915

imhは先日着工会議を行いました。 着工会議とは、設計事務所、工務店、構造設計事務所の3者で集まり、 着工に際しての注意点の共有などを行う会議です。 主には、設計事務所、構造設計事務所から、 工務店への施工図の提出の依頼や(施工図とは、設計事務所の図面を元に、実際に施工するために具体的に描かれた図面のことです。) 現在の保留事項をいつまでに決めることが必要かということを共有しました。 この会議が終わったので、いよいよ着工を待つばかりです! 近々始まった現場の様子をお伝えできると思いますので ご期待ください!   着工を今か今かと待っている現場です!   -eiso  ...

imc0909

imcは引き続き見積り中です。 工務店さんからの見積りが出揃ってきました!   クライアントさんと工務店さんのお互いのためにも、 頂く金額や数量が適正かどうか、漏れがないか、 などを一つずつ確認していくことが必要になります。 しかし、金額を確認するために過去の物件とも比較しますが、 建材費などはその時々によって変わっており、 数年前からは高くなってきているため、単純な比較がしにくいものです。 そのため、複数の工務店さんに見積りをして頂き、 現在の金額の平均をとるようにしています。   imcの出てきた見積りは、工務店さん同士似た金額になっていました。 ここからVE(Value Engineeringいわゆる見積り調整)を行って 金額を調整していくとともに、一緒に家づくりをしていく工務店さんを選びます。 一生ものの住まい作りなので、一概に安いから頼むのではなく、 信頼できるパートナー(ここでは工務店の現場監督さん)を選ばなくてはなりません。   そこで、クライアントさんに直接会って考えて頂こうと思い、 次回の打合せは各工務店さんとご対面の場を設けました。 どこの工務店さんもそれぞれの特徴があるので、 クライアントさんと合ったパートナーとつくっていけたらと思います。   -nonoyama...

has0905

さて今回は新たにCO2WORSの設計物件に加わりました、 hasの初ブログです!   まずは初めてのブログなので、物件の概要をお話したいと思います。 hasが建つのは、愛知県あま市の七宝町という街です。 あま市は近年名古屋市のベッドタウンとして人口が微増傾向にある街です。 その中でも七宝町は、バスでの名古屋駅や栄にもアクセスの便利な街で、田んぼや畑を開発して住宅地が出来上がっている風景が多く見られます。   七宝町は皆さんもご存知かもしれませんか、伝統工芸の七宝焼の発祥の地で、 今でも工房で焼き物が作られている街です。 七宝焼アートビレッジという七宝焼を広める施設もあります。   敷地の周りは約30年前ほどに一斉に宅地開発された地域であり、2〜30坪程の小さな敷地に同じ形態の建物が立ち並ぶ特徴的な街並みです。   また、味噌・醤油工場があり(味噌と醤油を同じ場所で作る工場は全国でも珍しいようです。) その倉が風情のある街並みを作り出しています。   このような特徴を持った街の中で、新たなプロジェクトを進めていきます。 現在は基本設計が終わり、実施設計に突入したところです。   これから、設計前の調査、クライアントの方とのワークショップ、基本設計スタディの過程など、これまでの設計の流れを振り返りながら紹介していければと思います。   では、これから月曜日はhasブログをよろしくお願い致します!   -eiso...

imc0902

imcは引き続き見積り待ちをしています。 そんな中でも、他に検討しておくことなどを進めています。 スケッチや図面に書いて検討することもありますが、 ここが現実的にはどう見えてくるだろう? と、もっとリアルに検討したいときは、画像を加工してすることもあります。 色やテクスチャー、3次元的な寸法の比率などを見たいときなどに便利です!   私たちはモデリングソフトを使って3Dで検討しています。 引きで見たときや、 断片的に近づいてみたり、 玄関部分の階段を登ったときの見え方などなど、、   いつも所長に「全体の中の一部」と諭され、 建物全体として考えたときに一部分がどうあるべきか、 ということを考えて検討をして、 全体的によりよいものとなるように努めています!   -nonoyama...

imh0901

imhは先日無事地鎮祭を迎えました。 大安吉日、快晴のとても地鎮祭日和の日でした。 地鎮祭は土木工事や建築などの工事を始める前にその土地の神様を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るためのまつりごとです。           当日の祭壇です。 お施主様がお供え物を用意してくださったのですが、 (お供え物は「海のもの」と「山のもの」をお供えします!) 神主さんから「玉ねぎはダメ」と言われてしまいました。 なんでも、匂いが出るものはお供え物には不向きらしいです。 初めて知りました。           お施主様が四方祓をしているところです。 土地の四隅をお祓いをし、清めるために行います。             そして玉串奉奠です。 神前に玉串を奉り拝礼します。   最後にお施主様、CO2、工務店さまでみんなで記念写真をとり、終了いたしました。   さて、これでいよいよ着工です! 次回のブログでは、着工会議の様子をお伝えいたします。   -eiso...