東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | 進行中
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-49,category-paged-49,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

進行中

4
INO0308

INO現場報告です。   ↑足場がやっとはずれました!!! 白と茶色のボックスの棟が噛み合っている陸屋根のお家です。   ↑足場がとれたことで内部はより一層明るくなりました。 (写真だと分かりませんね・・・) 仮止めだった階段も本日ビスで本締めを行っていました。 踏板はチークの無垢材で非常にカッコいいです。 蹴込部分はフローリング張りです。   ↑写真が下手ですが、ブリッジも完成です。 梁を磨いた甲斐がありました!   ↑寝室は直射ではなく、白い外壁からの反射を狙っています。 とても気持の良い明るさでした。   ↑お化粧室からは2階全体の動きが見渡せます。 子供たちの動きもバッチリ把握できます。   今日は建具の枠関係も現場へ搬入されていました。 もう少しで仕上げ段階に入っていきます。 まだ下地が出来ていない部分もありますが。。。 仕上げはタイルや砂漆喰など左官工事ばかり・・・ 非常に職人さん泣かせな物件です。笑 明日からは駐車場の工事を始めていくようです。 内部も外部も少しづつ終盤へ近づいていますが、 ここからが慎重な工事なので 職人さんにはもう少し頑張って頂きたいです。   それではまた一週間宜しくお願い致します。     (okada)  ...

KKH0306
KKH 0306

上棟後初めての現場での定例を本日行いました。 今後は1週間に一度、監督さんと工程に合わせて職人さんとの打合せを行っていきます。   現在屋根工事中の現場では、 暖かくなってきたと思いきや降ったり止んだりの雨により、勢いよく工事は進みませんが、 自然の営みには逆らえませんので、天気と共に工事が行われていきます。   徐々にくっきりとしてきた屋根形状。 登り梁の上の垂木も施工されています。     また昨日板金屋さんとの打合せも行い、ハイサイドライト廻りの詳細を確認しました。 こちらの意図をお伝えし、実際にどう施工を行ったらよいかと丁寧に説明頂く、監督さん・職人さん、ありがとうございます。   現場も基礎打設時等に比べると徐々に暖かくなってきましたが、春の大敵花粉も現場付近では多くなっているようです。 花粉症患者も多いこの現場ですが、 花粉がおさまる季節の竣工に向けて今後も多くの方によって現場は進んでいきます。 (Wakahara)    ...

IMG_3670
KTH 0303

KTH  house  は今週あたま、クライアントと実施設計一回目の打合せを行いました。 基本設計の図面では表現されていない細部の仕様をひとつづつ説明・確認を行っていきます。   図面の枚数も一気に増えてきました。  現段階でおよそ40枚程度 工事契約時には最終的に70枚程度の図面が作成される予定です。   この他にも現場に入ってからも細かい納まりに必要な図面や工務店さんが書く施工図など、図面の枚数はさらに増えていきます。 既製ではない、オリジナルのものをつくるには細かな調整が重要です。。。   こちらはリビングの模型写真   おだやかな光がサラサラと落ちてくる気持ちのいい場所です (大川)      ...

IMG_3660
0303 UTK

UTK house  では基礎の施工が着々と進んでおります。   写真は基礎の配筋終了後の配筋検査の様子 構造設計事務所の藤尾さんとともに細部をチェックしていきます。   鉄筋コンクリート造の基礎において、コンクリートが「筋肉」ならば、鉄筋は言わば「骨」のようなもの。 どちらも構造を成立させるためには非常に重要な役割を持っています。   大きな配筋のミスもなく若干の手直しをお願いし、鉄筋屋さんもおどろくほどの丈夫な基礎の骨組みができあがりました。   そして、次の日には基礎のベース部分のコンクリート打設を行いました。   鉄筋同様、打設前にはコンクリートの品質にもチェックがはいります。 事前にいただいたコンクリートの配合資料とおりの性能が確保されているか現場で試験を行います。   こちらも問題なく、予定の打設が無事終了しました。   来週は立上り部分の打設を行う予定です。 (大川)                        ...

IMG_0895
INO0302

INO現場報告です。   ↑外壁張り終了しました! が、足場はまだとれません。。。 外壁の一部にポリカの目隠しを立てるので、 そちらの施工が終了したら足場解体です。   内部は・・・ ↑ルーバーの塗装補正をしていました。 凹凸や汚れなどをやすりで奇麗にしてから少しずつ補正・・・ 少しの汚れが仕上げに影響してきてしまうので、慎重です。。。   CO2WORKSでは・・・ ↑ベントキャップの仕様確認、足場解体前の外壁チェックを行いました。 現在建具枠待ちのようですが、少しずつ仕上げに入れそうな部分が増えてきています。   以上、INO現場報告でした。 今週(あと少しですが)・・・来週も宜しくお願いします!!!     (okada)...

ブログ2
HSK0302

今週は雨が続いております。 少し暖かくなってきたので、気分も少し明るくなりますね。   HSKhouseの進捗報告です。   昨日工務店の方にお越し頂き、VE見積を提出致しました。 一度金額をさげきって、更に追加や減額をクライアントさんと ご相談していきます。 少し先が見えてきたように思います。   現在事務所では学生さんに模型をつくってもらっています。 未だ外観だけなのですが・・・ ↑こんな感じです。 正面からみた時の外観になります。   ↑こんな感じです。 ポコポコとボックスが積んであるようなイメージです。 構造事務所の藤尾さんににはLEGOみたいなやつ・・・と言われました。笑   内部のイメージは色々な角度からの光が煌々とした直射ではなく、 ボックスのズレや外部の植物により低減されて、 やわらかく、やさしく入るようないイメージです。 インテリアはその光に合わせて古めかしくて、ぼやけたインテリアとなる予定です。   模型完成したらUPさせて頂きます。     (okada)  ...

KKH0229-01
KKH 0229

南に街並み、東には田園そして山が広がる穏やかな敷地に 平屋建ての建物の骨組があらわれました。 昨日、雨の予報もありましたが、天候にも恵まれ上棟が無事行われた、KKH house.   約45cm間隔で15m程にわたり梁がかかっている為、 大工さんは少々大変そうでしたが、できたがった骨組にはきれいな梁が並んでいます。 (その数、約70本!)     写真ではわかり辛いですが、 建物中央上部には、光を取入れ、風の通り道となるハイサイドライトが設けられます。 現在は、このハイサイドライト部分の納まりの最終調整中です。     今後は、屋根工事から始まり、サッシ取付、電気配線工事、外部・内部下地工事…へと竣工へ向け現場は進み、 家具工事も確定へ向け打合せを行っていきます。 (Wakahara)      ...

IMG_0860
INO0227

今週のINOhouseです。   ↑外部は外壁がほぼ張られている状態です。 白いガルバとレッドシダーの外壁へ少し濃いめの色の塗装です。 この足場が取れると、RC造の駐車場の工事に入っていきます。     内部は時間がない中でも大工さんが丁寧に進めてくれています。 ↑トップライトの吹き抜け部分に白いルーバーが取り付けられました。     ↑こちらの現在合板が張られている壁には真っ白のタイルが一面貼られます。 トップライトからの光が反射して明るい空間となる予定です。     ↑大工さんが床暖房のパネル配置をフローリングのピッチとともに検討してくれています。 オレンジ色の部分にしか釘などを打ってはいけないらしく、難しいようです。     そしてCO2WORKSでは・・・ ↑家具の最終チェックや階段の手摺検討など細かい作業を行っています。   以上、INO現場報告でした。 今週も宜しくお願いします!!!   (okada)...

IMG_3643
KTH 0219

KTH house は現在、実施設計真っ只中です。 各部屋のインテリア・詳細計画をスケッチ書いたり、模型を眺めたりしながら検討中です。 いかにして外部を内部に引き込ずりこむのかがポイントとなりそうです… ―   本日の基本設計段階のお話です。   写真は初期案のコンセプト模型です   設計の進め方は物件によって異なりますが、KTH house は敷地が広いこともあり建物の配置計画の検討からスタートしました。 クライアントの要望・生活スタイル、予算などから全体のボリュームを仮定し、それを形状を変えたりしながらいくつもパターンを 組ながら建物と敷地との関係性を検討していきます。     さまざまな配置パターンのなかで決定していったのが、外部の魅力的なゾーンを取り込みながら初期案の模型の形状のように 中庭をおおらかに囲っていくようなものでした。   現在のプランは初期案から変更がされていますが、建物の基本コンセプトはしっかりと守られています。 (大川)                                ...

IMG_3641
UTK 0219

UTK house は現在、各詳細の検討を進めています。 写真は軒先のディテールをスケッチで検討中のものです(落書きのようですが…) 今回は軒先の樋をなくし,雨の水滴が流れる様子も楽しんでもらおうと積極的な減額案をクライアントに提案していますので、 この樋先のディテールにもかなり気合が入ります。 (大川)  ...