愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | staffblog
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-41,category-paged-41,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

staffblog

SNH0703-00
SNH 0703

SNH house.いよいよ現場が動き出しました。   本日は現場にて、建物の配置寸法の確認・基準となるBM(ベンチマーク)の確認を行いました。 ‘基準とする境界杭からの離れ寸法の確認しています’   ‘建物位置確認と共に現場には水糸が張られました‘ 平面上では凹凸が多い建物の為、寸法が図面通りかを各箇所確認行い、 明後日の地盤改良工事を迎えます。 地面の青いマークは、柱状改良を行う位置が示されています。 また改良工事の様子は来週のBlogにてお伝えさせて頂きます。   大地から空に向かい生え伸びる木々の様に 仲良く立ちそびえる二つの塔と絡みつく家族の場所をもつSNH house. どのように建ち伸びていくかは、今後のBlogをお楽しみに… (Wakahara)      ...

KKH0703-01
KKH 0703

オープンハウスと引渡しを今週末に控えたKKH house.   床・家具の養生もはがれ、 残る工事は建具取付・床のオイル塗装、手直し工事 コンセントファニチャーの片岡さんによる家具の扉設置、オリジナルのテーブルセット搬入、 と、あと僅かとなりました。   ‘SUS天板にオーク無垢材のキッチン.扉の設置が行われると完成です' ‘窓枠にぴたりとはまるTVボードの奥には樹木が立ち並ぶ外構が広がります'   そしてまた昨日より櫻井造形舎の櫻井さんにて外構工事も着手しました。 先週末現場にてクライアントのKさん・櫻井さんと工事前の最後の打合せを行いました。 'お父さん・お母さん打合せ中の為、仲良くたそがれる娘さんと所長+本工事社内検査中の監督さん'   外構工事は本日雨の為現場はお休みでしたが、 養生シートの下には、法面に沿って計画された階段の形状があらわれていました。 (遠景写真の為分かり辛いですが…) ‘よくよく見るとシートの下には僅かに平場ができています’   気が付けば、 製本図面は味が出、ぺらぺらだった監理ファイルも閉じきらない程膨らみました。   穏やかな周辺環境を取込み、素材感にあふれたKKH house.   クライアントのKさんを筆頭に、 本工事をはじめ、家具工事・外構工事と多くの方とこの現場を通してお会いさせて頂きました。 工事はまだ終わりを迎えておりませんが、感謝の気持ちをこの場をお借りして… そして残りの現場、よろしくお願い致します。 (Wakahara)...

0703_KOA
KOA 0702

KOAハウスはただいま概算見積もり中です。その間、9コマチェックと呼ばれるCO2流のチェック方式にてプロジェクトの検討事項や問題点をあらゆる面から洗い出し、煮詰めていきます。ここ最近CO2は大工仕事に飽き足らず、土木の領域に足を踏み入れ事務所の庭づくり(造成?)を自主施工で行っております。傾斜地の雨水や土の扱いは非常にデリケートに扱わなければならないということを身をもって体験しており、早い段階からケアしています。何事も経験して見るもんですね。  Staff:  山谷浩介...

IMG_0197
MNE0629

MNE-house、近況のご報告です。   MNEは先日2階壁のコンクリート打設を終えて、RC躯体の打設はすべて終了しました。 1階RCも脱型し、躯体工事は2階木造部分に移っていくことになります。 これはチェック済みのプレカット図の写真です。 プレカット図と言うのは工事用図面の一つで、木造の軸組みと構造用合板の割り付けが示された図面です。 工場であらかじめ寸法通りにカットされて現場に搬入されるので、プレカット。現代の建て方は大工さんの手刻みではないのです。。。   柱、壁や開口部の位置、梁の通り方などを所長とチェックしました。 図面への質疑・訂正のやり取りも終わり、来月はじめに木造部分の上棟を迎えます。 大工さんが入って、RCから木造へ、現場の雰囲気もがらりと変わりそうです。 混構造ばんざい。です。   (荒金)        ...

IMG_1563
hmf0628

hmf house只今実施設計真っ最中です。 曖昧になっていた部分が徐々に出来てきいます。   現在はパースや実際のサンプルを取り寄せて 家全体のイメージを最終確認して固め、仕様や器具の選定を行っています。   担当者が書いたものや考えている事を   所長にチェックしてもらいアドバイスや矯正をされ、 更に考える・・・の繰り返しで行っています。 クライアントさんとの打ち合わせまであと二週間です。 ラストスパート気合いを入れて図面作成をして行きたいと思います。   (okada)    ...

kom_0625
KOM 0625

現場が苦労する季節に突入しました。KOM HOUSEは開口部のディテールの詰めを行っています。南側は積極的に外部を切り取る大開口を設けています。2階部分のリボンウィンドウは空を切り、1階部分のテラス窓は、ガラス越しにポーチ、庭へと領域のグラデーションを持たせています。ポーチの上部にはアルミの一枚板の庇をかけ、半屋外的な空間として、リビングの延長として使えるようにしました。外部と内部の間にワンステップ緩衝空間を設けたことで、外部と絡まり代が増え、より豊かな空間になっていると思います。  Staff: 山谷 浩介...

IMG_1534
HSK0621

HSKhouse今週の現場報告です。   先週基礎スラブのコンクリート打設を行いました。   なんとか雨ももってくれて無事終わる事が出来ました。 試験も問題なく終わりました。   こちらの9個の筒状のものは圧縮強度試験用のテストピースといいます。 コンクリートには打設後、型枠を取り外してはいけない期間が調合具合や季節によって決まっています。 しかし!現場では工期的な問題で、なかなか待っていられない時もあります。。。 そこで!!登場するのがこのテストピースになります。 これをつかって圧縮試験を行い、ある一定の基準値に達している事が 分かれば型枠を取り外す事ができるのです。 今回は上棟の工期の関係でなるべく早く型枠をはずしたかったので、 圧縮強度試験を行いました。         基礎立ち上がり部分の打設は明日行います。 雨・台風の影響で上棟が7月初めに延期となってしまいましたが、 次回上棟予定日は晴れてくれることを祈ります…。 雨で止まったり動いたりとこの時期の現場は大変ですが、 皆様今週も宜しくお願いします。   (okada)...

IMG_0710
UTK 0620

台風4号の通過から一夜明けた本日は UTK house の定例の日でした。 現場は前日の強い風の影響を避けるために、足場のシートはたたまれた状態でした。   そんな足場のすき間からはUTK house が北側の顔をのぞかせていました。   外部の工事は木製の建具枠が取り付けられたことにより、次はいよいよ仕上げ工事が進められていく予定です。   こっちらの開口部からは外部の緑が切りとられ、穏やかな内部空間をつくりだしていました。   その内部では3人の大工さんによって造作工事が急ピッチで作業が進められていました。   1階の床にはフローリングが ↓   2階の子どもスペースにはレッドシダーの羽目板が張られているところでした ↓   そして、打合せ中にはキッチンを製作していただける家具屋さんの 「 寿々源 」  さんも現場の採寸に来られていました。   UTK house の現場は各職人さんの手によって順調に進められています! (大川)          ...

SNH0619-00
SNH 0619

しばらく息をひそめておりましたSNH house. 明日、工事請負契約を行うはこびとなりました.   実施設計に入り見積・金額調整…との期間約5カ月余り. 山あり谷ありとここまでたどり着く事ができました. これまでの経緯を綴る物件ファイルです.重みがついています.   今週末には確認申請提出.そして7月頭より地盤改良工事. と、着手に向け、現場は急ピッチで進んでおります。   金額調整にあたり、理想と現実の壁が立ちはだかる事もありました が、 今後は年内の竣工・引き渡しに向け、 図面にしるされている、ひとつの建物を、 ‘住む人’・‘設計する人’・‘つくる人’の各者が それぞれの立場・視点から愛情を持って接する事のできるよう、 また、よいモノにつくりあげることのできるよう、 ひとつのチームとしてSNH houseをまとめ、建物をつくりあげる事を目標に現場を迎えたいと思います。   クライアントのSさん・施工者さん、そして今後関わっていく各種職人さん、 これからの現場、よろしくお願い致します。 (Wakahara)  ...

KKH0619-01
KKH 0619

KKH houseは足場が先週末外れました. 東の麦畑より眺めた風景です. 周辺の風景と寄り合うように、敷地の広さ・形状を生かした、穏やかな平屋建てが建ちました.   四面「そとん壁」という白州(平たく置きかえると火山灰)が原料の 左官材で仕上げられた外壁材が建物に重みを出し、 南北1.3m程ずつはりのばした庇が建物に奥行きをあたえています. (風雨をしのぎ建物を守る庇、建物の建物内部と外部周辺環境を軒下空間は緩やかにつなぎます)   もともと敷地に存在した法面に沿うように張り出した片持ちスラブは ようやく打ち放しの仕上が顔を現しました. 素材の純粋さを引き立たせる為に、打放し仕上となっています (写真でご紹介できないのが残念ですが…)   外部は今後、スラブ上部に手摺、南面にはスラブ上にデッキが施工され、 7月より最後の工事、「外構工事」のスタートを迎えます.   先日櫻井造形舎の櫻井さんより、具体的な植栽計画を頂きました. 今月末に着手前の打合せを現場にて行います.   本工事・家具工事・外構工事。多くの方にご協力頂いてカタチづくられるKKH house. どんな建物になるかはこのBlog最後までお楽しみに. (Wakahara)   ※クライアントのご厚意により、OPENHOUSEを行わせて頂きます。 詳細はこちらよりご覧ください。...