東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | 進行中
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-41,category-paged-41,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

進行中

IMG_2037
KOA 0723

KOA houseは基本設計が完了し、実施設計に突入しました。模型、スケッチと合わせて詳細な図面を進めています。 光庭を介し、奥へと抜ける視線。トップライトから取り込んだ光を白い壁面を利用して反射拡散させる。 奥からのアングル。どこを切り取っても木々が画角に入ってくる気持ち良い場所。 段差のある吹抜けの土間空間にふたつの光庭から光を落す。 各シーンのスケッチで詳細を考えながら、全体のストーリーとリンクさせていきます。今週は構造打ち合わせ等々、ふんばりどころです! Staff : 山谷 浩介...

IMG_2028
KOM 0723

梅雨明けしましたね。KOM houseは快晴の中無事上棟しました。おめでとうございます。週間天気予報に翻弄されていましたが、絶好の日取りとなりました。これだけ暑いと大工さんは大変です。 両隣のお宅より少しセットバックさせることで隙間にスッポリとハコがはまっているような佇まいです。 立体的な抜けを多様し、”感覚的な広さ”を狙ったプランのため、内部空間縄張り時よりもずっと広く感じます。居心地良いスケール感。 手前はリビングの吹抜け空間となります。ここを介して上下階がつながります。現場に入るといろいろと欲求が出てきてしまうもので、とても気持ちの良い光が入っていたのを発見してしまい、トップライトを付けたいなーと...

IMG_0334
NAY0720

◎NAY-houseの近況のご報告です。   NAYは先週から実施設計期間に突入しました。 CO2では、実施に取りかかる際にコンセプトやお施主さんの事、環境や施工方法、、などの 物件の特殊な条件をすべて整理しなおす作業を行います。 条件は手書きでザザザッとまとめながら、打合せを重ねるので、 この期間は紙媒体が大活躍です。 空間の雰囲気や仕上げなども手書きパースを中心に検討を進めます。 書かないと分からない事も多く、大切な作業です。 資料集めも行っていきます。 鉄筋コンクリートの部分があるので、安藤忠雄さんのディテールも参考にしたりしています。 こうして条件整理を行い、怒涛の実施図面作成に移って行きます。   (荒金)    ...

IMG_1703
HSK0719

暑い日が続いております。 これだけ暑いと少し現場にいるだけでフラフラしてしまいます。。 みなさん熱中症にはお気をつけください。   HSKhouse今週の現場報告です。 先週現場でクライアントさんと仕様の確認を行いました。 実はまだ外壁が確定していなかったのです。 結局仕上げはジョリパットの吹付けになりました。 テクスチャーはこのようなザラザラした質感の白っぽい外壁になります。   そして事務所では本格的に最終詳細を詰めています。 今回は家中が繋がっている家なので、1つ考えようとすると 全部考えなくてはいけなく、難しい納まりになります。 それではまた一週間宜しくお願いします。   (okada)...

IMG_0795
UTK 0718

UTK house では本日、内部の下地検査を施工を担当する工務店さん立会いのもとおこないました。   仕上げ工事に入る前の下地の状態をチェックしておくことで、仕上げの精度を高めることを目的としています。 納まり上問題がないか、使い勝手上問題ないか、実際のくらしを想像しながらチェックをしていきます。   UTK house  の現場では連日多くの大工さんが作業にあたっていただいていますが、 全員が妥協のない仕事をしてくれていることが現場のチェックから伝わってきます。   来週からはオーダーキッチンの搬入・据付、そしていよいよ各仕上げ工事へと進んでいきます! (大川)          ...

SNH0717-01
SNH 0717

SNH houseは昨日より、基礎工事が進んでおります。   現場は今週末に予定しております配筋検査時に 確認行う為写真は未だありませんが、 基礎工事に関して細かい部分の質疑事項回答を連日監督さん・構造設計の方と 行い、工事の調整を行っている段階です。 また来週のBlogにて現場の様子をお伝えさせて頂きます。   さて現在、SNHhouseは先週の基礎伏図チェック・プレカットチェックの詰めの作業と併せて、 各部分の「納まり」という事柄を検討しています。   仕上材同士、防水・雨仕舞など要素が絡み合う 各部の納まりを最終的に施工できる状態とする為、 また想定した納まりで良いかの最終確認作業です。 施工図を監督さんに作成頂きますが、 現在は方向性の確定のためCO2WORKSにて詰め作業を行っています。 ’詳細検討とあわせ、今後監理を行う際の注意箇所も再確認’   上棟までは施工図チェックが主となり現場写真も未だ少ない状況ですが、 現在進んでいる基礎工事より、段々と現場に建物の形状があらわとなっていきます。   上棟日も決まり、クライアントさんとは各仕上材の確認、 そして現場では各施工図及び現場の進捗の確認と 工程を追って現場は進んでいきます。 (Wakahara)...

IMG_0280
MNE0713

MNE-houseのご報告です。 2階木造部分の今日の写真です。 壁に構造用合板が張られたので、空間がより鮮明に感じられるようになってきました。 床面に沿って地窓がズバッっと三辺にまわっています。その外部はベランダで、 視線を完全にカットしながら間接光を取り入れるためだけの外部空間です。   そして今日は、木造部分の軸組みを固めるための金物の施工状況の検査が行われました。 金物は建築構造に関わる大切な部分なので、構造建築家さんがはりきってチェックして下さいました。 幾つかの是正項目が上がりましたが監督さんと大工さんの伝達がスムーズで、すぐに修正の作業が始められていて、 工程はしっかり、止まることなくずんずんと前に進んで行きます。   監督さんと職人さんに感謝です。   (荒金)  ...

IMG_1636
hmf0712

hmfhouseは今週日曜日にクライアントさんと 実施設計第1回目の打合せを行います。   大体細かい仕様等も決まってきています。   先週、今週は材料のサンプルをとったり・・・ メーカーの方に来て頂いて打合せをしたり・・・ 図面で細かい納まりを追ったりと、 未定部分を詰めていきました。   現在はまだ納得いかない部分を所長とチームメイトとあーでもなこーでもないとまだ練り続けております。。 打合せは今週の日曜日です・・・がCO2WORKSは納得のいくまで話し合います!   喜んで頂けるかドキドキしますが・・・楽しみにしていてください。   (okada)    ...

IMG_0740
KTH 0711

KTH house  の現場では基礎工事が進められています。     すべて鉄筋が組みあがった後、構造設計事務所の藤尾さんとともに配筋のチェックをおこないます。 基礎の性能を確保するために細かな部分まで藤尾さんのチェックが入り、少々の是正をお願いしました。   建物形状が複雑なため、鉄筋屋さんも 「大変だったよ~ 」 と苦笑いしていました。 リビングは内部のつながりをもちながら外部への広がりをつくるために三角形形状です ↓   そして、配筋検査の翌日にはコンクリート打設をおこないました。   現場の進捗とともに、事務所内ではプレカットの最終調整をおこない上棟の日に 備えます。 (大川)      ...

IMG_0750
UTK 0711

UTK house の工事もいよいよ佳境をむかえてきました。   外部は階段踊り場部分のレッドシダーシングルパネルが張られました   内部の造作工事も大工さんの熟練の技によってピシッと仕上がってきております   現場打合せ時にはちょうど階段を施工中でした   シングルパネルの外壁が張られた階段踊り場には天井いっぱいの大きな開口部を設けています   この開口から差し込む光が心地いい内部空間をつくっております   来週の現場では工務店とCO2による外壁・内部の下地検査をおこなう予定です。 この検査によって外部は足場をばらす前の最終チェック、内部は下地をチェックすることにより 仕上がり精度をあげることを目的としています。 (大川)      ...