愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | staffblog
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-40,category-paged-40,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

staffblog

IMG_1636
hmf0712

hmfhouseは今週日曜日にクライアントさんと 実施設計第1回目の打合せを行います。   大体細かい仕様等も決まってきています。   先週、今週は材料のサンプルをとったり・・・ メーカーの方に来て頂いて打合せをしたり・・・ 図面で細かい納まりを追ったりと、 未定部分を詰めていきました。   現在はまだ納得いかない部分を所長とチームメイトとあーでもなこーでもないとまだ練り続けております。。 打合せは今週の日曜日です・・・がCO2WORKSは納得のいくまで話し合います!   喜んで頂けるかドキドキしますが・・・楽しみにしていてください。   (okada)    ...

IMG_0740
KTH 0711

KTH house  の現場では基礎工事が進められています。     すべて鉄筋が組みあがった後、構造設計事務所の藤尾さんとともに配筋のチェックをおこないます。 基礎の性能を確保するために細かな部分まで藤尾さんのチェックが入り、少々の是正をお願いしました。   建物形状が複雑なため、鉄筋屋さんも 「大変だったよ~ 」 と苦笑いしていました。 リビングは内部のつながりをもちながら外部への広がりをつくるために三角形形状です ↓   そして、配筋検査の翌日にはコンクリート打設をおこないました。   現場の進捗とともに、事務所内ではプレカットの最終調整をおこない上棟の日に 備えます。 (大川)      ...

IMG_0750
UTK 0711

UTK house の工事もいよいよ佳境をむかえてきました。   外部は階段踊り場部分のレッドシダーシングルパネルが張られました   内部の造作工事も大工さんの熟練の技によってピシッと仕上がってきております   現場打合せ時にはちょうど階段を施工中でした   シングルパネルの外壁が張られた階段踊り場には天井いっぱいの大きな開口部を設けています   この開口から差し込む光が心地いい内部空間をつくっております   来週の現場では工務店とCO2による外壁・内部の下地検査をおこなう予定です。 この検査によって外部は足場をばらす前の最終チェック、内部は下地をチェックすることにより 仕上がり精度をあげることを目的としています。 (大川)      ...

KKH0710-01
KKH 0710

暑さ厳しくも感じる晴空の先週末、 オープンハウスには多くの方にお越し頂きありがとうございました。   KKH houseは先週末にクライアントの方へと引渡しを行わせて頂きました。   別途工事である、櫻井造形舎の櫻井さんによる 外構工事は現在作業を進めて頂いている段階となりますが、   コンセントファニチャーの片岡さんによる家具工事は 先週末、KKH houseにあわせ製作したテーブルも搬入され、 コンセントファニチャーさんオリジナルのイスとふきん掛け(真鍮製です!)以外は完成を迎えています。   実施設計の段階より、進捗をお送りさせて頂きました KKH houseも今回のBlogが最終回となります。 気になる外構工事後の様子は竣工写真でお伝えできればと思います。   これからはクライアントご家族によって‘くらし'の味がくわえられ、 建物の素材達にも深みがましていくことでしょう。   最後に…これまで建物が立ちあがるまでに多くの方々にご協力を頂いております。 感謝を込めて…ありがとうございました。 (Wakahara)...

SNH0710-00
SNH 0710

SNH houseは先週末に地盤改良工事が行われました。   今回の地盤改良は湿式の柱状改良となる為、 改良工事当日は、構造事務所の藤尾さんと共に1本目の打設の立会を行いました。   ‘作業風景’ オーガーという、ドリルのような形状をした機材で、 支持層という構造物の力を支える固い地盤面まで地面を掘り下げ セメントミルク状の固化剤を土と撹拌させて改良体を施工します。   ‘1本目が打ち終わりました’ 支持層深さも地盤調査データより予測された数値とほぼ変わりなく、 29本の改良体の打ち込みが終わり 現在現場は、試験結果が出るまでの養生をしています。   そして今週は次なる工程基礎工事に向け 基礎伏図のチェック、上棟に向けてのプレカット図のチェック作業を行っています。 ‘色付けされていく施工図…工務店さんにお願いさせて頂いた製本図面もできあがりました’   また上棟に向け仕上のサンプルも着々と揃ってきました。 最終的に所内で色検討を行い、サンプルをクライアントの方の元へお届けの予定です。...

Exif_JPEG_PICTURE
KOM 0709

KOM houseは現在基礎工事を行っています。 配筋検査時、整然と組まれた鉄筋。職人さんのプロ意識を感じさせられます。 構造設計士さんの指示のもと、細かな是正をしていきます。 翌日のコンリートの打設。天気予報は雨ながら、なんとか打ち終わるまで持ちました。 コンクリートを流し込むと同時に、息の合った連携プレーで均していきます。 仕上げの均し。手早く滑らかな手つきで仕上げていきます。この後、立ち上がりの打設、土台伏せ後はいよいよ上棟です。 Staff: 山谷浩介...

IMG_0241
NAY0706

久しぶりの NAY-house の近況報告です。 今週、NAYの5回目のプレゼンがありました。 今回のプレゼンで大まかな方向が(一応ですが)定まりました。 いままでなかなか長期間の基本設計を経てきたNAYですが、 ここでひとつ節目を迎えそうです。 プレゼン模型はオープンデスクの高橋さんに製作を手伝ってもらいました。 黙々と石を並べる高橋さん。。   今まで、お施主さんの家に対する想いに助けられてプランを育ててきましたが、 お施主さんの家つくりの姿勢に接するたびに、提案する側としてもっと成長しなくては、と奮い立たされます。 NAYは敷地や予算よりお施主さんに恵まれた物件だと思います。 これからのNAYは細部の検討に移って、どんどん良い建物になって行く予定です。 乞うご期待です。   (荒金)        ...

IMG_1574
HSK0705

HSKhouse上棟しました。 当日は前日の雨を忘れさせる程のカラッとした上棟日和の良いお天気でした。 午前中に現場に到着すると・・・ 「朝一、大変だったんだよ~。鉄骨補強もバッチリでしょ。」と笑顔の監督さん。 暑い中、朝早くから現場で作業して頂いていた様で既に一階の骨組は 組み上がっており、床を合板で固め始めている所でした。     上棟作業はレッカーで木材を二階に上げ   大工さんがはずして手で組み立てていく作業の繰り返しです。 今回は鉄骨を抱かせて補強している部分が多々あるので、 細かい取り合いが非常に難しい様で当日も細かな調整を現場で行っていました。   ↑ざっくり二階まで組み上がったフレームがきれいです。 構造事務所の藤尾さんと大工さん曰く、木造は骨組の状態が美しくないといけないようです。笑 プレカットの打合せの時も、いくつかの方法がある中で迷ったら・・・最後は姿が美しいか美しくないか!でした。 意匠事務所は最後は出来上がりの見た目に拘りますが、 やはり構造系の方と大工さんは軸組みが重要なんですね。 それぞれの立場の職人の拘りがあり面白いです。   ↑ここは二階の分棟になっている部分の渡りになるテラスです。 今は足場がかかっていて分かりにくいですが、足場が取れると気持の良い特別な場所になります。   HSKhouse今後の進捗が楽しみです。 監督さん、大工さん、各職人さんこれらか本格的に始まりますが宜しくお願いします。   (okada)...

SITE2
YNU 0704

CO2WORKS  の新しいプロジェクトのご紹介です。   プロジェクト名は 「 YNU house  」 ヘアサロンのショップを兼ねた店舗併用住宅の計画です。   敷地は名古屋市西区に位置し、周囲には徒歩圏内にCO2WORKSの設計・竣工物件がいくつかあります。 来年の夏、その中に新たに仲間入りする予定です。   現在はファーストプレゼン・セカンドプレゼンを終え、概算見積り中です。 設計はまだまだ始まったばかりですが、YNU house の魅力についてはこのブログで徐々にご紹介していきたいと思います。   今後とも YNU house を宜しくお願いします! (大川)                        ...

Page0001
KTH 0704

KTH house は7月21日の上棟に向けてあわただしく準備が進められています。   現場は基礎の施工真っ只中です。 本日予定していた配筋検査は梅雨の天候不順のため、現場の進行が思わしくなくやむなく延期となりました。 検査は今週末改めて仕切り直しです。   事務所ではプレカットの打合せを行いました。 構造設計事務所、監督さん、大工さん、プレカットやさん、そして鉄骨加工業者さんにお集まりいただきプレカット図を もとに現場の納まりを確認していきます。   KTH house は木造躯体以外にも構造を補強するための鉄骨部材が数多く設計されています。 建て方工事当日の作業に支障がないように各業者間で細かな調整をとっていきます。   そして意匠的な見せ場のひとつ、リビングの片持ち階段のディテールも確認   構造的な方向性はこれで問題なさそうです。 後はリビング全体の空間との関係を整理し、最終的な見せ方を検討していきます。 (大川)    ...