東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | 進行中
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-32,category-paged-32,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

進行中

IMG_1577
KTH 1222

KTH house は昨日、無事クライアントへ引渡しを終えました。 バタバタと手直し工事のなかのお引渡しになってしまったことをお詫び申し上げます。 しかしながら、限られた工期のなかで監督さんはじめ各職人さんには、われわれのワガママにもご理解いただき、 本当に頑張ってくださいました。 いつもに増して関係者の皆様方の支えなしには成し遂げられなかったことでした。 皆様のご協力に改めて心より感謝申し上げます。   KTH house のブログ更新は本日が最後となりますが、 これからは4人のご家族のあらたなくらしの物語がはじまります。 この住宅が家族の穏やかなくらしにそっと寄り添うような、そんな存在になってくれればと思います… ありがとうございました。   (大川)        ...

koa_1222_kosuke yamaya
KOA 1222

今週のKOAは変更案の仕様確認の打合せをさせて頂きました。木材ひとつとっても、同じ樹種でもメーカーさんやグレードによって大きく表情が異なるので、色々なサンプルをとりながら選定していきます。単品で良くても、全体感としてはイマイチしっくりこなかったり、単品ではインパクトが薄くても全体の中ではハマっていたりします。ですので、ひとつの素材を変更するときは必ず全体と合わせて確認し、全体で調整を加えながら狙っている世界観をつくりあげていきます。建築家の隈研吾さんが著書の中でテクスチャーに対して「肌理」という言葉を使っていました。細かな粒子によって構成されている素材が持つ手触り、重み、光の反射、方向性、それらが合わさって肌理として認識され、空間を構成する要素となります。「仕上げ=デコレーション」ではなく「仕上げ=デザイン」を目指している(と言うとちょっと設計事務所のオタク的な領域になってしまうかもしれませんが笑)CO2WORKSではそこを大切にしています。裸足で踏んだ感触、握ったときの量感、柔らかな自然光の反射、ともに年を重ねて深みを増す表情、こういった体験がそこでの時間を豊かなものにしてくれるのではないかと思います。 staff: 山谷 浩介 ...

IMG_2538
hmf1221

hmf着工しました! 昨日より伐採を開始しております。 こんなにスッキリしましたよ。 BEFOR AFTER       来週初めには敷地の形状を整えます。 クリスマスイブは朝からハリきって監理へ行きたいと思います。   okada...

オープンハウス

この3週間の間で3件のオープンハウスを行いました。 年末の忙しい時期ですが、遠くまで足をお運び頂いた皆様ありがとうございました。 次回オープンハウス予定は来年6月頃となります。 日程が決まりましたらホームページにてご連絡させて頂きます。 KOM ブログは「こちら」 HSK ブログは「こちら」 KTH ブログは「こちら」 (okada)...

IMG_2491
YKU1214

基本設計中のYKUhouseです。 昨日早朝から地盤調査を行いました~ ↑まずはやぐらを建てます。朝陽が眩しくて分かりにくいですが・・・   ↑試験深度まで掘削後、試験開始です。 ハンマーにより打撃をして、試験用サンプラーが30㎝貫入するのに 要する打撃回数N値を記録してきます!!!   ↑採取した土。 良い結果がでてくるでしょうか・・・ このまま実施設計に入れるといいですねぇ。。。   okada...

IMG_1521
KTH 1213

KTH house  は今週末に控えたオープンハウスに向けて急ピッチで各仕上げ工事が行われております。   外部の木製建具は製作~現場での設置・調整を終え、残すはガラスの取付のみです↓ こちらは天井、軒裏とおなじ羽目板(レッドシダー)で仕上げられた玄関扉です 引手の加工も完全オリジナルです!実際に建具を動かしながら使い勝手をチェックしていきます。   作業は各職人さんが入り乱れながら、夕暮れ過ぎまで行われております   この日は自主施工の補修作業を行っていたため、最後まで職人さんたちとお供させていただきました。 夕暮れの時間帯になると照明に照らしだされた建物がとてもきれいでした   残すは外構の植栽計画のみです。。。 (大川)...

201211_KOM_05_kosuke yamaya
KOM 1211

KOM completed!! クライアントの多大なご理解と、関係者の皆様のご協力により、良い建築となりました。重ねて感謝を申し上げます。 素敵な新生活のエピソードを楽しみにしております。 STAFF: 山谷 浩介 ...

SNH1211-01
SNH 1211

丁度1年前の今日1stプレゼンを行ったSNH house. 街中に木を建てて(生やし)根元に沿うように家族の場所場所ができる。 木々のすき間を通して仲の良いご家族の場所がつながりあう。 そんな事を考えながら提案させて頂きましたこの建物。   先週末引渡し、クライアント一家のお引越しを終え、今回でブログの最終回を迎えます。   雪のちらつくクリスマスからPLAN確定へ向けての打合せを行い、 担当者のまさかの入院から始まる年明け、 PLANの見直し、金額調整という爽やかな風と共に走り抜ける春、 雷雨までが祝ってくれた雨中の上棟式を迎えたお盆、 建物の仕上が紅葉と共に施されていく秋、 そして方形屋根が雪帽子をかぶる冬の竣工。   1年をともに過ごしたようなSNHですが、 クライアントご夫婦=人生の先輩方によるアドバイス 現場監督さんからのアドバイス 工務店さんチームワークによる丁寧な施工のもと竣工を迎える事ができました。 ありがとうございました。   写真撮影はとりおこなわれていますが、 外構が未だの為、植物が生え揃った頃再度撮影を行わせて頂きます。 これからはクライアントご家族によるSNHの新たなくらしがはじまります。 仲良し家族のくらしが木々と共に穏やかなくらしとなりますように… (Wakahara)...

kyk1210b_kosuke yamaya
KYK 1210

KYKは本日敷地に一日張り付いての屋外検討を予定していたものの、降雪の悪天候により所内検討に切り替えました。さすがに今日は事務所内にいても極寒。あったかスポットを探して所内を転々としながらのジプシー設計チーム。今週はゆとりのある敷地に対して何を基準に建物を配置していくか、スタディを行っています。プライバシーの確保とオープンな中庭の配置を両立できるよう、多数の案を作成しながら可能性を探っています。魅力的な空間が生まれそうな予感はしてきましたが、検討はまだまだこれから。 STAFF: 山谷 浩介 ...

_MG_3248
HSK1209

昨日、引き渡しを迎えましたHSKhouseです。 物件のブログも今回が最終となりました。 関係者の皆様、面や角が多く複雑な形状により大変苦労されたと思いますが 最後までご理解頂き、とても丁寧に奇麗に施工して頂きありがとうございました。 そして、担当者として至らない点も多々あったかと思いますが、 最後まで任せてくださいましたクライアントのHさん本当にありがとうございました。 そして、竣工おめでとうございます!! このHSKhouseでより楽しい生活を送って頂ければ嬉しいです。 また、お庭ができたら写真撮影にお邪魔させて頂きたいと思います! ↓LDK ↓子供室 ↓寝室 okada...