愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | staffblog
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-20,category-paged-20,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

staffblog

KKN0717

台風で雨は降ったりやんだりだけれども、風が強いですね、 ゴーヤさんが風に煽られていて心配です、、。   KKNは基礎の打設に立ち会いました!   既に底の基礎は打ってあるので、立上り部分の打設です。 このように木の板で立上り部分を囲っています。     囲われた中には鉄筋が組まれています。 コンクリートを流したときに、鉄筋が今回は丁度中心になるようになっています。 枠が広がらないように、つっかえ棒のようなものを設置します。       枠がよいならば、コンクリートです。 大きな車が2台! 右側の車がコンクリートを運んできたもので、 左側の車が運ばれたものを受け取り、コンクリートを出していきます。                   管のところからコンクリートを引き、枠内に入れていき、 まんべんなく広がるために、右側の人が持ってる棒のようなものがバイブレータという機械です。 これをコンクリート内に突っ込み、震えさせて均します。                   ただコンクリートを流すだけの段階と、バイブレータを使った時とは全然違い、 バイブレータは振動で型枠内にいきわたらせる重要な役割なんだな、と改めて思いました!   台風で現場が厳しくなるかもしれませんが、 もうすぐ上棟なので、気合入れていきます!   -nonoyama...

SKF0716

本日は台風接近中です。雨が急に降りだしたり止んだりして傘が手放せません。 風も強くなりはじめたので、事務所の植物たちを非難です。 密集しています。(笑) SKFは来週プレカット図の打合せを行います。 プレカット図とは先週もお話しましたが、住宅建築における木工事部分について、 現場施工前に工場などで原材料を切断したり加工を施しておくことです。 この打合せを行う前に、プレカット図を意匠事務所、構造事務所がチェックし、 工務店さんにチェックしたものを送って修正していただきます。 意匠事務所がチェックする内容の1つとして、「化粧柱」というものがあります。 「化粧柱」とは、柱が壁の中に隠れず、表に見えてくるもののことです。 「化粧柱」とすると、節が少なくなる訳ではありません。 節を無節か上小節としていしているのです。この等級は、JASの造作用製材の材面 標準基準で定められています。材料の強度を示すものではなく、見た目の良さを示す ものになります。 見えてくる空間に関わるものなので、柱1本1本も重要な要素になります。 -kojima...

TNS0714

最近は梅雨の中休みなのか暑い日が続きますね。 現場も暑い日が続いているのかと思うと、職人さんたちの大変さがしのばれます。 体調に気をつけて頑張っていただきたいです!   先週のTNSは、造りつけ家具が続々と出来上がってきていました! まずはワークスペースの本棚。 壁一面にずらっと本が並びます。 床から机、本棚まで延長するような印象です。 寸法もしっかりチェックしまして、問題なしです!   そしてこども室棟の2つの高さの床に渡すカウンターが姿を現しました。 階段に座ってお勉強をします。 なかなかない階段の利用方法です! 別方向から見た図。 何だか、何かを家具に見立てて遊ぶような、秘密基地のような印象を持ちました。 どうやって使おうかわくわくするような感じです。   日が進むごとにTNSの面白い空間がたくさん現れるようになってきました。 来週はどのような変化が見られるのか、乞うご期待です! -eiso...

MKN0713

なんだか急に夏らしい暑さになりました。 しかしまだ梅雨明けはしていないんですね。 先週から1階のクラシノネでコーヒーがいただけるようになりました! もちろん通います(笑) 豆やドリップの仕方がやはり違うからなのか・・私が淹れるコーヒーよりすっごくおいしいのです。 それは当たり前なのですが、コーヒーに対して知識の無い私ですら違いを認識することができるでき、 これがコーヒーなのか!と思いました。 こんなコーヒーが淹れられるようになりたいな~と思いつつ、淹れてもらっています。 テイクアウトもできるそうですが、店内でいただくと作家さんの作品に淹れてもらえます! 「贅沢」と思える瞬間を味わえると思います。   MKNですが、今は工務店さんから工程表と施工図を待っています。 工程表とは、作業の各工程を表の形式でまとめたものです。工程の管理をはじめ、作業の流れ を把握したり、作業計画に要する期間の把握といった目的でも利用されるものです。 工程表に書かれた通り工事を進めるために、その工事より先行して決めていかなければ ならないことを判断し、お施主様と打合せを行うために必要なものになります。   CO2WORKSでは、現場にてお施主様と工務店さんと打合せを行っています。 この打合せでは、「確認」を行います。 実際にコンセントが付く位置、スイッチが付く位置、棚の位置などを確認していきます。 やはり図面上の想像での位置と実際の位置では異なるためです。  お施主様との感覚のズレを減らすために大切にしていることです。 -kojima...

KKN0710

  ますます暑くなってきた今日この頃、 私の背後のゴーヤさんに、 7cmくらいの実が2つなっているのを発見しました! ゴーヤチャンプルラッシュが来るのも遠くありません(笑)   KKNはゴーヤの作り方ではなく、 コンクリートの作り方です! コンクリートを打つときは、 レディーミクストコンクリート配合計画書 というものを元にセメント、水、骨材、混和剤を混ぜてコンクリートを作っています。   この配合計画があるので、 雨が沢山降ると水セメント比という比率が変わってしまうため、   雨の日は避けて打っています。 KKNは来週に3度目の打設の予定です!   -nonoyama...

SKF0709

本日も朝から雨です・・・ 梅雨が早くあけて欲しいと思いますが、気温が高くなるのもちょっと・・と考えてしまします。(笑) 現在は、施工図面のチェックをしています。 少し前にもお話しましたが、建物基礎の図面や、金物の図面があります。 SKFは木造の建物なので、プレカット図というものがあります。 建築で言うプレカットとは、住宅建築における木工事部分について、現場施工前に工場などで原材料を切断したり加工を施しておくことです。 こうすることで、工期短縮や現場での産業廃棄物抑制、積算精度の向上などによるコストダウンが図れます。 今はこのチェックに追われている状況です。 -kojima...

TNS0707

なかなか梅雨明けせず、ぐずついたお天気がつづきますね。 雨模様がつづくTNSの現場ですが、今回は洗濯もののお話です。   洗濯ものを干す場所、住宅のなかでメインには上がってこないですが、 生活に密接した大切なところです。 毎回毎回現場検討を繰り返しているTNSですが、、、(笑) 今回も洗濯ものを干す場所を現場で検討致しました。   まずは当初から予定していた1階のテラス部分で位置を検討。 いろいろ位置を検討しましたが、リビングからの眺めに洗濯もの干しの金具が見えてくるのはどうなのだろうか、 景色の見え方を大切にした方が良いのではないかという意見になりました。   そして2階テラスに移動。 2階の手摺りに干すのが、何も金具等が出てこなくていいのでは、 下に洗濯ものが落ちたら拾いに行けばいいのでは(しかし下はかなりの崖です、)という少し無茶な意見も出ましたが、、、 手摺から壁までに斜めに架け渡す、というので落ち着きました。 上の写真は架け渡す距離を測って位置を決めている様子です。 見た目も損なわず、使い勝手も良い洗濯物干し場が見つかりました!       今週のTNSおすすめの一場面です。 階段を登って、床のレベルが1,2,3、、、 1階にもレベル差があるので、この場所は高さの違う床が5つ一気に見える場所なのです! (写真がへたくそで3つしか見えなくて申し訳ないですが、、)   様々な高さを移動しながら生活が展開されていくのがTNSの魅力です!   いよいよ完成も見えてきた?? 来週もTNSの現場の様子をお伝えします!   eiso  ...

MKN0706

本日のブラウン。 やんちゃ盛りです。よく所長の脚にじゃれて遊んでいます。(笑)   MKNはお施主様と一緒にアウトレットに行ってきました。 何のアウトレットかと言うと・・・ キッチンのアウトレットです。売られているものは、展示品だそうです。 そのため、多少傷が付いていたりはしますが、使用する上では問題ないものばかりです。 通常の販売価格の30%OFF程度でしょうか? その通常価格から比べると安くはなりますが、やはり元値が高いので私から見れば高額なものばかりです。 キッチンの他にも、家具などのインテリアが売られていたり、 照明器具が売られていたりします。 普段あまり目にしないインテリアばかりで、見ていて面白かったです。 ブラウンにいいのでは?と思う家もありました(笑) 革張の高級品です。 このアウトレットでは、お施主様が気に入いられてる椅子と同種類のものが見つかりました! 部屋のインテリアも少しづつ決まり始めています。 工事着工はもう少し先ですが、細かなインテリアをこれから決めていきます! -kojima...

KKN0703

7月に入り、雨もまだまだ続いて、むしむし暑い日も増えてきましたね。 わたしの背後ですくすく育つゴーヤさんは、 最近は黄色い花が咲いて、小さい実もつけてきました! 定点観察が最近の日課なので、変化が嬉しいです!笑   kknでは外壁と屋根に使うガルバリウム鋼板使います。 色などは今調整中です。   工務店さんの話によると、 最近は色も種類が豊富になってきて、 鋼板というとギラギラしているイメージですが、 マットな見た目も増えてきたようです!   普段みることのないガルバリウム鋼板の断面です! こんなに薄いながらも家を守ってくれる頼もしいものです!   kknは先週鉄筋を組んだので、 建物の基礎のコンクリートを打設しています。 今回は3回に分けて打設するので、 来週に立ち会います!   -nonoyama...

SKF0702

なんだか蒸し暑い日です。外には日傘をさした方をよく目にするようになりましたね。 本日のブラウンです。 伸び!をしてから遊び始めます(笑) よく動くのでなかなか写真のピントが合ってくれません・・・   SKFは地盤改良を行いました。 地盤改良とは・・建築物などを地盤上に構築するにあたり、安定性を保つため 地盤に人工的な改良を加えることです。 改良方法も様々ですが、SKFでは「柱状改良」というものです。 柱状改良とは・・土の中にコンクリートの柱を作ってしまうことです。 現場に到着すると、背の高い重機がそびえていました。 閑静な住宅街なので余計に異様な光景です。(笑) 現場は構造設計事務所の方のチェックの元行われます。 まずはコンクリートの柱を作る箇所の一部の地盤を空堀して土をチェックします。 構造設計事務所の方に何をチェックするのか、どう判断するのか色々と教えていただきました!   チェックは、掘った土を見て確認、掘っている最中の音で確認、 掘る重機のエンジンの力(トルク値)でしています。 地盤の確認が終わったら・・・ 次にコンクリートのチェックをします。 コンクリートの強度を表す指標のひとつとして、「水セメント比」というものがあります。 コンクリートの主要な材料である水とセメントとの割合です。 (水が多いほど練り混ぜしやすく、型枠にも打ち込みやすい半面、コンクリートの強度は低下してしまいます。) 今回は水セメント比が60%です。 どうやってその比率をだすのでしょうか? まずは赤いタンクに水を溜めます。(600ℓ溜まると自動的に止まるそうです。) その600ℓの水に対して1tのセメントを入れることで、水セメント比60%を出すそうです。 水が溜まったら、クレーンでセメントの袋を持ち上げ・・・ 針のような尖った先の上に少しづつ下ろしてでプスっと穴をあけます。 セメントの粉が飛び散らないようにカバーがしてあります!(これは業者によりカバーがないところもあるそうです。) 徐々にセメントが機械の中に入り、水と混ぜていきます。 この後、改良スタートです。 重機の刃の先からセメントが出てきます。 刃で地盤を堀ながら、セメントを出しながら、土とセメントを混ぜながら行います。   しっかり土とセメントが混ざったら完了です。 この作業を繰り返し行っていきます。 この後、2日程度養生します。 以上で地盤改良の報告を終わります! -kojima...