愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | staffblog
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-2,category-paged-2,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

staffblog

imc0630

雨が降ったり止んだりの落ち着かないお天気ですね。 dNbの周りの育ち盛りの植物たちは嬉しそうにしています。   imcは2階の大開口にガラスが入りました! ずっと塞いでいた雨避けのブルーシートが必要なくなったので、 内部がとっても明るくなりました。 代わりに、屋外と同じくらい吹いていた風が入らなくなったので、 ずっと動いている大工さんにとっては少し暑いようで、 サーキュレーターを回して作業しています。 最初の写真の上側に少し写っている2階と3階の隙間は、 物が落ちないよう、粉塵が舞わないよう、 ブルーシートで塞いでしまっていますが、 そこが空いたら風が上階へと抜けていくので、涼しくなるかと期待しています!   3階は薄い壁がたってきました。 imcはそれぞれの個室にはドアを設けず、 高さ1.9mの壁で仕切ります。 1室ずつの面積は広くないですが、 薄壁の上部や廊下と接する一面が開いているので、 狭さを感じにくくなっています。   写真では伝わりにくいですが、個室が仕切られてきたので、 体感としては住宅のスケールになってきて、 少しリアルな暮らしのイメージに近づいてきたかと思います。   -nonoyama...

has0627

今回のBlogでは現場の確認事項について書いていこうと思います。   現場でクライアントさんや職人さんと打ち合わせをして、どう作るのかを決めていくことも設計者の仕事ですが、 職人さんによって作られたものが図面通りにできているかを確認することが 現場監理時の設計者の仕事です。   最近のhasは外壁周りや床の下地が施行されていっています。   外壁の下地で大切なことの一つが防水の処理です。 もし外壁の仕上げの隙間から雨水などが侵入してきた場合、 大切な骨組みまで水を通さないことが大切になります。   この間サッシがつき、その周りの防水処理の様子です。 銀色の紙が防水紙で、外壁全体を覆っています。 それとサッシの間に見える黒いテープが両面防水テープです。 サッシの隙間を塞ぐとともに、防水紙を密着させる役割があります。 しっかり施行されています!     hasはどこまで内部?どこから外部?と曖昧な住宅なので、 防水紙がしっかり外部部分に施行されているかも確認しなければなりません。   手前の微妙な段差がついている部分が内部と外部の切れ間なので、そこを超えて防水紙が施行されていることを確認。 その他の間違えやすい部分も確認していきます。   防水は見えなくなる部分ではありますが、建物の性能に関わる大事な部分なので、 しっかり確認していきます。     そして確認後に帰る前にちょっと引きで見たhas。   密集した中に建つ小さなスケール感が街とあっているなーと再度確認。 そして敷地形状が入り組んでいるので、どこから見ても全体像がわからない。(笑)   竣工写真はドローンでの空撮が必要なのでは、、、!と今から考えています。(笑)   -eiso...

imc0623

すっかり暑くなってきましたね。 打合せのときは、お施主様が差し入れを持って来てくださるので、 職人さんたちはスポーツドリンクを飲んで、休憩を挟みながら工事を進めていってくれています。   打合せではキッチン周りを確認していきました。 キッチンの引き出しに使うオークの突き板。 右のすっきりとした柾目にするか、左の綺麗過ぎず木感が出る板目にするか、、 もう一つ、こんなのものありますよと、 工務店さんが大きな一枚ものを持って来てくれました! 赤身と白身が一枚になっているものです。 隣合う引き出しに、つながるようにこの模様を出したら、 一本の木に見えて相当インパクト大!! 今回はインパクトが強過ぎてしまうということで 板目にしましたが、、 お施主様も私たちも、普通ではめったに見られない材料で興味深かったです。   こちらはハンギングシェルフの実験の様子。 手が届いて、頭が当たらなくて、使いやすい位置は、、、 と、実際に使うことを想定しながら決定しました。 暮らしたときに、もっとこうしておけばよかった、 ということをなくすために大事な行程です。   少し余談ですが、 ものを作ることが好きな奥様は、大工さんの道具にも興味津々。 電動ノコギリが置いてあったので、 現場監督さんに、端材を使って実演してもらいました。笑 知っている電動ノコギリよりも、高性能になっていて、 きっとめったに使わないだろうけれど、 欲しい〜と奥様と私で感動していました。   下の写真はimcの正面からみたものです。 この方向からみると、3階が左右に飛び出しているのがよくわかります。 2階の外壁の塗装はもう少し先になりそうですが、楽しみです!   -nonoyama  ...

has0620

梅雨に入りましたが、カラッと晴れた気持ちのいいお天気が続きますね。 暑いですが、梅雨の時期で工程が進まない!ということには陥らないので 現場としてはありがたいです。 ですが今週半ばから雲行きが怪しくなるようですね、、。   hasは先日現場打ち合わせを行いました。 今回の打ち合わせのメインは外壁に張るガルバリウム鋼板の施工方法です。   hasの構成は3つのハコとそれをつなぐ下屋、という構成です。 白い部分がハコ、ゴールドの部分が下屋です。   3つのハコをつなぐ下屋の部分は内部なのですが、 ハコとして見える部分なので、外壁材であるガルバリウム鋼板で内部の壁も作ります。 例えば、この写真の右側の部分や正面の壁などです。   ガルバリウム鋼板は1枚の大きな板なので、加工が難しいです。 ですが、hasには加工を頑張らなくてはいけない難所がたくさん、、、!   例えば 庇を支える方杖の部分。 入り組んだところにガルバリウムを貼るのは、その部分だけ切断しなければならないので大変です。   難しいところの知恵を板金屋さんに貸していただき、 1箇所1箇所納め方を考えていきます。 寸法を測り、納まるかどうかを確認している様子。 屋根の時もそうでしたが、職人さんのプロの知恵によって綺麗に納まっていきます。   私も横からわからないことを質問しながら、次回以降の知恵に加われるように勉強させていただいています。     さて、最初に天気の話題を出しましたが、 いよいよ外壁の施工だ!となったところで雨が降り出すようで、、。   早く外壁をblogで紹介したいですが、もう少しかかりそうです。   -eiso        ...

imc0616

本日はスタッフの永曾さんの誕生日! なので、この後腕に縒をかけてお料理を用意しようと思います。 食後は無礼講の超アグレッシブカラオケです。笑   imcはスチールの建具がつきました! ガラスは入っていないためまだブルーシートで覆われています。 格子状に桟を入れてもらい、カッコよく仕上がっています! 黒く塗装して、ガラスも入れたらさらにカッコよくなりそうなので楽しみです。 リビングとなる場所で現場監督さんと打ち合わせ。 設計事務所としてどうしたいかということを、実物の金物を用いて伝え、 どうすれば上手く施工できるのかを教えてもらいながら決めています。 経験のある方とお仕事できてありがたい限りです、!   3階はフローリングが張られてきました! オークのフローリングが綺麗に敷き詰められています。 いよいよ仕上げの化粧材が施工されてくるため、 傷や汚れがつかないよう、一層注意をしなければならないので、、 材料の置き方が工夫されていました、!笑 即席でこう言った架台や作業台を作って場所を確保していっているのは、 さすが大工さんだなあと、現場に行くといつも感心します。   -nonoyama...

has0612

hasは現在構造の工事が終わり、 仕上げに入る前の下地を組む工事を行っています。   現場の進みが目に見えてこないような作業中であるので、、 今回は現場での職人さんたちとの打合せについてお話ししようと思います。   hasには外部・内部ともに木製の建具が多く使われています。 木製建具の枠について現在職人さんと打ち合わせをし、決定をして行っています。   枠一つとってもその建築の性質が現れてくる場所なので、 設計者の意図を伝えて、職人さんと作り方を検討していきます。 枠を検討している詳細図です。 一つ一つのドア・窓に対して見せ方・作り方を伝える図面を書きます。   どんな厚みの材を使うのか?何で塗装するのか?雨仕舞いなどはどうなっているか? などを伝えられるようにします。     図面に対して職人さんのご意見をうかがっています。 特にどう作るのか、に対して職人さんのご意見を伺うと、 実際作るときに難しい点・できない点・もっとこうした方が良いのではないか、 という点がわかります。   未だわからない点が多くあるので、見習い設計者としては学ぶことが多いです。   監督さん、大工さんが逐一見え方や作りかたを確認してくださるので、 hasについて深く考える機会が多く、 日々バージョンアップされていきます!   -eiso  ...

imc0609

青空に白くパキッとしたボックスが映えてかっこいい、、!! imcは引き続き内部の下地を組んでいます。   imcの主要な壁は、構造となる門壁、内と外を隔てて覆う壁。 その他の壁は、“役割を持った壁”感を失くすため、 あえて簡素な作りとしています。 ここでいう簡素な作りとは、 柱を細くし、規格化されている合板で仕上げ、天井まで到達しない低い壁にしています。 写真の壁も“その他の壁”の一つ。 細い柱と胴縁で綺麗なグリッドを組んでいます。 薄い壁といっても内側では細いながらも壁を形成するための構造を組んでいます。 図面上では細く薄く、心許なさそうでしたが、 実際に組まれて接合された骨組みは力を加えても揺れにくく見た目より頑丈でした! 一安心。   この写真は3階のトイレから廊下を見ているところ。 imcの勾配のある天井で一番高い場所なので、天井高さが3.4m程あります。 天井高さが高いときは平面的にも広い空間であったり、 幅が狭かったら天井高さも低くしたりすることが多いので、 この廊下のように幅が狭く天井高さが高い空間は 住宅では見慣れないプロポーションかと思います。 それ故にか、写真の所長が小さく見えます。笑   imcは良い意味で住宅っぽくないところが多く、形になっていくのが楽しみです!   -nonoyama...

imc0602

imcは外壁のガルバリウム鋼板が張られてきています。 外から見ると、ぐっと完成形に近づいて見えてきました!   2階部分の外壁は左官なので、もう少し先です。 少し前に色味を決定しました。 外壁なので、室内の光ではなく実際に外の光に当たったときに どういうふうに見えるかを確認するために、 地面に並べて比べました。 写真で見ると同じ色に見えますが、、笑   門壁の2階部分は、 内と外の境目となる壁があります。 手前がリビングの室内側で、 写真中央の壁の奥側が軒下の外部です。   同じ門壁を裏表でパキッと色を変えてしまうのではなく、 一枚の壁のように見せるために、内と外で同じような色にしたいと考え、 工務店さんに、内壁の左官サンプルを作って頂きました! 外壁のサンプルと並べて比べてみています。 (額の中のサンプルはまだ乾いていないので濃くみえています、、)   ついでに、余った材料で左官体験をさせてもらいました!笑 私たちが話している間、奥様は黙々と塗りつけており、 器用でとっても上手でした。   そして、奥様のこだわりポイントとして、 キッチンの壁にマグネットがつくようにしたい! ということで、こちらも工務店さんに頑張って頂きました! 軍手がマグネットでくっつけられています! 他の門壁と同じモルタル風の左官仕上げで、 一部だけマグネットがつけられるようにする予定です。   現場では設計者として指示や監理をしますが、 実際の納め方や新しい材料などに関しては、 施工者の方々の培ってきた経験から、たくさん学ばせて頂いています!   -nonoyama...

imc0526

まだ5月と思っていましたが、だいぶ暑くなってきましたね。 そんななか現場では職人さんたちが丁寧に仕事してくれています! バルコニーに面する窓の防水中。 屋根がかかっているバルコニーですが、 風圧によって水が巻き上げられて入りこんでくることも防がなければならないので、 細かいところまで丁寧に塞いでいます。 普段見ることもなく、見えていても気にかけないかもしれませんが、 当然窓だけでなく、写真のような室外機の配線など、 内部と外部が貫通している場所は注意して施工しています。   内部は断熱材が充填され、壁がと天井が形成されてきています。 門壁の連続感も出てきました! 上の写真の左側の廊下が下の写真。 天井が張られてきたので、廊下から外部へのスパッと抜けている様子が一層感じられます。 上の写真の真下の2階廊下はこちら。 2階も廊下から外部へ抜けて、テラスへと連続しています。   壁の右側が屋内、左側が外部の軒下。 深い軒下へと連続感が出るように、 廊下の天井と軒天の高さを合わせています。   暑くなってきましたが、 imcは隣地が駐車場で逆隣も半分は庭なので、風通りも良さそうです! -nonoyama...

has0516

hasは先日上棟を迎えました! 雨などで日程が度々延びてしまいましたが、やっと上棟です。 寝室棟から見た様子。 hasは2面道路に面していますが、それぞれの道路から見た時の印象は違ったものになるかと思います。 ですが、どちらから見ても街に馴染んだスケール感になっていることを上棟で実感しました。 もう一方の道路から。 こちらからは平屋に見えます。 hasは構成は単純なのですが、棟をつなぐ下屋の部分の屋根など 屋根の造りが難しいです。 大工さんたちからは、柱・梁までは簡単だけれど 屋根が通常の何倍も難しい!とお叱りを受けました。(笑) 難しい納まりで心配だった部分は念入りに寸法の確認もします。 確認作業の合間に空間体験も。 3つの棟が中庭と下屋を介してつながる形がよくわかります。   夕方になりましたが、難しい屋根の施工は当日中には終わらず、、 次の日に持ち越しです。   よく考えると設計の過程で3つある棟の屋根の構成を全て変えてしまい、 かつ下屋の屋根もあるので 4つの屋根を作らなければならないのです。 それは時間がかかります。 大工さんに大変申し訳なく思いながらも、それぞれのキャラクターが出た屋根たちに満足する設計者です。(笑) 重機の必要な工程までなんとか終わらせて作業終了です。       先日、所長と「hasは鍋でいうと水炊きみたいだね」と話していました。 水炊きのようにシンプルな建築、という意味で考えていてのですが、 シンプルな美味しい水炊きを作るためには材料にこだわり、美味しい出汁をとるための仕込みが必要であったり、 シンプルさを引き立てるための工程が数多くあるのと同じように、 hasも難しい納まりが各所にあり、建築を作るための試行錯誤が多くある建築だなと思いました。 実際、上棟が終わってから毎日現場の方と最善の納まりについて検討中です。 その試行錯誤の後が、さらっとなんでもないように馴染む様を作らなければいけないので、水炊き建築は難しいです。   美味しい水炊きを作れるように頑張ります!   -eiso...