愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | staffblog
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-17,category-paged-17,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

staffblog

MKN1005

MKNの現状はこのようになっています。 土台が入りました。 この写真では、建物の古い部分と新しい部分の違いがよく分かります。 新築の工事では見ることができない組み合わせです。 この写真は、水廻りです。 RCの建物に木造が増築されています。 この写真は改修工事ならではだと思います。 天井面から2本の線が出てきています。 その線が柱を這いながら真中に出てきています。 解体前は、ここにスイッチありました。天井も勿論仕上げがあるので、 配線は見えてきません。解体して、はじめて分かる部分です。 このような発見も、改修物件の興味深いところです。 -kojima  ...

KKN1002

KKNの一番の見どころである、 2Fの大開口に窓ガラスがはめ込まれました! ここの窓の部分は窓の上部が斜めに上っている梁に合わせているので、 一つ一つ違う形の台形の窓ガラスとなります。 その特注のガラスが届いたので、専門の職人さんが丁寧にはめ込んでいっていました。 そしてはめ込まれた窓からの風景がこちらです! 大きな窓から、前面の公園の緑を借景しています。 横長の窓一面いっぱいに緑が入り込んでくる眺めになっていました! 下部は2階の床面より少し高めになっており、 少しの立ち上がりのある壁で、前面の道路が眺めたときに入り込まないような高さにしています。   外から見るとこのようになっております。 2階部分は、大きな窓に屋根がかかっているように見えてきます。 白い部分はまだ壁の中の断熱材が見えている状態で、 これから木の羽目板が貼られていく予定です!   -nonoyama...

SKF1001

本日のSKFも雨が降っています・・・ 私が現場へ行く度に雨が降っている気がしてなりません。 現状の外観はこのようになっています。 SKFの現場にもようやくCO2WORKSの看板が入りました! 現状は、壁面に断熱材が張られた状態です。 上記の写真は、トイレになります。 外部に面する開口以外の壁には断熱材が張られます。 リビング・ダイニングにも断熱材がもちろんあります。 チェックする時には、断熱材と断熱材の間に隙間がないかチェックします。 人 SKFを担当してくださる監督さん、棟梁、職人さんのおかげで着々と前に進んでいます。 毎回様々なことについ教えてくださり、学ばせてもらっている最中です。 -kojima    ...

MKN0928

MKNも少しづつではありますが、順調に進んでいます。 連休明けから、木工事が開始です。 職人さんが基礎の上に土台を載せています。 横から見るとこんな感じです。 左下部分の基礎が欠けているのは、人通口があるためです。 人通口とは、床下の点検をするために部分的に基礎の立ち上がりに人が通れるように設ける開口のことです。   MKNの今回の打合せでは、テーブルの天板の色味を決めました。 空間のイメージから、色味はグレーです。 木目に白を入れてもらいました。 想像以上にいいのではないでしょうか!今から完成が楽しみです! -kojima...

KKN0925

KKNは一部、室内側の仕上げの方にも入り始めました! 2階にフローリングが貼られてきています。 こちらはオークの幅が広いものを使用しています。 この部分は大きな窓の近くということで、 日射からの熱の影響が考えられ、 一枚ずつの微小な変形がどうしても現れることがあります。 一枚の幅を広くして、枚数自体を少なくすることで、 全体にみられる変化を軽減しています。   と、いうことも考えてはいますが、 実際に過ごす分には見た目が気になってくるかと思います。 2階は幅が広いことで、ゆったりとした空間になることを想像しています。   一方、1階は幅が狭くて細長いものを貼る予定で、 KKNの特徴的な長手方向の方向性を作っていきます。 写真はまだ構造用合板が横側に貼られていますが、 縦長になることで、スパッと抜ける空間になります!   そうやって、フローリングは色や樹種だけでなく、 幅のことも考えて選んでいるのです。   また、室内干しのときに使用する、ハンガーロープをかけるための金物の位置を検討してきました! 実際にどの高さがかけやすいか、 洗濯物をかけたときに下がってきて手すりに当たらないか などを考えて決めてきました。 これは不要なときには外せるので、大きな窓の邪魔はしません! 今は窓をふさいでしまっているブルーシートは、 もう少し工程がすすんで、窓ガラスがはめ込まれれば外せます。 KKNの見どころの一つなので楽しみです!   -nonoyama...

SKF0924

もうすぐ10月ということもあり、なんだか肌寒くなってきました。 SKFの監理の日は何故か雨がパラパラ降ります・・・ 今週は、お施主様と一緒にコンセントとスイッチの確認です。 家の中を歩き回って確認していきます。 (上の写真からも分かる通り、今は断熱材を壁に張っています。) 一通りスイッチのコンセントの位置を確認したら・・・ 次は棚の確認です。今回は可動棚か固定棚かの確認をしていきます。 天井の高さや窓の位置を確認しながら、棚について説明します。 そして最後に、外壁の色味の確認をしました。 SKFで使用する外壁は2種類あります。 木と吹付け塗装です。 吹付け塗装の色味は、木の色味と合うように少し黄味がかったモノを選んでいます。(写真の右のモノを使用します。) 「白」と言ってもたくさんの種類があるので、実際のモノと見比べて決めていきます。 -kojima...

KKN0918

先日CO2WORKSの物件で、絶景テラスをもつ家のオープンハウスがありました。 テラスいっぱいの緑で、いつまででもくつろいでしまうような気持ち良い場所でした!   が、しかし、 景色の良さはKKNも負けていません! KKNの場所は、市街化調整区域という地域で、 字の通り、市街化を抑制している地域です。   そのため、周りには建物が少なく、緑が溢れている場所なのです。 そのうえ、KKNの道路を挟んだ向かい側には大きな公園があります! これはKKNの屋根から撮ったものです。 これでもかというくらい生い茂っている景色を、 借景として取り込むための大きな窓があるので、そちらからの眺めに期待です! (まだガラスをはめていないため、シートで覆われていて、今はまだ眺めれないです、、、)   他の方向の窓からの景色にも緑がたくさんです! 施工中の内側から、断熱材と緑の不思議な景色です。笑   取り付けたばかりの窓から、のどかな場所が眺められます。 足場越しの緑と空がまぶしいです。笑 気持の良い住まいにどんどん近づいていっています! これから内部も進んでいきますので、ご期待です!   -nonoyama...

TNS0915

9/6、12、13の3日間にわたるオープンハウスが終了しました。 ご来場くださったみなさまありがとうございました。 たくさんの居場所がある家なので、 皆さんがそれぞれお気に入りの場所を見つけて下さっていたらうれしく思います。   さて、オープンハウスと時を同じくして先週はお施主様への引き渡しの日でした。 半年間にわたっての工事が終わり、とうとうお家がお施主様の手に渡る、、、 なんだかとても感慨深かったです。   所長からお施主様へのご説明。 CO2WORKSからは住まわれてからのメンテナンス方法とこれまでの監理報告書をお渡しします。   工務店さんからのご説明。これまで施工されてきた工務店さんからお施主様にお家が引き渡されます。 工務店さんには私たちCO2WORKSもたくさんお世話になりました。 素敵なお家に仕上げてくださり、感謝です。   これからお施主さまご夫婦が住まわれて、TNSのどのように変化していくのか、、、 楽しみでしょうがありません! TNSのこれからの暮らしを考えていくだけでわくわくしてしまいます。     現場のほうのブログでの報告はこれが最後になります。 来週は私のTNSの設計監理の思い出やTNSの好きなところをお話しするブログをかければと思います。 もう少しTNSブログにお付き合いいただければとおもいます! -eiso    ...

SKF0917

SKFの現場は床の合板が張り終わったところです。 床の合板が張り終わると、建物内に入る時用の靴を持って行きます。 色々と内部を見て周るので、スリッパではなく靴を使用しています。   今回は、実際にスイッチやコンセントが付く位置に印を付けていきます。 実際の生活をイメージしながら、使い勝手のチェックです。   CO2WORKSでは、スイッチの高さを床面から90cmの位置にすることが多いです。 しかし、標準的な位置は床面から110cm程度の位置です。 あえて低い位置とするのは、視界にあまり入らないようにしたいと考えているからです。 -kojima  ...

MKN0914

MKNもようやく工事が開始しました! 現状の状態は・・・ このような感じです。 基礎をつくっている段階です。 新しいモノと古いモノが混在しています。 それに加えて、上の写真はコンクリート造と木造と鉄骨造の3種類の建て方が混ざっている状態です。 改修工事でもなかなか見られないのではないでしょうか。   MKNでは、1つ大きな家具が入ります。 それはダイニングテーブルなのですが、色々と打合せをして決めています。 実際に現場に搬入されるのは、もっと工事が進んでからになるので、どのようなテーブルなのかは その時に載せたいと思います。 搬入はまだまだ先ですが、職人さんにつくっていただくので早い段階で決めていきます。 -kojima  ...