愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | staffblog
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-12,category-paged-12,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

staffblog

千代田の集合住宅 0329

あっという間に3月も末ですね。 千代田の集合住宅も設計をはじめて4ヶ月近くたっています。 そう考えると、月日が過ぎるのは早いです。   先週はお金のお話で税金のお話をさせていただきました。 今週は集合住宅を建てるにあたってかかる費用についてお話ししようと思います。   ちょうど、先週から集合住宅を建てるにあたっての費用の概算をクライアントの方にお伝えするための資料を作成しました。 それがこちらです!                             建物の金額から、かかる税金、水道を引き込むときの負担金に至るまで、 集合住宅の建設にかかるお金を予測してお伝えできるようにしています。 あくまでも予想なのですが、、 ご提案する案を建てる際に、建設費だけではなく、 どのようなお金がかかってくるか、事前に把握していただけるように作成しています。   トータルでどれくらいかかるのか、その上で収支はあってくるのか、 そこまでデザインをしていこうと考えています。   次週はお金のなかの最も気になる部分(笑)であります、 収入と利回りの部分に関してお話ししていこうと思います!   -eiso  ...

imc0325

imcは、クライアントの方に様々な案をご提案させていただいています。   少し広めの土地に対して、 周りの状況や環境、暮らし方など様々な要素を考え、 1/100や1/50の模型などを用いて配置を検討しています。 写真は現在の案よりも前段階のスタディ模型です。   そこからクライアントの方の暮らし方を想像し、 様々なプランを検討していっています。   まだ検討段階のため、 方向性が固まってきましたらもっと詳しくお話ししていきたいと思います!   -nonoyama...

imh0324

本日から、imhのブログをはじめます! 今、imhは実施設計の真っ最中です。 実施設計の様子は、次回にお伝えしたいと思います。 今回は、imhの概要についてお話しします。 imhの地階1階、地上2階の3階建住宅で、構造はRCと木造の混構造です。 お施主様は、7人家族の大家族です。 上記の話から、広い面積を想像されると思いますが...

千代田の集合集宅0322

だんだん暖かくなり、完全に春の陽気となってきました。 昨日桜並木を歩くことがあったのですが、ちらほらと桜もさきはじめていました! 千代田の集合住宅の設計を本格的に始めたのが、12月の寒い時期だったので、、 時の流れがはやいなあ、と実感しています。   しばらく千代田の集合住宅ブログをお休みしてしまい、申し訳ありませんでした。 今週からまた再開させていただきます。 今週は、前回予告しました、「税金のはなし」です。 お金のはなしで、 「なんでまず税金の話から?」 「そんなに大事なこと?」 と疑問に思われるかもしれませんが、 賃貸の集合住宅を建てると、実は、土地の相続税が節税になる!という大きなプラスがあるのです。 また「賃貸の集合住宅であること」によって、建物の相続税、固定資産税、都市計画税、不動産取得税なども減税されます。   集合住宅を建てることによって、本来多額にかかってしまう相続税が減額されて、減る、もしくはゼロにすることができる、ということが、賃貸住宅を立てるメリットとなり、 現在賃貸住宅を建てられる方の主目的となっていることが多いです。   また、賃貸の集合住宅を建てるにあたっての必要な税金に以下のものがあります。 そしてそれぞれの税金がかかるタイミングはこのような感じです。 これらの多様にかかる税金が、賃貸住宅を建てると減税になり、ということもあり、 税金関係では、集合住宅を建てやすい環境が整っている、と言えます。     CO2WORKSは設計事務所なので、お金の ことに関してはプロではないのですが、、 集合住宅を建てることのメリット、おおよそかかるであろう金額等を予想して、 設計案プレゼン時、ご相談時にお話ししています。(あくまでも予想ではあります。)   設計案や、収益を得るための企画だけでなく、集合住宅を建てる上でのメリット等も含めて 全体として「集合住宅」をデザインしていこう、と考えて、CO2WORKSは設計を進めてます。   -eiso      ...

imc0318

まだまだ寒いですが、少しずつ暖かくなり、 新しい季節の訪れが感じられるようになってきました。   CO2WORKSでは新しい物件もブログの仲間入りです!   imcは地下鉄の駅から近く、利便性の高い敷地です。 周囲は集合住宅が多く、今後も人口が増えて行くことが予想される、 更新されていく街にあります。 いそんな中、今回のプロジェクトは少し珍しい「駐車場併用住宅」です!   1階部分を自分達の駐車と、貸し出し用の駐車場に充て、 2、3階部分を住居とするものです。 駐車場部分の見込み収益を建設費に充てるため、 建築に対しても、暮らしに対しても可能性が大きい都市型のプロジェクトです!   なぜそのプロジェクトになったの?どんなところがよいの? などは、おいおい小出しにしていきたいと思います。笑   現在は外形も決定しておらず、ご提案させて頂いている段階で、 たくさんの可能性を探りながら、検討を行っています。 いつもとは少し違った住宅になるので、乞うご期待です!   -nonoyama...

SKF0312

2月20・21日にオープンハウスを行いました。 多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。 また、2 日間オープンハウスを行わさせていただき、ありがとうございました。   SKFは、私が担当させていただきました新築、木造の最初の物件です。 振り返ってみると、夏に土地探しに同行させていただいたり、敷地が更地の状態の時に縄を張って大きさを確認したりと初めの頃の事を直ぐに思い出すことができます。 こうして建物が完成すると、多くのことを学ばせていただきました。 モノを完成させるためには多くの工程がありその工程には多くの方と協力して作っていることを教えていただきました。良いものをつくるために、お施主様、設計者、作り手が同じ方向を向いて作っていくことが本当に大切だと思います。 新しい生活の第一歩めに関わることができたこと、完成まで立ち会うことができたことに感謝しています。 -kojima  ...

千代田の集合住宅0223

先日SKFのオープンハウスがあり、スタッフも土日に分かれてお手伝いしてきました。 ご来場くださった皆様ありがとうございました。 普段マンションの設計をしていると、住宅であったり、平屋建てであったり、普段考えている建築ことと全く違っていて、違った視点で見ることができることが新鮮で、とても楽しい時間を過ごすことができました。 千代田の集合集宅は、集合住宅、クライアント様の住居、猫カフェ、と3つの要素が複合された建築です。 設計を進めていくと、こっちを進めたらあっちに矛盾ができて、あっちを進めたら、こっちが立ちいかなくなって、、と一進一退を繰り返しております。(笑) しかしだんだんと姿が表れてきていて、毎日わくわくしながら楽しく設計を進めています。   今週の千代田ブログは、企画の中でも皆さんが気になるところ(笑)、お金のお話をしようと思います。 集合住宅を考える上での「お金」は、「出ていくお金(支出)」と「入ってくるお金(収入)」の大きく二つに分けて考えられます。   入ってくるお金は、もちろん集合住宅の家賃です。それに加えて、駐車場があれば駐車場料金、あとは共益費や敷金なども収入として入ってきます。 出ていくお金は、大きく分けると「マンションを建てるためのお金(工事費や設計料など)」と「税金」となります。 集合住宅のお金の話ではこの「税金」がかなり重要なキーワードになってきます。   集合住宅の企画では、この入ってくるお金と出ていくお金両方について考え、そのちょうどバランスのいいところをクライアントの方に提案することをしています。 一回でお金のお話を全てするのはかなり長いブログになってしまいますので、、 来週から数回に分けてお話ししたいと思います。 来週は「税金について」です。 では来週も千代田の集合住宅BLOGをお楽しみにしてください。   -eiso  ...

MKN0222

MKNは前回と引き続き内壁塗装中です。 ようやくここまで進みました。 どこが進んだのだろうか?と思われるかもしれませんが、先週から変化があったところは壁です。壁が白くなりました。 これは仕上げではありません。下塗りの状態なので、まだまだ工程は続きます。 この状態から、仕上げの塗料を2回塗って完了となります。 なぜこんなに時間がかかっているの?と思われるかもしれませんが、 MKNの塗装はお施主様が塗られているからです。 「塗装をすることが今の楽しみ!」と言っていただいています。 時間を見つけて少しずつ塗装をしていただいていますが、塗装する面積は、約380平米もあるのです。 全ての塗装完了までにはまだまだお時間がかかりますので、ここでMKNのブログはしばらくお休みいたします。 塗装完了後、ブログは再開です! -kojima    ...

SKF0218

SKFのオープンハウスが近づいてきました! 多くのご予約をいただき、ありがとうございます。   今回は、オープンハウス前最後のブログなので、SKFで見ていただきたいところについてお話しします。 SKFは寝室、水周り、キッチンと3つの区切り(箱)をつけたコートハウスです。(コートハウス:建物や塀で中庭をもつ住宅) 見ていただきたい点は光の入り方です。 SKFは天窓、ハイサイド窓、地窓と様々な窓を設けています。窓毎に光の入り方に変化があるので、そこに着目していただければと思います。「気持ちよく目覚めそうな明るさだ」など、暮らしを想像しながらご覧下さい。 -kojima    ...

千代田の集合住宅0216

千代田の集合住宅は基本設計の真っ最中です。 現在は外観や各階エレベーターホールなどの共用部を中心に設計を行っているのですが、、 なかなか悪戦苦闘中です。 特に外観は集合住宅の印象を決めてしまうところになるので、 「こんなところに住んでるなんて素敵!」と思われるような、未来に住まわれる方の自慢になるようなものにしなければならないわけです。 間取りも大切ですが、外観はその集合住宅の価値を決めるかなり重要な部分を占めているのです。   企画の段階でも、集合住宅のどんな集合住宅に価値を感じて、人は借りているのか?について考える部分があります。 その地域の集合住宅の需要を探るために「不動産調査」を行います。 不動産調査には大きく分けて2つやることがあります。 実際に不動産屋さんに赴いて地域の需要を聞く「不動産屋調査」と その地域にある集合住宅の位置を調べて地図にプロットする「物件調査」です。   不動産屋調査では、複数の不動産屋さんにお話を伺い、その地域で需要のある間取りや、 どのような層の人が物件を探しているのかなどを調査します。 そしてその地域で実際に人気のある物件の人気の理由なども探ります。 「不動産のプロ」のお話を聞くことで、そこに住む人の像がかなりはっきりしてきます。   「物件調査」では敷地の周辺にある集合住宅の分布を調べるために、 その地域にある集合住宅を「すべて」地図上にプロットします。 これが、、、実はかなり骨の折れる作業となります。 調査方法はGoogleのストリートビューで街を歩いてみて、一軒一軒見極めていく、という方法になります。 すべての通りを歩かなければならないので、、作業量は膨大です。 調査を手伝ってくれる学生さんたちは、その街についてかなり詳しくなります。(笑) 一人暮らし用のアパートと家族世帯向けのマンションの色を分けてプロットします。 こうすることで、どのような世帯が多く住んでる街なのか、その街の特徴が見えてきます。 集合住宅が多い場所や、極端に少ない場所もあって、 プロット図を用いて分析すると、街に対して新たな発見がかなりあります。   不動産調査は街の需要を知るためのとても大事な調査です。 CO2WORKSではプロジェクトのかなり早い段階から調査を進めて、街の全体像を把握するのに役立てています。   次回は、企画の「お金」に関することについてお話したいと思います。 -eiso...