愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | staffblog
51
archive,paged,category,category-staffblog,category-51,paged-10,category-paged-10,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

staffblog

imc0701

7月に入りとても暑くなってきましたね。 dNbの1階は、まだ外よりも涼しいので、 エアコンの出番はもう少し先になりそうです。   imcは先週末に実施設計の打合せを行いました。   CO2WORKSの実施設計の打合せは、 一通りの主な図面と1/30の模型を用いて行います。   互いに細かくイメージを共有できるように、 1/30の模型はテクスチャーも表現しています。 そして、前回の模型に引き続き今回も、 模型用植物に紛れて、本物の植物を植えています。(笑)   imc in dNb↓ 模型の写真から見るimcのポイントを2つご紹介しようと思います。   前回より少し変わって、 3階の南側(写真正面)の一部が飛び出しています。 この部分は、内側からみたときに、ちょうど腰掛けられる高さにあり、 天井高も1.35mと腰掛けられる程度の高さ設定で、 出窓のようになっているウィンドウスペースです。 3階に並列する各個室と対応するように、3つに文節されているため、 窓際にある棚に本を置いたり、飾ったりできる自分専用のスペースになります。 南側からの光をたっぷりと受けながら本を読むことができるような、 一人でくつろぐには気持ち良い空間になっています。   もう一つは、2階の大きな開口部です。 写真は南側からみたときのもので、 ダイニングとリビングが窓越しにうっすらと見えます。 (反射していますがわかりますでしょうか、?)   東側(写真右奥)にも同様に、同じ高さの開口部があり、 2方向に抜けているので、とても開放感のあるリビングです。 両方国に大きく開放されているけれど、 周囲は植物に囲まれているので、落ち着ける空間になっています。   私も植物を育てながら住みたいな〜としみじみ思います。笑   クライアントの方はとても楽しみに待っていてくださったようで、 今回の大きな模型と細かく設計されてきた図面を用いてお話しできて、 とても楽しいと言ってくださいました、、! 打合せが楽しいと言ってくださるのは本当に嬉しいです。 喜んでくださる姿を想像して もっと良くなる方法を考えていきたいと思います。   -nonoyama...

imh 0630

お久しぶりのimhブログです。 長い間お休みしてしまい申しわけありません。 今週からimhの様子を毎週お伝えしていきます!   imhは現在実施設計が終わり、見積期間中です。 設計期間が終わり、ようやく住宅の全貌が見える様になりました。 今回は外観のイメージパースをお見せします。 じゃん! imhの正面にある車通りの多い国道から見た図なのですが、、 ご覧の通り、丸見えです。笑 この様な敷地の条件から、閉鎖性の高い地階の鉄筋コンクリート造部分や、 パースの左側の壁に囲まれたテラスなど、(地階やテラスの詳しい説明はまた次回以降に。) プライバシーを守る、周りの視線を極力避ける様な外観をしています。 2階の(絵的には3階に見えますが、、)規則的に並んだ窓も、中の部屋がどの様に使われているか、わかりづらくさせる効果があります。   その下の1階の凝った造りの窓ですが、こちらはスチール製のオリジナルのものになります。 imhはこの窓の様に細部のディテールにまで凝っている部分が多くあります。 こだわりの部分も追ってブログでご紹介していきます!   では、来週もimhブログをお楽しみにしてください!   -eiso    ...

imc0624

最近は雨ばかりですね。 dNbアジサイは綺麗な花をつけてきて、 梅雨だからこそイキイキしている様が趣深いな〜と思う今日この頃です。   imcは実施設計真っ只中です。 基本設計でクライアントの方と共有した大枠方向性から、 実施設計で細かい部分まで意志を共有していく大事な期間です。   細かい部分とは、 コンセント位置や照明計画で具体的な使い勝手や見た目はどうか? どんな洗面やキッチンにどんな器具を使うか? どこにどんな材料を使うのか? などなど、 使う材料の肌触りや、 壁になるものの色味や質感など、 本物とほぼ同様のサンプルでイメージのずれのないように共有していきます。   クライアントの方と共有することが大きな目的ですが、 サンプルなどをとりよせると、 以前に同様のものを使用していても、 メーカーの努力によるグレードアップがなされていたり、 営業の方とお話しして新しいものを教えて頂いたり、と、 勉強になることばかりです。   材料の特性などの知識は蓄積していくものですが、 材料の性能はどんどん更新されていくものが多いので、 新鮮な情報が重要だと実感しました。   そのためもあって、 普段お客様は見ることのないdNb3階の資料室は、 木、タイル、左官、ガルバリウム、などのサンプルが溢れかえっています、、、 -nonoyama...

imc0617

imcは実施設計の打合せに向けて進行中です。   今回は建物の性能のことについてお話ししようとお思います。 imcの敷地は準防火地域という、 「市街地における火災の危険を防除するため定める地域」 として、具体的な規制が定められています。   今回の計画では、建物自体を“準耐火建築物”というものとしなければなりません。 準耐火建築物は、 外壁は決められた構造と仕様で、 延焼のおそれのある部分の窓は防火構造で、 木の柱や梁などの構造は現しにはできなくて、、、 などなど、様々な規制がかかります。 その規制をどう解消するのか、 取り入れた上でどう表現するのか、 と、規制のかからない場所に比べて 性能面で多くの条件をクリアしながら設計をしています。   規制がかかるからといって窮屈になるのではなく、 ひとつの作り方と捉えて、 imcらしい設計にしたいと思っています。   -nonoyama ...

imc0610

imcは実施設計中です。 基本設計を終えてから、実施設計の初めの打合せまでは、 1ヶ月程お時間を頂き、細かい寸法をおって設計していきます。   その間は事務所内で検討していくので、クライアントの方とはお話することはあまりありません。 しかし、先週にクライアントの会のときにお越し頂けて、お話ししました! 新しく意見が加わるということではありませんが、 設計に対する気持ちや、考えていること、こだわり、期待していること、などなど、、、 他のクライアントさんを交えてお話ししているときに、 いろんな想いを聞くことができました。   その想いに応えるべく、もう一度気合いを入れ直して設計に取り組んでいます。 図面ばかりを追うのではなく、 スケッチを描いて3次元的に検討をしています。 3DのCADソフト(BIM)も使っていますが、 パソコン上では意志がなくとも“なんとなく”できている感じにみえてしまうので、 発展の余地や問題点を見逃してしまいがちになってしまいます。 ですので、クライアントの方の暮らしの場面を想像しながらスケッチしていきます。   と、私は初めての実施設計なので、 所長のありがたいアドバイスを頂きながら進めています!   -nonoyama  ...

imc0603

とても暖かくなってきましたね。 dNbの植物たちもふさふさと生い茂りながらも、 今朝に所長が庭のお手入れをせっせと行ったことで、 一つ一つの植物が映える庭となっています!   imcも大きな特徴の一つは植物です。 imcの植物は都市における庭の新しい在り方として、重要な役割を担っています。   都市部で庭を取りたいと考えたとき、中庭型になることが多いと思います。 庭をリビングと連続して使いたかったり、 庭を望むための大きな開口をもうけたり、 という使い方をしようと思うと外からの視線が気になってしまうので、 建物で庭を囲んでしまおう。という考えになりやすいからです。   一方、imcは上のCGのように2階の高さで、建物の周囲に緑を植えるようになっています。 1階は駐車場・2、3階は住居とするため、 道に対して、住宅の部分の高さが1層分高くなっています。 一層分高い位置なので、水平方向の視線が入りにくく、 さらに周囲に植物を植えることで、 1m程のハーブ系の植物でも目隠しの役割を果たしています。   中庭のように街から閉じた庭ではなく、 庭を開いて街に緑をて提供しつつ、 周囲の視線を気にせずに、庭に隣接するリビングの大きな開口部から 庭を楽しむ暮らしができるのではないかと考えています。   緑を重要視した案なので、 初めてのプレゼン時の模型では本物の植物を使いました! dNbに生えているものの一部です。笑   私事ですが、最近小さいバルコニーで 花や香りを楽しむハーブ系やバジルや青しそなどの実用系、サボテン、多肉植物など育てています。 どんどん成長していく植物たちが可愛くて仕方がないです! 植物は日々に小さな楽しみを与えてくれて癒されるなあ〜と感じています。   -nonoyama ...

imc0527

imcは基本設計が固まり、実施設計が始まります! と、その前に、 材料や色などのイメージを共有するための打ち合わせを行いました。   ここの空間はこうあるべきだから、モルタル、タイル、フローリング、、、 といった具合に提案し、確認とご意見を頂きます。 CGパースを見て全体像をイメージしながら、 写真のような具体的なサンプルやカタログを用いて共有します。   クライアントの方にもイメージしてきて下さいとお伝えしたところ、 ノートに写真付きでまとめてきて下さいました!! 具体的なイメージが共有できるので、とてもありがたいです!   また、先週の日曜日は私の誕生日だったということもあり、 サプライズでクライアントの方もご一緒にお祝いして頂きました!! 必死に膨らました風船とクラッカーで、 いつものdNb4階の打ち合わせ室が一変して賑やかな場にっ とても嬉しかったです!   そして! プレゼントといって奥様手作りのパンを頂きました! 上にくるみがのって、外はカリカリ、内はもちもち、 真ん中には桜の餡が入っていてとても美味しかったです!!   これだけの美味しいものを作れるキッチンにしなければ、、! と、食べて一層、いい意味で責任感を感じました。   -nonoyama...

千代田の集合住宅0524

最近めっきり暑くなりましたね。 まだ5月なのに昨日今日と30度を超える真夏日だというから驚きです。 暑さは苦手なので、あまり暑くならないでほしいです。   さて千代田の集合集宅です。 集合住宅の設計は、賃貸する「専有部」の設計はもちろん重要なのですが、 エントランスホールやエレベーターホール、共用廊下などの「共用部」の設計も重要です。 入った時の印象を決めますし、共用部が充実しているかどうかで集合住宅の質がぐんと向上します。 千代田の集合住宅はこの「共用部」の設計をとても重要視しています。   各階に自分の部屋以外の「半共有」部分を作ることで、入居者の方に+αの魅力を感じてもらおう!と思っています。 半共有の部分があることで、生活の幅が広がって、1Rや1LDKだけれども豊かな暮らしができるよう、半共有部分と専有部分の関わりあいについて考えています。   自分の玄関前のスペースに自転車が置けたら、自転車が趣味の人に喜ばれるだろうな、など、半共有部分の使い方についてバリエーションを出して考えています。   あとは共有部分の仕切り方についても考えています。 プライバシーを守れて、かつ、住む人の自慢となるような共有部になるよう、 CGを作成したり、図面で検討したりしています。   千代田の集合住宅は、他の集合住宅にないような、一風変わった共有部が出来上がる予定です。 どのような空間になるか楽しみにしながら、より良い空間になるよう、日々検討を続けています。   -eiso...

imc0520

台湾から帰ってきました! 台湾は日本より南なので、とても暑かったです、、 少しだけ日焼けもしました。 日本の今の気候の方が過ごしやすいですね。   先日imcの正式な地質調査の報告書を受け取りました! 写真のように、立派な箱に入って頂きました。 開けるとこのような感じ↓ 柱状図とサンプルが詰められています。 調査時のブログで、1mごとに採取していたものです。 サンプルの一つ一つにどの深さか、N値(硬さ)、土質が貼られています。 報告書にはその土地の成り立ちや地層の分析などが記載されています。 webなどだけではわからないような内容となっているので、 こんな歴史から、この土地が成り立っているのだなあ と、より街のことを知ることができました!   この結果を用いて構造事務所と相談し、 どのような地盤改良を行なっていくのかということを決定していきます。   どうやら周囲の土地よりも硬い地盤だったようで、 少し安心して進められます、!   -nonoyama...

千代田の集合住宅 0510

昨日から雨が降ったり止んだりでぐずついたお天気が続きますね。 CO2WORKSの事務所は、印刷物を取りに行くのに、1Fから外階段を上って3Fに行かなければいけないので、 毎回濡れます。笑 雨の日はくるくるの頭が湿気と濡れることによってさらにぐるぐるになります。笑 さて、千代田の集合住宅ですが、前々回お話したArchicadなどで、全体の検討もしていますが、 細かいディテールの部分も検討を進めています。 特によく考えているのが、「雨のこと」です。 千代田の集合住宅はコンクリートの打放しの建物です。 そこで気になるのが「外壁の汚れ」です。 雨水の流れを考えないで、汚れた水が壁を伝うようになってしまうと、 たちまちコンクリートの壁が汚らしくなってしまいます。 そのために、雨の流れを考え、汚れを防ぐように対策を練るディテールを考えることに重点を置いています。 コンクリートの外壁には、雨水の流れを切って、汚れた水を壁に伝わせないために「水切り目地」というものを入れます。 その「目地」の位置や大きさを検討したり 屋上からの水の流れを考えるべく、防水のことや、屋上にたまる雨水の排水のことを考えています。 写真のように、わからないことを絵に描いて、想像して対策を考えます。   千代田の集合住宅は10F建という大きな建築ですが、細かなディテールの部分まで 「どういう建築にしたいか」を日々考えています。   -eiso...