東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | 進行中
51
archive,category,category-staffblog,category-51,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

進行中

fkk1016

最近はすっかり秋の様相ですね。 つい先日まで暑い日が続いていたのに、、と時間の流れが早く、戸惑っています。(笑)   時間の流れが早いといえば、fkkのオープンハウスのご案内が先日ブログに上がりました。 高蔵寺の家=fkkです。 つい先日工事が始まったと思っていたのに、あと1ヶ月後にはお引渡しです。   現場の方もいよいよ大詰めです。 ほぼ完成!の寝室部分。 あとは一部のペンキ塗装を残すのみです。 そしてオリジナルのキッチンの製作も進んでいます。 住宅のプランに合わせて形を決めた、 キッチンとダイニングテーブルが一体になったものを製作していただいています。   そして、工程が終盤には fkkではクライアントさんによる自主施工が目白押しです。 予算に合わせるための減額案として、塗装などを職人さんではなく ご自分で行っていただいているのですが、これがなかなか大変です。(笑) 写真は軒裏の木部の保護塗装の自主施工中です。 その他にも、今後も1ヶ月の間に様々な部分を施工していただきます。   自主施工は大変ですが、 ご自分で作業した部分に特別に愛着が湧いたり、 作業をすることで職人さんの細部の仕事に気づいたりなど、   より新しい家への思いが深まるきっかけになる作業になっているかと思います。   -eiso  ...

fkk0907

お久しぶりのfkkブログです。 最近はめっきり涼しくなり、秋の様相ですが、 台風などの自然災害が多く、とても落ち着かないですね。   今週の台風でも関西はもちろん、名古屋でも様々な被害があったかと思います。 それでも、fkkの現場は被害はなく、順調に進んでおり何よりです。   一番最近のfkkの様子。 fkkでは壁の仕上げ材にフレキシブルボードというセメントの板を使用しています。 コンクリートや鉄骨材、木材など、構造材がそのまま現しになる作りをしているので、 壁材も工業製品をそのまま使用するような、素材感になるように考えています。     前回のブログの続きですが、次は木造部分についてのお話をします。   建方の時の様子です。 水平方向の梁は鉄骨、そして垂直方法の柱は木造なので、 2種の構造材を接合するために鉄骨の梁からプレートを出し、木の柱にピンで接合します。 3方向の木梁、木柱が集まる部分の建方の様子です。 少し位置がずれただけで予定していた穴に入らなくなってしまうので、 かなりの正確性が必要となります。 少しずつ修正しながら組み立てていきます。   鉄骨・木・コンクリートのすべて集まる部分の様子。 床板となる構造用合板を固定するために、鉄骨梁の両脇に木の梁を抱かせることが必要であったり、 木の梁を固定するために鉄骨の受け材が必要であったり、 違う材料の部材同士を接合する場合は工夫が必要となります。   fkkの空間は、このような様々な細部の工夫と、職人さんによる技術でできています。 完成時には目に見えなくなってしまう部分も多いですが、 住宅の計画を支える大切な部分です。   次回のブログからは、現場の進行状況と各部のこだわりの部分をお伝えできればと思います。   -eiso...

fkk0803

今年はとてもとても暑い日が続きますね。 先日blogで所長も書いていましたが、我が事務所dNbは無断熱なので 室内でエアコンをつけておいてもじんわり暑いです。 エアコンが常にフル運転しています。   こんな暑い中ですが、職人さんたちが頑張ってくださり、 fkkの現場は順調に進行中です。   今週で断熱材とフローリング敷が大方終了。 下地の施工〜仕上げの段階に入り始めて、 だんだんと最終形も見えてきました。     さて、今週は鉄骨部分の施工について振り返ってみたいと思います。   木造部分の建て方の前の、2階床鉄骨梁の施工の様子。 RCの1階から3M以上張り出しています。 木造のみではこれだけの片持ち梁は難しいのですが、 鉄骨を使うことによって実現しています。   屋根の鉄骨梁の施工の様子です。 屋根の梁は上から片持ち部分を吊る役割があります。   そしてこの鉄骨梁と木造の部分を接合する部分も工夫があるのですが、、   その様子は次週お伝えします!   -eiso...

fkk0727

fkkの特徴は、ご実家の持っていた庭を極力残すために 1階の面積を小さくし、2階の床を大きく2方向に張り出していることです。 (建て方時の写真参照)   この形状を作るために、fkkは RC造、木造、鉄骨造の3種の構造が入り混じった構造をしています。 この超ハイブリットな構造が、fkkの不思議な軒下空間を作っています。   超ハイブリットな構造を、工程を振り返りながらご説明していきます。   1階は、建物の下階を重くつくり、上階の張り出しに耐えるためにRC造で作っています。 位置出しの段階。 とてつもなく小さな建物のように感じます。 RCの配筋。 打設時の様子。 1階は面積が小さいのですぐ打設の工事が終わりました。 打ち上がり。 面積は小さいけれど重く、がっしりとした印象の1階が出来上がりました。   来週は鉄骨の工事の部分についてお伝えしようと思います。   -eiso...

fkk07211

お久しぶりの現場ブログです。 今週から現場ブログを再開したいと思います。 春日井市高蔵寺で現在進んでいるfkkの近況を、毎週お伝えできればと思います。 fkkの特徴は、もともとご実家の持つ広い庭の一部に息子さんご夫婦の新居を建てる計画であることです。 ・広い庭を極力残すこと ・ご実家とのゆるやかなつながりを作ること この2つを大きなテーマとして掲げて設計をしています。 建方の時の写真です。 1階の鉄筋コンクリート造から、鉄骨補強した木造が跳ね出している構造になっています。 3枚目の写真のように、跳ねだし部分の下は庭にかかる大きな軒下空間になっていて、 2家族で使う共有の空間となっています。 現在の工程は、建て方が終わり、内部、外部の壁などを作る木工事の工程です。 初ブログの段階で、大きな変化のある部分の工事は大方終わってしまっていますが、、 前の工程も振り返りながら、ブログでお伝えできればと思います。 これからfkkブログをよろしくお願いいたします。 -eiso...

has0926

hasはとうとう今週末オープンハウスを行います!   下屋部分にガラスが入りました。 残すは引き戸部分のみです。   中庭がお目見えして、本来の空間がわかりやすくなりました。 オープンハウス時に全て養生が取れて全部が見えるのが楽しみです。   あとは設備関係も入りました。 限定してトイレを公開です。(笑)   竣工目前で、住宅として完成に近づいてきています。   ご興味がある方は まだまだオープンハウスのご予約受け付けていますので、 contactのページからご応募ください!     -eiso...

has0919

昨日から所長がスペイン旅行中で事務所内が寂しいCO2WORKSです。   日本とスペインで離れていますが、facebookを通じて業務のやり取りを したり、建築の感想を聞いたり、ネット社会は便利です。笑 時差で活動時間がずれることを除けば連絡が取り合えるのでものすごくは困らないです。   さて、日本ではhasの現場が山場を迎えています。 今週で自主施工による塗装が終わったので、あとは設備の取り付けに、建具の取り付けに、外構に・・・と現場は大忙しです。   塗装Before→after 白くなると空間の印象も、窓から入る光の印象も変わります。 オイル塗装Before→after ラワン合板のラフな仕上げがこっくりとした色で高級仕上げみたいな印象になります。 寝室らしい落ち着いた色味になりました。   あとは中庭側のブルーシートが取れてくれれば、空間の全貌が分かるのですが、、 ガラスは最後なので最後までお預けです。     オープンハウスも再来週になりました。 ご興味のある方はcontactのメールフォームよりお問い合わせください!       -eiso  ...

has0912

hasは今週も絶賛塗装自主施工中です! 今回は作業に夢中になりすぎず、しっかり写真を撮ってきたので、塗装の手順について説明したいと思います。   まずは養生という作業を行います。 養生は、塗装を行う面以外の面に塗料がつかないように、塗装しない面を保護する作業です。   写真をよく見ると、黄色のテープと緑のテープ、ビニールのシートが重ねて貼ってあるのがわかると思います。   まず黄色のテープ(マスキングテープと言います)を塗装面と塗装しない面のキワに貼っていきます。 このテープがいい加減だと、塗装がはみ出してしまったり、塗れていない箇所ができてしまったりします。   その上から緑のテープとビニールが一体化したもの(マスカーと言います。)をはっていきます。 これは、ローラーで塗装を行った時に、周りに塗料が飛び散るので、飛び散りを防止するために貼ります。   さっきの写真は天井でしたが、カウンターなどの家具部分もしっかり養生します。   そしてあとは根気よく塗ります! まずは1回塗りをして、その後2回めを塗り重ねていきます。   一度塗りの後に2度塗りを重ねていく様子。 1回めは縦方向、2回めは横方向、と塗り重ねていくことで、色ムラがなくなっていきます。   ムラのないきれいな仕上がりとするためのコツは、 薄くつけて、たくさんローラーを転がすことです。 ローラーを転がせば転がすほどきれいになります。(しかし体力と根気がいります。笑)     その結果がこちら! …とお見せしたかったのですが、片付けに夢中で最終形をとるのを忘れました。笑 次回こそは、真っ白になった気持ちのいいリビングをお見せできるように写真を撮ってきたいと思います。   次週はラワン合板仕上げの壁にオイルを塗っていく作業の様子をお伝えします!   -eiso...

has0905

先日HASのオープンハウスの告知をさせていただきました。 9/30(土),10/1(日)の2日間行います。 CO2WORKSとの家づくりをお考えの方、ぜひお越しください!   予約制となりますのでHPの問合せフォームからご連絡お待ちしています。     さて、現場の方は、とうとう塗装の自主施工が始まりました。   土曜日は塗らない面の壁が汚れないように養生の作業 (写真に写っているビニールなどが養生です。塗料が天井などに飛び散らないようにしています。) 日曜日は塗装!です。   HASの塗装作業ではクライアントさんの職場の方々がお手伝いに来てくださいました。 作業がぐんぐん進み、とってもありがたいとともに、 家づくりをお手伝いいただける職場の人間関係が素敵だな〜という憧れの感情です。   そしてblogをご覧の方々に塗装の様子をお伝えしたいのですが、、 作業に夢中で写真を1枚しか撮っていませんでした。(笑)   来週はどのように塗装を進めるのか、現場の進捗をバッチリ抑えたいと思います。   -eiso...

imc0901

先週のオープンハウスには多くの方にお越し頂きありがとうございました! ご覧になった方々より、様々な視点からのご感想を頂けたことで勉強になりました。 そして、本日はお引き渡しでした。 建物自体のことは工務店さんよりご説明して頂き、 CO2WORKSからは監理の報告書とメンテナンスリストをお渡ししました。 監理報告書は、どんなことをチェックしているか、ということを記録したもので、 メンテナンスリストは、普段のお掃除方法や、材料が良好な状態を維持していくために 行っていくと良いことなどをリスト化してお渡ししています。 永く愛される住宅になったら幸せだなあ、と思っています。   設計から担当させて頂いてから1年半以上お付き合いしてきたimcなので、 ここまでこれたことは、とっても感慨深いです。 お施主様や工務店さんや関わって下さったり、応援して下さった全ての方々に 感謝の気持ちでいっぱいです! 毎週のimcブログは本日で一度区切りをつけますが、 またimc関連の出来事があれば登場するかもしれません。 その時はまた思い出して頂けると嬉しいです。 本当にありがとうございました!!   -nonoyama   (また改めて撮影してから、当ホームページのWORKSのページにimcページを追加致しますので、 そちらでimcをご覧頂けると幸いです。)...