東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | news
10
archive,category,category-news,category-10,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

news

新規住宅を追加しました。

下記の3つの住宅をHPに追加しました。 http://co2works.com/archives/portfolio_page/inclose-house-nagoya http://co2works.com/archives/portfolio_page/overlap-house http://co2works.com/archives/portfolio_page/駐車場付住宅...

春休みオープンデスクの募集

CO2WORKSでは春休みのオープンデスクを募集しています。 以下の4つの日程より選択してください。 A:2/4-2/15 3席 残り3席 B:2/18-3/1 3席 残り3席 C:3/4-3/15 3席 残り3席 D:3/18-3/29 3席 残り3席(満席) ・行うこと 模型作成:進行中の物件の模型製作を行ってもらいます。 現場見学:進行中の物件の現場へと同行してもらいます。 資料作成補助:プレゼン資料や検討をスタッフと共に行ってもらいます。 勉強会参加:毎週木曜日の勉強会に参加できます。 ・持ち物:筆記用具(メモをとれるように) ・服装:自由(但しサンダルはNG) ・時間:9時ー19時(水曜日は勉強会を行うため遅くなります) 希望の方は氏名、年齢、大学名、を記入の上、 moshimoshi@co2works.comまでご連絡ください。...

スタッフ募集しています。

自分のことが好きな人って素敵だなと思う機会がある。 根源的に変更出来ないことを卑下したり、悩むと疲れてしまうので その事柄をきちんと認めてあげることが必要ではないのかなと思う機会もある。 例えば僕であれば足が短いとか、アウトプットが抽象的になってしまうとか、 音程が全く分からないとか、人前で話すのが苦手などその他にもたくさんある。 小学生時代に足が短いことで馬鹿にされたこともあり悩んだというか、嫌な部分だなと思っていたのだけど、 変えることのできるものでもないので仕方ないかと思うようになったら、人に言われても気にならなくなった。 (能天気すぎるのかもしれませんが…) ダメなところと同じくらい良いところもあるだろうし、 ダメなところは認識した後にちょっとの対策だけして(野放しにするのは少し危険を感じる) 良いところを伸ばしてみんなで役に立ち合えばいいのではないかと思うようになった。 得手不得手がパッと認識出来るような仕組みがあれば、 組織って疲れ知らずになるのではないかな。 少し前まで多様性の意味を理解していなかったが特徴を依存しあうには多様性が必要である。 ・・・・。・・ <目指す方向性> CO2WORKSではこれからの‘住む’とは何かを考え、設計活動を行っています。(住むのアップデート。) ‘住む’を考えるには建築単体にとらわれず、設計以外に街や環境の調査を行います。 住むを通して、その場所ならでは建築、関係性を作る事を目指しています。 <3つの核> ・強い専門性/建築を深く知る ・拡張するチーム/様々な人とチームを組む ・広い視野/建築を構成するものに対する興味を広げる 3つの核を拡張させるために以下の点を大切にしています。 ・仲間の成長を助ける ・失敗から学ぶ ・自分事化する ・垣根をこえる 希望の方は以下のアドレスへメールください。 moshimoshi@co2works.com...

西区幅下の住宅オープンハウスのお知らせ

「西区幅下の住宅」オープンハウスのお知らせ この度、名古屋市西区にCO2WORKSが設計監理を行った住宅が竣工し、 お施主様のご好意により内覧会を開催致します。敷地が30坪に満たない狭小敷地にプライバシーを守りながら外部空間の気持ち良さを取り入れた 鉄筋コンクリート3階たての住宅です。建物概要 設計:CO2WORKS一級建築士事務所 中渡瀬 構造:藤尾建築構造設計事務所 藤尾 施工:株式会社 岡本建設 規模:RC造/地上3階建 敷地面積:91.88m² 建築面積:68.53m² 延床面積:171.03m² 日時:12月9日(日)...

すまいる愛知住宅賞

第30回 すまいる愛知住宅賞を受賞しました。 詳しくは以下をご覧下さいませ。   https://www.yutori.gr.jp/event/smileaichi/h30/...

fkk1016

最近はすっかり秋の様相ですね。 つい先日まで暑い日が続いていたのに、、と時間の流れが早く、戸惑っています。(笑)   時間の流れが早いといえば、fkkのオープンハウスのご案内が先日ブログに上がりました。 高蔵寺の家=fkkです。 つい先日工事が始まったと思っていたのに、あと1ヶ月後にはお引渡しです。   現場の方もいよいよ大詰めです。 ほぼ完成!の寝室部分。 あとは一部のペンキ塗装を残すのみです。 そしてオリジナルのキッチンの製作も進んでいます。 住宅のプランに合わせて形を決めた、 キッチンとダイニングテーブルが一体になったものを製作していただいています。   そして、工程が終盤には fkkではクライアントさんによる自主施工が目白押しです。 予算に合わせるための減額案として、塗装などを職人さんではなく ご自分で行っていただいているのですが、これがなかなか大変です。(笑) 写真は軒裏の木部の保護塗装の自主施工中です。 その他にも、今後も1ヶ月の間に様々な部分を施工していただきます。   自主施工は大変ですが、 ご自分で作業した部分に特別に愛着が湧いたり、 作業をすることで職人さんの細部の仕事に気づいたりなど、   より新しい家への思いが深まるきっかけになる作業になっているかと思います。   -eiso  ...

fkk(高蔵寺の住宅)オープンハウスのお知らせ

「高蔵寺の家」オープンハウスのお知らせ この度、春日井市の高蔵寺にCO2WORKSが設計監理を行った住宅が竣工し、 お施主様のご好意により内覧会を開催致します。 ご両親がお住まいになっている土地を分筆し、お若いご夫婦のための家を新築しました。 建物概要 設計:CO2WORKS一級建築士事務所 永曾+中渡瀬 構造:藤尾建築構造設計事務所 藤尾+熊谷 施工:株式会社 木の香の家 規模:木造+RC造/地上2階建 敷地面積:180.02m² 建築面積:68.32m² 延床面積:99.38m² 日時:11月3日(土)...

fkk0907

お久しぶりのfkkブログです。 最近はめっきり涼しくなり、秋の様相ですが、 台風などの自然災害が多く、とても落ち着かないですね。   今週の台風でも関西はもちろん、名古屋でも様々な被害があったかと思います。 それでも、fkkの現場は被害はなく、順調に進んでおり何よりです。   一番最近のfkkの様子。 fkkでは壁の仕上げ材にフレキシブルボードというセメントの板を使用しています。 コンクリートや鉄骨材、木材など、構造材がそのまま現しになる作りをしているので、 壁材も工業製品をそのまま使用するような、素材感になるように考えています。     前回のブログの続きですが、次は木造部分についてのお話をします。   建方の時の様子です。 水平方向の梁は鉄骨、そして垂直方法の柱は木造なので、 2種の構造材を接合するために鉄骨の梁からプレートを出し、木の柱にピンで接合します。 3方向の木梁、木柱が集まる部分の建方の様子です。 少し位置がずれただけで予定していた穴に入らなくなってしまうので、 かなりの正確性が必要となります。 少しずつ修正しながら組み立てていきます。   鉄骨・木・コンクリートのすべて集まる部分の様子。 床板となる構造用合板を固定するために、鉄骨梁の両脇に木の梁を抱かせることが必要であったり、 木の梁を固定するために鉄骨の受け材が必要であったり、 違う材料の部材同士を接合する場合は工夫が必要となります。   fkkの空間は、このような様々な細部の工夫と、職人さんによる技術でできています。 完成時には目に見えなくなってしまう部分も多いですが、 住宅の計画を支える大切な部分です。   次回のブログからは、現場の進行状況と各部のこだわりの部分をお伝えできればと思います。   -eiso...

秋学期オープンデスク募集

CO2WORKSでは秋学期のオープンデスクを募集しています。 期間:10月1日〜12月28日 参加頻度:週に2回以上 時間:9時〜19時の間で都合のよい時間 参加申込みの締切:9月25日まで(先着順5名まで) ・行うこと 模型作成:進行中の物件の模型製作を行ってもらいます。 現場見学:進行中の物件の現場へと同行してもらいます。 資料作成補助:プレゼン資料や検討をスタッフと共に行ってもらいます。 勉強会参加:毎週水曜日の勉強会に参加できます。 ・持ち物:筆記用具(メモをとれるように) ・服装:自由(但しサンダルはNG) 希望の方は氏名、年齢、大学名、参加できる曜日及び時間を記入の上、 moshimoshi@co2works.comまでご連絡ください。...

fkk0803

今年はとてもとても暑い日が続きますね。 先日blogで所長も書いていましたが、我が事務所dNbは無断熱なので 室内でエアコンをつけておいてもじんわり暑いです。 エアコンが常にフル運転しています。   こんな暑い中ですが、職人さんたちが頑張ってくださり、 fkkの現場は順調に進行中です。   今週で断熱材とフローリング敷が大方終了。 下地の施工〜仕上げの段階に入り始めて、 だんだんと最終形も見えてきました。     さて、今週は鉄骨部分の施工について振り返ってみたいと思います。   木造部分の建て方の前の、2階床鉄骨梁の施工の様子。 RCの1階から3M以上張り出しています。 木造のみではこれだけの片持ち梁は難しいのですが、 鉄骨を使うことによって実現しています。   屋根の鉄骨梁の施工の様子です。 屋根の梁は上から片持ち部分を吊る役割があります。   そしてこの鉄骨梁と木造の部分を接合する部分も工夫があるのですが、、   その様子は次週お伝えします!   -eiso...