東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | 独り言
9
archive,paged,category,category-nakawataseblog,category-9,paged-5,category-paged-5,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

独り言

講演会

7月26日(水)18時30分@名工大にて講演会を行います。 詳しくは下記をご覧ください。 http://m-e-s-h.org/seminar_17.html また、参加は申し込みが必要となりますので http://m-e-s-h.org/app.html   自分の考えをまとめるような講演会というものを今までお断りさせて頂いてきたのですが 自分の建築に対する考え方も少しずつはっきりしてきたのでお引き受けすることにしました。 時間としては40分というと長い様な短い様な時間になりますが リアリティーを生み出す設計方法論という題にて行います。 ・・・・。・・ 今回の講演会は久しぶりですのでスライドを用意して、そのスライドについて話す、というような パターンではどうも不安があるので、先日から話す内容を原稿としてまとめています。 まとめすぎると棒読みになってしまい、臨場感に欠けるのですが… 行き当たりばったりになると話の筋が見えづらく、伝えようとしていたことがうまく伝わりません。 以前までは笑いも仕込んでいましたが、暴発する可能性の方が高いので 笑いなく真面目な話を行う予定をしています。 ・・・・。・・ 現在の僕の思考を切り取ったレクチャーにする予定ですので 学生の皆さんはもちろん、建築のご興味のある方もぜひご参加下さい。  ...

imc0707

今夜は七夕! 雨降らないのは久しぶりみたいですね。 名古屋でも天の川らしい天の川が見れたらもっと良いのですが、。   imcは薄壁のシナ合板が張られてきました! とっても綺麗に張られています。 一室ごとに仕切られ、部屋同士は上部で繋がっています。 それぞれの部屋は廊下と面しており、 写真左手の部屋と対応して、右手にウィンドウスペースがあります。 このように自分の部屋の正面に、それぞれのウィンドウスペースを設けています。 ウィンドウスペースはこんな感じ。 窓の両側に本などを置ける可動棚を設置します。 スペースの高さは、廊下の床面から40cmの高さとし、ちょうど座りやすい高さに設定しています。 自分のスペースの窓辺に腰掛けて読書なんてできたら、とっても気持ち良さそう!   -nonoyama...

東京事務所

東京事務所をつくろう、と決めてから半年ほど経ちます。その間、具体的な行動をせずに過ごしてしまったのですが…ようやく場所が決まりました。 9月くらいから東京事務所稼働します。と言ってもまずは僕一人の事務所としてスタートします。 場所などは色々と整ってからお伝えします。 ・・・・。・・ 東京事務所は今年40歳になる僕自身の挑戦です。今のままでも困る事は無いのかもしれないけど…洗練よりも挑戦する立場の方が楽しいはず。 なんて考えてみるとワクワクしてきました。 10年後にあの時の行動があったからこそと言えるように頑張ります。...

工夫をすること

小さい頃祖父母といる時間が長かったのですが 祖母は生活の知恵をたくさん持っている人で その知恵を僕に色々と教えてくれました。 もちろん、教えるためには実践してみなければいけないので 実践をするのですが、なんというか面倒くさかった記憶が残っています。 小さい時の僕は便利なものに慣れることをきっと意識をしていて 少し面倒なことをすることで生活が豊かになるという感覚を持っていなかったのだと思います。 例えば炭を使用して何かを調理して、その炭をあんかに熱源として利用する。 そのためには、炭をあんかに入れなければいけないし、 炭をあんかに移すための道具を持ってこなければいけない。 電気のあんかであればコンセントにさしておしまい。 電気のあんかは何も記憶に残らないけど 炭を熱源としたあんかはその面倒くささ以上に炭の香りや その時の祖母との会話が残る。 便利になりすぎて自己完結してしまうような社会よりも 少し不便で工夫が必要だけど人とのつながりがあるような社会の方が 楽しいのではないかと思います。 ・・・・。・・ といっても、そんな時間は無いし、危険だよね。と言われてしまいそうです。 大切なことは工夫を意識することで 自己完結型になりすぎないようにすることではないかと思います。 設計を行なっているとその設計対象を使用する方のことをよく知らなければいけませんが その人の考えを少しでも拡張できるように 工夫しながらコミュニケーションをとらないといけません。 双方、自己完結型にならずに互いの思考領域を拡張できればいいですね。  ...

実戦を通しての学び

最近、住宅以外の用途のご相談を多く受けています。 民間で新たな建築を作る場合、その建築はお金を生み出す必要が多く場合あります。 建築家というものはお金のことを考えずに、建築を純粋に作り出すべき!というのが 建築界の一般解としてあるわけですが、 純粋につくるためにもお金にきちんと踏み込んで考えたいと僕の場合思ってしまいます。 ・・・・。・・ どこで建てたらよいでしょうか?と質問された場合、 名古屋の街であればおぼろげではありますが、その街の特性から考えて どのあたりがいいのではないでしょうか。とお答えしますが そこにあるのはなんとなくの特性と直感だけです。 もし、それだけで土地を探して、銀行に融資の相談を持っていくと… 数字が合いませんね…と言われてしまうかもしれません。 そうしたことを見越して 敷地面積と容積率と今までの経験を加味して数字を入力すると その土地の経済的価値が分かるエクセルデータをつくりました。 ・・・・。・・ でも、これだけに頼るとその街の特性を捉え切ることが難しくなるでしょうから どちらも大切です。 どこの土地がよいかという質問に瞬時に答えることは本当は不可能なのですが 考えるきっかけを膨らますことは大切です。 作成したエクセルデータがその一助になればと考えています。 このエクセルデータは設計を行なっているものではないと 数字を入力できないので誰にでも使えるわけではないのですが こういうツールをつくって人の役に立てれば幸いです。 ・・・・。・・ 現在のものは集合住宅バージョンなので その他建築バージョンも作ってもっと精度をあげていかなければなりません。 高校時代から何か計算をしなければならない時にいかに簡単にするか、 ということばかり考えていたのでこういう便利データを作るのが好きです。 ・・・・。・・ こういうデータは実戦を通して困ったことがあるから出来るものです。 ただ闇雲に想像しているだけでは作ることが出来ないでしょうから やはり実戦は自分自身を成長させてくれます。...

apple watch

GWに大掃除をして以来、 つけていなかったApple Watchがどうももったいないと思い 着用しています。 なぜつけていなかったのかというと“重い!”からです。 元々腕時計をつけていなかったのにもかかわらず 重いとなるとどうも違和感たっぷりで徐々につけたくなくなってきます。 そもそも時計が重いことは機能的ではないのではないかと思うのですが ロレックスを重量を調べてみるとApple Watchの2倍以上…。 Apple Watchで重いと言っていることが贅沢なのか…。 でも重い…。 。。。。・。。 僕のApple Watchはステンレスフレームの大きいサイズのものです。 つまり、Apple...

お問合せ

お問合せというのは不思議なもので続くときには続き、 無い時にはぱったりと無くなります。 だいたいタイミングとしては気持ち的に次へと向かうかな、と思うと お問合せが続きます。 何をコントロールしているわけでも無いので不思議なものです。 お会いしてお話をしている際に困ることとして、現状ですとすぐに 設計とりかかれますか?というご質問。 お問合せが続いていることが多いので…いつご依頼頂けるのか?に よってしまうので、お答えするのに困ることが多くあります。 一つの設計が完了し、また新しい設計が始まるといいのですが、 世の中はそんなに上手くは出来ていない様です(笑) ・・・・。・・ 最近、お越しになる方々は皆さん家づくりの進め方が良く、 こちらが困ることがありません。 01どういう暮らしがしたいのか? 02どのくらいお金をかけることが出来るのか? 03だれにつくってもらうのか?(設計してもらうのか?) 04土地をどこにしよう? ・・・ この順番を間違えると困ることが起きます。 例えばお金を考えずに土地を決めてしまうと… 全体の金額ー土地代=建物費用及び諸経費となります。 自分たちの求めている暮らしをするために作りたい建物と 残っている費用にズレがあったりすると 結果として満足度が下がるはずです。 僕が設計をする際、どういう暮らしがしたいのか?を大切にします。 そのためにアンケート6枚にわたってご記入頂き、 それを元に質問をしたり、ワークショップを行ったりします。 暮らしは簡単に買うものではなく、 作り上げていくものであってほしいものです。...

むだばかり

先週は無駄な事柄をなくしてシンプルにしたいというような話でしたが 今週は無駄なことばかりという話です。 設計という行為のほとんどは無駄です。 無駄なことをたくさん行った結果として建築物として出来上がります。 設計の初めに多くの事例を調べます。 事例が直接的に設計する物件と関係があるのかといえば 多くの事例はありません。つまり無駄です。 でも、その無駄が思考を広げたり、異なる物件できっかけになるかもしれません。 無駄をたくさん蓄えることでもしかすると無駄ではない何かに変化するかもしれません。 以前、クライアントの方に普段は無駄なことを考えないのに、自分の多くの話を聞いてくれますね。というようなことを言われましたが、設計はシンプルな問いとシンプルな答えで成立するものではなくてもっと複雑で面倒なので、無駄を積み重ねていくことが設計への近道のような気がしています。 ・・・・。・・ 設計を行なっている上で一番の無駄が比較検討です。 その敷地において作ることが出来る建築はたった一つですが、その過程で比較検討を繰り返します。 問題点を解決するためにはどうするか?良い点をのばすためにはどうするか?と同じような案を多く作ります。でも、つくるものは一つだけです。 考えたものは一つを除いてすべて無駄です。 でも無駄がないと、その一つがフラフラ状態になってしまいます。 つまり建築は多くの無駄によって支えられているので無駄を大事にしないといけません。 ・・・・。・・ 建築では無駄なことばかりをしているので、生活ではなるべく無駄がなく 選択をしなくてもよいようにシンプルに過ごしていきたいものです。...

捨てる

GWに個人スペースの大掃除を行いました。 dNbに引越しをしてから、個人スペースの大掃除を行ったのは数回。 しかも、この1年間は行っていなかったので 不要なものが出てきます…。 基本的になるべくモノをもたない生活を心がけていますので モノ自体は少ないのですが…捨てるのも忍びないしという感情を放っておくと やはりモノが溜まっていきます。 1年間使っていないものは捨てるというルールに基づいて 整理してみると…多く出てくるものです。不要なもの。 そもそも不要なものがなぜあるのか?と考えてみると なんとなくで買ってしまうものが不要なものになります。 自分にとって必要なものはなんだろうか?と一つ一つ考えて買うことで 丁寧な暮らしが出来るのではないかと思いますし、 そもそもやはり捨てるという行為自体が良くない。 最近、服のルールをシンプルにしました。 ルールをシンプルにすれば余分なものは買わなくてよくなるであろうという 単純な動機からです。 ルールが整理されていなかった時に買ってしまったものもあるので まだごちゃ混ぜ状態になってしまいますが、 3年もすればいつも同じような服装をしているはずです。 どんな服を買おうかと悩まずにすむだけでも なんだか肩の荷が下りたような気がします。 その一方でおじさん感覚になっただけなのかもなんて思ってもしまいます。 そんな気持ちの折り合いも徐々についていくのでしょうね。...

アメリカ旅行6日目:最終日

この日が最終日。 日本への帰りの便が14時頃なので午前中はなんとかシカゴを見ることが出来そう。 シカゴの高層ビルを見るよりもなによりもイリノイ工科大学に行って ミースとレムの建築を見ることが何よりも優先。 とはいえ、朝起きてから大学に行っても開いていないようで (学生の調べでは9時にミースの設計したクラウンホールが開くみたい) まずはミレニアムパークまで移動。 早く起きて移動してもまわりは薄暗く…。 建築を見るような感じでも無し…。 上の写真はレンゾピアノが設計した美術館。 昼間に中まで見てみたいと思わせる建築。 その美術館のすぐ近くにたつのが野外ホール。 これはフランク0ゲーリーが設計したもの。 にわとりのようなフォルムの建築。 見ようによっては看板が拡張しただけの建築に見えなくもないのだけど それだけでも建築になるゲーリーの力量はたいしたもの。 少しの時間だけシカゴの街中を歩いてみたのですが、 ビルの中を走り抜ける電車などもあり、もう少し歩いてみたいなと 思わせるような街でした。 そんな気持ちを抑えつつ、イリノイ工科大学へと移動。 まずはOMAが設計したキャンパスセンター。 動線をダイヤグラム化した建築だと何かの本で読んだことがあり、 動線のみで建築をつくることができるものかと思って見てみたのですが 見事に歩きやすい! 目的を持って歩く人にとってはより歩きやすく感じるのではないかと。 材料の使い方がこの建築は面白い。 例えばプラスターボードをパテ処理までしてあるけど仕上げを施さない。 しかもパテ処理をマスキングを用いて行なっている。 とてつもなくチープなように感じるのだけど実際は高級仕上げ。 このような感じの微妙な違和感がこの建物には蔓延している。 その違和感がなかなか得ることの出来ない空間体験に繋がる。 OMAの設計する建築は良い悪いではなく、 違った軸を考えるきっかけを与えてくれる。   イリノイ工科大学の建築のほとんどはミースが設計した(みたい)。 OMAが設計した建築にもミースへのリスペクトはきちんとあり、 キャンパスセンターにはミースの写真?が壁面いっぱいにある。 イリノイ工科大学の中でも歴史に名を残す建築がクラウンホール。 他の建築と比べてみると圧倒的にこのクラウンホールは良い。 のだけど、なぜこの建築だけこのレベルなのか?という疑問。 コストの問題というわけでもないように見受けられるけど… 最後に出来た建築なのか。 使い方と作り方とその場に現れる状態がバチッと合っている建築を見ると 惚れ惚れしてしまうのですが、まさにこのクラウンホールはその状態。 カーンにしてもミースにしても手数はかなり制限されている。 使う人の自由を担保しつつも、使って欲しい状態を作り上げている。 押し付けがましくなく、押し付けているような感じです。 建築は使う人がいてこそ、だと僕は思うが、設計者によっては 使う人がいなければ建築はもっと自由になれると言う人もいる。 カーンにしても、ミースにしても、使う人がいてこそなのだけど、 使う人がいなくても様になる。 これを読み違えると使う人がいなければ…になってしまうのであろう。   これでアメリカ建築旅行のすべての建築視察が終了。 今回の旅は移動が多く、街をじっくり観察することが出来なかったことは残念だけど、5日間で50以上の建築を見て回りました。 毎回ネタになるような事件が起きるものですがやはり起きてしまい、海外旅行に行くとネタには困らないのはいいことなのですが、今回のように1日つぶれてしまうと折角の海外旅行が少し無駄になってしまうので残念でした。多くの都市を飛行機で回るものではありませんね。 日本で設計活動を行なっている今の僕の視点からすると素直に受けいけることの出来る建築、そうではない建築とあります。その中でもカーンやミースのように巨匠と言われる人たちの建築は時を超えて良い建築として立ち現れてきます。そのような建築と向き合えることは設計をする身にとってまさに貴重な機会となります。海外に行くこと(異なる文化圏)で今の自分の身の回りに起きていることに対して、自分が設計している建築に対して、相対化することが出来ます。この積み重ねは自分の思考のレンジを確実に広げてくれています。今の自分を絶対視せずに少しずつ自分の思考を広げより良い建築をつくることへとつなげていきたいものです。...