愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | nakawataseblog
9
archive,paged,category,category-nakawataseblog,category-9,paged-21,category-paged-21,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

nakawataseblog

mne
心の底から

昨日は心の底から行きたくない場所へと行ってきました。 事前に連絡をもらった時から えーーーー。と事務所内で一人で大騒ぎ。 こんな小さな事務所をいちいち呼ばなくてもいいじゃない!とか 設計事務所なんて読んでも意味ないよ!とか 自分勝手な言い訳やら言い分やらを あーでもない、こーでもない。と言い、 もう忘れようと思い、一昨日くらいまで忘れていました。 そして、昨日行ってきました。 労働基準監督署。 っで、行ってみると割とすんなりと終了。 法律があるから知らないといけませんよ。ということだったようです。 たしかに小さな時にきちんと伝えておかないといけないような内容でした。 いろいろと教えてもらい、お勉強になりました。 自営業を始めて9年がそろそろ経過しますが 事務所の運営については知らないことが盛りだくさん… 設計事務所だから設計だけやっていれば幸せなんですが… 一応、代表者なので…知らないといけない法律もあるようです。 最近、建築に関する法の取扱いについて役所とぶつかることが しばしばあります。 法でグレーな部分に対して本質的に白であれば黒ではないでしょ!と 思うのですが、役所(検査機関)は黒といいます。 しかも、理由があいまいなまま。 その姿勢に腹が立ち、責めると嫌がられる始末。 でも、労働基準法のように知らないことを教えてもらえると なんとなくスッキリします。 つまり、法というのは自分基準ではいけないのですが 知ってくると自分基準が出来上がり、そこで 検査機関との間で意識のずれが発生し、 プリプリと喧嘩をしだすサイクルが出来上がっているようです。 法に対してギリギリの設計をやらなければいいのですが…。 ・・・・。・・ 昨日はいらぬ精神的な緊張をしてしまい、 かなり疲れました。 久々の疲れで夜帰ってきてから全く動きたくないほど。 普段とリズムがずれてしまい、今日やる気がうまく出ません。 というわけでこのブログを書いています。 ・・・・。・・ どこに行っても、そして、クライアントの方からも 忙しそうですね。と言われますが 一定のリズムの中で生きているので実はそう忙しいと 自分自身では思わないわけです。 決められた時間の中で何をするのかを配分し、淡々と進めていけば 忙しい!という感じはありません。 一つだけ言えるのはどうも忙しそうに見せるのが上手ということのようです。 ・・・・。・・ 見積もすんなり収まりましたmne そろそろ確認申請を提出して、工事着工です。 この長屋(法律上)は古くからの友人宅です。 変わった要望があり、とにかく昼間の光はいらない。と。 というわけで直射が入らないようにこの住宅はしています。 階段室を除いて直射が入らないような案にしています。 画像は明るくなっていますが、もっと暗い反射光に覆われた 不思議な空間が出来上がると思います。    ...

役割分担

どこで何を更新しているのか?自分でもよく分からなくなってきたので 役割分担の発表です。 facebook(CO2WORKS)→現場での出来事をその場で更新。 twitter→その場で行っていること、考えていること。 webの物件ブログ→現場でのまとめ(担当者が投稿) webのブログ→考えていること。 になります。 とこうやって書いてみると設計中の物件に対するご報告がないことに 気づきました。 設計中の物件はfacebookにて頑張って更新していこうと思います。 よろしくお願いします。...

eigo

海外の大学から最近二名の学生がオープンデスクに参加しました。 二人に共通しているところは自分なりの問題意識をもっているということ。 日本の学生(こういう大きなくくりはいけないけど)は何をしたらいいのかわからない。だから動かないと言う。 彼らは分からないから動く。 もちろん日本の学生にもそういう学生はいて日本の外に 出ているのだろう。 と考えると心配する必要もないか… 問題となるのはぼくで、英語を話すことが出来ない。 日本にいるのだから日本語でもいいのだけど、 微妙なニュアンスを伝えることが出来ない。 せっかく日本まで来ているのだから日本の設計事務所がどんなことを 考えているのかを伝えたいけどそうもいかない。 ローカルに生きていくのだから気にしなければいいけど、 まだ若いのだから英語くらい話せるようになった方が よいかなと思う今日この頃。...