東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | nakawataseblog
9
archive,paged,category,category-nakawataseblog,category-9,paged-21,category-paged-21,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

nakawataseblog

dNb

今日の午前中に耳鼻科に行こうかと思ったが 午後からの現場定例に間に合わないと嫌だったので 現場終了後に耳鼻科に行こうと思う。 二日連続で集中力がないため、ブログ時間。 (ブログを書いていると集中力がわいてきます。) そろそろ躯体が出来上がるdNb。この建物は新しい事務所兼僕の住宅です。 昔から疑問だったことに対して少しでも経験してみよう。ということや 元気の出る建築物をつくりたい。(なんと抽象的な…)ということなど 自分の気持ちを素直にさんちゃん(ルーキー)と一緒に考えました。 この建物には樋がありませんし、水の処理についてほとんど考えていません。 工務店の方が気をきかせてくれて… バルコニーと室内でせめて1cm段差をつけましょうとかそういう程度。 断熱は無断熱、ガラスはもちろんシングルガラスです。 換気扇は下を向いているし、ひっちゃかめっちゃかです。 建築をきちんと理解している人から見れば愚の骨頂。というシロモノです。 メンテナンスは大変でしょうし、暑くて寒い建築になります。 そうすることで建築と向き合える環境を自分自身が手に入れることが 出来るのではないかと… 建築は道具ではなく、場所をつくることだと僕は考えています。 同じお金をかけて自分にとって道具的に快適な場所をつくることも可能だったと思いますが なにやらそんなことをしたら建築に対する可能性をせばめてしまうと感じました。 現場に行くと大らかな場所が出来上がりつつあるので嬉しいです。 が、住むことについては工夫が必要なんだろうな。と思っています。 住む工夫が必要って素敵だと思いませんか?(ぼくだけか…) 以前、代車でプリウスを借りていた時にとっても運転しやすくびっくりしました。 が、車を運転する人が誰でもいいような車には愛着が持てません。 僕は昔乗っていたプジョーくんは僕が運転するとあまりエンジンがとまったりしませんでしたが 他の人が乗るとよくエンジンがとまってしまいました。 厄介な車だったわけですが気をつかうことや工夫の求められるいい車でした。 と同じように、 工夫をしながら生活をすることがぼくにとってはどうも大きな価値のようです。      ...

花粉症と僕

とうとうやってきました花粉の季節。 昨日から集中力が思いきっり欠如しています。 今年の花粉はなんだか強烈です。 鼻うがいをすると花粉対策によいとの情報を得たので 早速鼻うがいのお水?を買ってきました。 試してみると痛くない!し、なんだかすっきり。 花粉で苦しんでいる方、お試しください。 と花粉情報を書いてしまうくらい今日はなんだかなーの一日。 明日からの集中力を確保するために素直に明日の午前中に病院に行ってきます。 ・・・・。・・ みなさんに一つお願いがあります。(どうしようもないお願いですみません…) CO2WORKSのfacebookpage →facebook.com/co2works 30人いいね!がいかないと使えない機能があるため みなさんぜひいいね!を押してください。 ブログを書くよりも現場の生の情報がお伝え出来るかと思い、 ひんぱん?に更新しています。 ・・・・。・・ 事務所の引越し日をとりあえず5月11日にしました。 といっても完成するかどうかわかりません… GWから5月の中くらいまでは事務所全体のペースが のんびりしてしまうかと思いますがご容赦ください。 びっくりするような引越し案内をつくりたいのですが… 自分たちのことは後回しになってしまい、構想どまり… 四月の中くらいには引越し日程をきちんと決めて 報告できるようにしたい…と思っています。  ...

オープンデスク

春からスタッフのさんちゃんが名工大の卒業設計で 一番をとりました。 1年生のときから彼を見てきた僕としてはとても嬉しい。 これを励みに実務という荒波を乗り回して欲しいです。 最近、オープンデスクに参加する学生が少なくなってきています。 この状況はとてもさみしい限り。 設計離れが進んでいると廻りは言っているので そんな状況なのでしょう。 母校の卒業設計の講評会の後、先生方が集まって少しお話。 その中で最近の学生はやる気がない!とかネガティブな発言が多数でました。 それを聞いていたらだんだんと腹が立ってきて、 学生のやる気をださせないのは我々ではないかと言ってしまいました… こうやって僕は嫌われていきます… 設計を志した人って基本的にはモデルがいると思います。 ぼくにも師匠がいて、その人がかっこよかったから設計っていいな。と 単純に思えたわけです。 僕の師匠だってその姿が完全に素な姿ではなく、半分くらいは演じていたはず。 ぼくも学生の前では素ではいけなく、半分くらいは演じないとな。と思っています。 学校で教える人の役割は自分が担当していることに対して学生に何か面白さを 伝えることではないかとぼくは考えています。 つまらないことをやってみよう!なんて前向きにとらえる人がいないはずだから。 事務所ではネガティブ発言をかなり言いますが(リスクをおさえるためです。) 学校ではネガティブな言葉を言わないように気を使っています。 四月からは一年生を担当のようなので建築を面白さを教える努力を 行っていきたいものです。 といいつつも、事務所のオープンデスクには何も教えません。 と一番はじめに伝えます。 やる気のあることが前提なのでやったことに対するリアクションは きちんと行いますが、やらない人に対してはノーリアクション。 さんちゃんはその中できちんとアクションをし、勝手に悩み成長してきました。 悩む環境づくりがぼくのやっていることです。 その環境の中での成長だったとすればとても嬉しいことだと思いました。 ・・・・。・・ 今日は起きてからino。 昨日、コーキングをやり直しをしたので心配で現場へgo。 普通ならばその心配をするのは現場監督さん… いろいろな条件が重なり、この現場には現場監督さんが存在しません… これは初めてのことで対応に戸惑うことばかり。 普通では無いことがあり得るのがこの現場です。 各職人さんとお話をして、どんなリスクがあるのか?を 聞きながら調整しています。 各職人さんがかぶるところで調整が必要な場合は 各職人さんを呼んでもらいどうしましょうね?の打合せ。 時間としてはそんなに長い時間を必要とするわけではないけど 気をいつもの数倍使います。 現場監督さんの苦労を知るよい機会だと思い、前向きにとりくんでいます。 が、これで現場監督さんが何を嫌がっているのか、面倒だと思っているのかを かじってしまうため、いいのか?悪いのか?…      ...

mne
心の底から

昨日は心の底から行きたくない場所へと行ってきました。 事前に連絡をもらった時から えーーーー。と事務所内で一人で大騒ぎ。 こんな小さな事務所をいちいち呼ばなくてもいいじゃない!とか 設計事務所なんて読んでも意味ないよ!とか 自分勝手な言い訳やら言い分やらを あーでもない、こーでもない。と言い、 もう忘れようと思い、一昨日くらいまで忘れていました。 そして、昨日行ってきました。 労働基準監督署。 っで、行ってみると割とすんなりと終了。 法律があるから知らないといけませんよ。ということだったようです。 たしかに小さな時にきちんと伝えておかないといけないような内容でした。 いろいろと教えてもらい、お勉強になりました。 自営業を始めて9年がそろそろ経過しますが 事務所の運営については知らないことが盛りだくさん… 設計事務所だから設計だけやっていれば幸せなんですが… 一応、代表者なので…知らないといけない法律もあるようです。 最近、建築に関する法の取扱いについて役所とぶつかることが しばしばあります。 法でグレーな部分に対して本質的に白であれば黒ではないでしょ!と 思うのですが、役所(検査機関)は黒といいます。 しかも、理由があいまいなまま。 その姿勢に腹が立ち、責めると嫌がられる始末。 でも、労働基準法のように知らないことを教えてもらえると なんとなくスッキリします。 つまり、法というのは自分基準ではいけないのですが 知ってくると自分基準が出来上がり、そこで 検査機関との間で意識のずれが発生し、 プリプリと喧嘩をしだすサイクルが出来上がっているようです。 法に対してギリギリの設計をやらなければいいのですが…。 ・・・・。・・ 昨日はいらぬ精神的な緊張をしてしまい、 かなり疲れました。 久々の疲れで夜帰ってきてから全く動きたくないほど。 普段とリズムがずれてしまい、今日やる気がうまく出ません。 というわけでこのブログを書いています。 ・・・・。・・ どこに行っても、そして、クライアントの方からも 忙しそうですね。と言われますが 一定のリズムの中で生きているので実はそう忙しいと 自分自身では思わないわけです。 決められた時間の中で何をするのかを配分し、淡々と進めていけば 忙しい!という感じはありません。 一つだけ言えるのはどうも忙しそうに見せるのが上手ということのようです。 ・・・・。・・ 見積もすんなり収まりましたmne そろそろ確認申請を提出して、工事着工です。 この長屋(法律上)は古くからの友人宅です。 変わった要望があり、とにかく昼間の光はいらない。と。 というわけで直射が入らないようにこの住宅はしています。 階段室を除いて直射が入らないような案にしています。 画像は明るくなっていますが、もっと暗い反射光に覆われた 不思議な空間が出来上がると思います。    ...

役割分担

どこで何を更新しているのか?自分でもよく分からなくなってきたので 役割分担の発表です。 facebook(CO2WORKS)→現場での出来事をその場で更新。 twitter→その場で行っていること、考えていること。 webの物件ブログ→現場でのまとめ(担当者が投稿) webのブログ→考えていること。 になります。 とこうやって書いてみると設計中の物件に対するご報告がないことに 気づきました。 設計中の物件はfacebookにて頑張って更新していこうと思います。 よろしくお願いします。...

eigo

海外の大学から最近二名の学生がオープンデスクに参加しました。 二人に共通しているところは自分なりの問題意識をもっているということ。 日本の学生(こういう大きなくくりはいけないけど)は何をしたらいいのかわからない。だから動かないと言う。 彼らは分からないから動く。 もちろん日本の学生にもそういう学生はいて日本の外に 出ているのだろう。 と考えると心配する必要もないか… 問題となるのはぼくで、英語を話すことが出来ない。 日本にいるのだから日本語でもいいのだけど、 微妙なニュアンスを伝えることが出来ない。 せっかく日本まで来ているのだから日本の設計事務所がどんなことを 考えているのかを伝えたいけどそうもいかない。 ローカルに生きていくのだから気にしなければいいけど、 まだ若いのだから英語くらい話せるようになった方が よいかなと思う今日この頃。...