愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | nakawataseblog
9
archive,paged,category,category-nakawataseblog,category-9,paged-16,category-paged-16,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

nakawataseblog

IMG_2026
事務所の風景

最近はめっきり暖かくなってきて、春を通り越して初夏を感じさせるような陽気になってきました。 事務所の植栽も新芽を一気に伸ばしてきて、庭の穏やかな風景をつくりはじめています。 しかし!この時期は建築を志す人間にとってはとても重要な季節です。 というのも、建築士の一次試験である学科試験の追い込み時期にあたるからです。 穏やかになんてしてられません! 事務所でもスタッフは激務の合間を塗って勉強を続けています。 建築士という職業はとても多くの知識を必要とされます。 法規や計画など実際の設計業務と関連の深い科目ばかりではく、現場の施工的な知識も必要とされ総合的な能力が問われます。 勉強の時間はいくらあっても足りません…   dNb(CO2WORKS事務所)の窓ガラスが割れました。 ヒビが入ったな~、と思ってはいましたが、近頃の陽気のせいもあり、先日は朝日を受けて膨張した ガラスがバキバキと音を立てていました。 さすがにこれには事務所一同青ざめ、急遽ガラスの交換の手配をしました。 そして、本日はガラス屋さんが交換に来てくれました。 まずは割れたガラスを取りはずことからスタート。 窓ガラスの面積が大きいため、少しずつ分割しながら慎重に作業をすすめます。 そして新たなガラスを階段から手作業で搬入、取付までが手際よく行われました。 そんな光景を見つめながら、厚さ10㎜(!)のガラスはシングルガラスと言えども簡単に割れることはないな~だとか、 ガラスの熱膨張を数値だけでなく実感として肌で感じたりと、今後の設計につながるよう事をみんなで確認したりしていました。 dNbは実験的な場所がたくさんありますので、こんな出来事にめぐりあえるのもよい経験となっています!  (大川)  ...

20130413-160425.jpg
道具

設計に必要な道具ってご存知ですか? 昔はT定規と三角定規と鉛筆。 現在はコンピューターで図面をつくります。 書くという感覚よりも打ち込んでいくという感覚で僕は図面作成をしていきます。 といってもコンピューターはあくまで成果物である図面を作成するだけです。 検討は言葉を練り、敷地に行って敷地を読み込み、その記憶で模型検討をしていきます。 もちろん、スケッチもたくさん書きます。 だから、道具となるとペンとカッターをよく使います。 シャープペンシルは0.7mmの少し太いものを良く使います。 愛用のシャープペンシルはballografというスウェーデン製のものを使っています。 そして、一番よく使うのは赤ペン。 細いものはPILOTのVCORNで太いものはPentelのsignpenと決まっています。 ノートはLIFEのA4判無地のものが書きやすいので愛用しています。 そして、つい最近愛用品に追加されたのがステッドラーの0スタート三角スケールです。 建築物の計るときや模型をつくる時に0スタートであることはとっても便利なのです。 どれも無駄を省き、必要な機能を盛り込んでいるので あきることなく長く使っていけます。 ・・・・。・・ 最近、案の検討を行う時間が多くあります。 案を考えている時、うまくいかないことの方が多いので鬱のような状態になります。 設計を含めてデザインというのは自分の中身を外にさらけ出す行為だとよく思います。 漠然とした理想的な感じがあり、その感じに近づきたいと考えながら案を考え、 最初は上手く近づけなくてモヤモヤとします。 モノづくりは最終的なものはハッピーであるといいなと思いますが… プロセスは苦しみとの共存をいかにするかどうかです。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

さようなら。山谷くん

3月いっぱいで山谷くんが事務所を離脱しました。 イベントには参加しますのでー、とさわやかに言って 去っていくところが山谷君らしいところです。 事務所の方針として スタッフは一定期間、事務所に所属したら外へ羽ばたいてほしい。 長い期間、事務所に所属して惰性を身につけるよりは 期間を限定することで集中的に学ぶべきことを学んで欲しいと思っています。 出来ることならば僕がスタッフへ伝えて、そのスタッフが他のスタッフに 伝えていくという循環をつくっていきたいと考えています。 昔は伝える!という気持ちが強すぎてかなりきつくスタッフと接していましたが そのような接し方では萎縮するばかりなので(当たり前か…) いけないことはいけない、ということも含めて言葉を多めに伝えるようにしています。 ・・・・。・・ 4月からは複数の現場が一気にスタートすることになりそうです。 見積から期間が空いている物件もあるので 再度、図面を読み込んで現場を進める必要があります。 最近の事務所の物件の傾向として見積からの調整期間が長くかかっています。 予算に始めから合えばいいのですが…なかなかそういうわけにもいかず クライアントさんと苦労します。 もう少し予算に対して計画段階からシビアにならないとな、と思う今日この頃です。 ....。.. koaは現在、複雑な基礎について工務店さんと調整しています。基礎の高さは床の高さを決めてしまうことになるので再度確認をしています。複雑なだけに合理的になるように再考しています。 sahは来週工事契約です。 契約用の図面訂正は終えているので少しホッとしている期間です。 ofnは見積調整中です。 今回始めて使うハイブリッド給湯器についてクライアントの方と意見調整。始めて使うものはもう少し調べないとな、と反省。金額的には予算とあいそうなので一安心です。...

東京に行きます。

東京都の集合住宅のお仕事を続けていくことになりました。 とても嬉しい結果です。 これからofn(静岡県富士宮市)の工事もスタートするので 東の方へ行く機会が増えそうです。 プレゼンを行う予定の3件の住宅のお仕事が決定すれば 現場も複数同時に進むことになりそうなので 今年は住宅の設計を控えていこうかと考えています。 (住宅の用途に限ってです。) というのも住宅はやはり要望が多いので覚えている自信が無いからです… (といって、そもそも覚えているかと聞かれると困るのですが…) ・・・・。・・ 集合住宅のコンペでクライアントの方からぼくらしくやってもらえればいいです。と いうお言葉を頂きました。 当たり前のことなのですがクライアントのキャラクターを理解しながら 住宅の設計を進めていきますのでぼくらしくある必要はいつも“あまり”ありません。 今回は自分の気持ちに素直な建築というものを設計してみようかと思っています。 どんな建築が出来あがるか?自分でも楽しみになってきました。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

法事

昨日は祖父母の法事。 祖父が亡くなってから12年経ち、祖母が亡くなってから2年が経ちました。従姉妹たちの子供はすくすくと大きくなっていきます。 祖父母がいないことに寂しさをまだ感じますが、子供たちの成長を目の当たりにすると循環のようにも感じます。 祖父母はもういないけど、みんなが集まるきっかけを与えてくれています。 全国に散らばっている親族が集まって互いの子供の成長を感じながら語らい合う時間というのもなかなか贅沢な時間ではないかと思います。 ....。.. 年に数回の事務所イベントの建築旅行に行ってきました。 事務所の良いところを次の世代に伝えていくために旅行を僕は大切にしたいと考えています。 が、今回の旅行は伝えるという循環がうまく形成出来ませんでした。 旅行への入り方が悪そうだと感じていたので事前に旅行へ行く意義を伝えようかと思いましたが、今回は様子を見てみることにしました。 結果としてよくないものになりましたが、事務所全体として今後の糧にしていきたいと思います。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

IMG_3473
建築旅行 0320

建築旅行に行ってきました!CO2WORKSではオープンデスクの学生さん達に建築の楽しさを知ってもらうべく、定期的に建築旅行を開催しています。今回は弾丸日帰りの東京巡り。まずは西沢立衛さんの森山邸を訪れました。住み手の方も非常に綺麗に使われています。屋上テラスでは猫が日向ぼっこをしていて気持ちよさそうでした。 続いてル・コルビュジエの国立西洋美術館。今回は1年生も参加しており、所長の解説を熱心に聞いていました。 表参道で犬に懐かれる大川さん 原研哉さんディレクションのハウスビジョン展を見学。先を見据ながら現在に向き合うことはとても大切ですね。 ハウスビジョンで子供に懐かれる大川さん 駿河でシメのそば。とても充実した旅行となりました! STAFF: 山谷...

読書

趣味ってなんですか?とたずねられれば読書と旅行です。 とお伝えしています。 本を読むことは小旅行のようなもので 自分が知らない世界を知る一つの手掛かりのような感じがするので好きです。 というものの、だいたいは建築と関係のありそうな本を読むことが多いです。 建築ど真ん中を読むこともありますがその周辺にある建築と関係している本を読むことによって 建築をより拡大して解釈できるといいな、と思い読んでいます。 本の感想文をこのブログの中でアウトプットしていけば 本の内容をより理解できるのではないかと思うものの 本の感想をお知らせするのもなにやら気恥しく出来ていません。 最近、読んでいる本は 身ぶりと言葉/一般意思2.0/言葉と物 です。 どれも難解でなかなか進みません。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

ミーティング

金曜日の夜はミーティングの時間です。 CO2WORKS ミーティングなので事務所内ではCMと呼んでます。 現場報告やイベントの相談など実務的な時間と 建築の概念に対する話し合いの時間を交互に繰り返しています。 実務だけでは実務に即した設計のみを行うことになってしまうでしょうから 思考のレンジを広げるために行っています。 といいつつも、2週間に一度建築の概念に対する話し合いを行うことって 実務を行っている人ではなかなか困難なものです。 一年間の計画表をつくって頭の片隅に置いておきながら 少しずつ思考を積み上げていくようにする必要があるのではないかと考えています。 思い切ってそれをweb上にアップして興味のある時は 外部から人が来てくれるような環境を作れたらと考えています。 (僕一人がそう考えているだけです…) ・・・・。・・ 最近お問合わせが多く嬉しい限りです。 が、今年は物件数を絞ると決めているのでお引き受けする数に限りがございます。 co2が問合わせが多いくらいですので他の事務所も問合わせが多いと聞きます。 設計事務所は基本的に組織だっていないので(個人事務所が多いです。) 中規模の会社ならば揃っているようなマニュアルが無いことが多いと思います。 (ちなみにco2はマニュアルだらけ…) 個人として受けることが出来る物件数には限りがあります。 マニュアルもない状態でスタッフを多くすれば設計活動を簡単にいけるかと言えば そんな簡単なものでもありません。 (マニュアルがあれば出来るわけではけっしてありませんが…経験上) ほとんどが個人事務所という状態なのだから 事務所同士の連携をとっていくと 社会から必要とされる業態になっていくのではないかと考えています。 さぁ、どのように行動しようか? ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

ふー

講演会、実施のまとめ、コンペと盛り沢山の二月が終わりました。 コンペと講演会は結果はどうあれど、 ぼくにとってとても大切な経験になりました。 自分の考えや行動を掘り下げることはなかなかやれない。 しかも、掘り下げたことを外に出す機会まで頂けたのだからとてもラッキーでした。 ・・・・。・・ 講演会を行ってみて感じたこととして、 自分の話の下手さと人に伝えることの難しさです。 話が上手ければ伝えたいことが伝わるわけでもないし、 人に伝えることが出来るからといって話が上手というわけでもない。 両方がないと面白くないんだなーと実感。 なかなか講演会をさせて頂く機会もないだろうけど 機会があれば率先して行っていきたいと思えました。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

緊張感

自分が緊張していることに気づかずに過ごしてきたようです… 東京の集合住宅のコンペのプレゼンが昨日終わりました。今回はストーリーを鈴木さんとキャッチボールしながら案を作っていくという今までとは異なるアプローチをしたので試行錯誤。 そんなハードルがあったからこそのよい案が出来ました。 設計という行為は心と身体の鍛練です。というと大袈裟かもしれませんが本当に疲れます。考えて考えぬかないとその人とその場所に合うものにならない。 去年設計を10件行ってみて、かなり辛くなんだか疲れてますねー。と言われることばかり。どのプロジェクトもスタッフと共同で行っていたのですがスタッフもかなりお疲れの様子。事務所全体が緊張しすぎてクタクタになっていたのでしょうね。 だから、今年は6件の設計にします。 緊張に耐えれないというのもありますがよりよいものをつくれる環境にしていきたいという気持からです。...