東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | nakawataseblog
9
archive,paged,category,category-nakawataseblog,category-9,paged-16,category-paged-16,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

nakawataseblog

20130525-145723.jpg
レバーハンドル

今日はレバーハンドルについて そもそもレバーハンドルってご存知ですか? 開き扉を開けるときに使用する金物です。 機能としては同じもので握り玉というものもあります。 握り玉の方がビジュアル的には素っ気なくて 好みなのですがお子さんが開け辛いという難点があります。 レバーハンドルには様々な形状のモノがあるのですが コンパクトで触って欲しい!と訴えかけてくるような形態のものが あまりありません...

10周年です。

何もない! お金も無ければコネも実績もない。あるのは一級建築士という資格だけ。 という10年前の今日。 今の僕ならば独立するのは止めておいた方がいいよ、とアドバイスをするでしょう。 そんな状態にも関わらず今思えば若気の至りというものと 無責任な自信を元にしてスタート。 もちろん仕事は何もない。 なんとかなるか、という無自覚な状態でした。 工務店や知り合いの紹介でプレゼンはしてみるけど上手くいかない日々。 きっと廻りの人からしてみれば何もしないよりは ダメ元でプレゼンする機会を与えておいた方がいいのだろうと映っていたに違いない。 先輩と一緒に仕事をしたり、師匠のお手伝いをして なんだか仕事をしている気になっていた始めの頃。 こうまとめてみると本当にダメでした...

logo2
ロゴ

ホームページのロゴが変わったことに気づきましたか? CO2WORKSのロゴをcreunの加藤さんに作ってもらいました。 今回、事務所の鉄則である自分たちのことは自分たちでやる!を破りました。 自分たちのことは自分たちでやるが鉄則なので もちろん今まで事務所外の方にお願いしたことがありませんでした。 だから、デザインが上がってくるまではワクワクしました。 今回は普段の逆の立場を味わうことが出来ましたが 事務所に設計の依頼をしてくださる方も こんな気持ちで僕たちの案を待っていてくれるのだなー、ととてもよい勉強になりました。 今回、加藤さんは依頼したこと以上のことの提案をしてくださいました。 楽しませて、なおかつ驚きもあるプレゼンは見習う必要がありますね。 ・・・・。・・ 最近、コンセプトブックのための写真を自分で数枚撮りました。 今まで撮ったものも使用しています。 今まで僕のレベルではアウトプットとは言えないなと思い 写真を適当に撮ってきたのですが… 写真も自分のアウトプットとして取り扱うと気付くことがある、 ということに今更気付きました。 何事にも自分としての最善を尽くすことで成長のサイクルが あるものだなと改めて感じることになりました。 ということで、写真を適当に撮ることはやめて自分なりの意識をもって 今後は撮っていこうと思います。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

20130504-153303.jpg
コンセプトブック

世間はゴールデンウィークだというのに今日もお仕事です。 というのも、更新が延び延びになっているコンセプトブックを作成しているからです。 今回のコンセプトブックは文章の量が以前のモノと比べて多く文章を練るのが大変です。本当に。 以前はブログで長い文章を書いていたので文章を構成することがそれほど厳しくなかったのですが 最近は仕事が忙しいことを理由にブログの文が短いため、文章を構成する能力がびっくりするくらい 落ちてしまいました。きっと国語の先生がチェックしたら赤ペンだらけです… コンセプトブックというと何やら小難しそうな雰囲気のものと感じてしまうかもしれませんが 設計を行っていく上での思考の始点(視点)をみなさんにお伝え出来ればと思って製作しています。 モノづくりする上で始点をクライアントの方と共有できれば意思疎通のレベルが 無い時と比べて格段に上がると考えています。 完成は5月15日です。CO2WORKSの建築に興味のある方はぜひお手にとってご覧頂ければと思います。 ...

家づくりスクール五月

家づくりスクールを5月26日日曜日に開催します。 家づくりスクールでは僕が家をつくる時に知っておきたかったこと 例えば、住宅資金を借りるときの流れ や、家づくりをする上で知っておいてもらいたいこと 例えば土地選びの基準などを 設計事務所からの視点と家づくりの経験者として 皆さんにお伝えさせて頂ければと思っています。 設計事務所との家づくりに興味のある方、ぜひご参加ください。 あとから頑張って営業攻めなんてことはありませんのでお気軽にどうぞ。 詳しくは以下をご覧ください。 http://co2works.main.jp/wp/archives/3763   ・・・・。・・ ykuは現在、詳細図作成期間です。 CO2WORKSでは詳細図の作成期間を一ヶ月頂いています。 その期間、毎日のように担当者と食事時間にやりとりを繰り返します。 詳細を考えることには役割が大きく二つあります。 1つは作ることが出来るかどうか。 詳細はつくる人の気持ちも考慮しないとなかなか納まりません。 スタッフはまだまだ現場での経験が浅いので、 スタッフが手書きで書いた図面に対して 僕が職人さんの気持ち(?)になってスタッフと話し合います。 そして、もう一つが全体の構成をより明確にする役割もあります。 ぼくたちが考えているコンセプトを詳細レベルまで浸透させることで 建物全体の思考の強度を増すことを考えています。 ....。.. facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

名称未設定-1
BACK to MODEL

現在、CO2WORKS事務所の1階で「BACK to MODEL」という展示を開催しています。 「人それぞれ」というテーマで写真展示や映像ながれています。 人それぞれ個性があり、違いが面白いですが・・・ みなさん人それぞれ美人すぎます。。。 会場にはモデルさんも出入りされております。皆さん行けばモデルさんに会えるかもしれません!! この一週間は服に靴に歩き方に・・・何だか妙に拘らなくてはいけない感じが事務所に漂っております。。笑 いやっ、本当は普段から拘るべきなのです! 今までが間違っていたことに気づきました。。 4/25の木曜日までですので、皆さん是非是非お越しくださいませ。 「BACK to MODEL」 FACEBOOKは “こちら” をクリック!! okada...

現場

現場がたくさん始まります。 koa.sah.ofn.nay 仕切り直しのhmf。 五件同時に進んで行くことになるので集中力を高く維持しないといけません。基本的に現場でやり直してもらうことを無いように現場を進めたいと考えています。そのために現場監督さんと事前に打合せを行い、設計と現場の気持ちのズレがないようにします。事務所では詳細図を多く書きますがそれは現場で精度を高めるための資料という扱いです。...

IMG_2026
事務所の風景

最近はめっきり暖かくなってきて、春を通り越して初夏を感じさせるような陽気になってきました。 事務所の植栽も新芽を一気に伸ばしてきて、庭の穏やかな風景をつくりはじめています。 しかし!この時期は建築を志す人間にとってはとても重要な季節です。 というのも、建築士の一次試験である学科試験の追い込み時期にあたるからです。 穏やかになんてしてられません! 事務所でもスタッフは激務の合間を塗って勉強を続けています。 建築士という職業はとても多くの知識を必要とされます。 法規や計画など実際の設計業務と関連の深い科目ばかりではく、現場の施工的な知識も必要とされ総合的な能力が問われます。 勉強の時間はいくらあっても足りません…   dNb(CO2WORKS事務所)の窓ガラスが割れました。 ヒビが入ったな~、と思ってはいましたが、近頃の陽気のせいもあり、先日は朝日を受けて膨張した ガラスがバキバキと音を立てていました。 さすがにこれには事務所一同青ざめ、急遽ガラスの交換の手配をしました。 そして、本日はガラス屋さんが交換に来てくれました。 まずは割れたガラスを取りはずことからスタート。 窓ガラスの面積が大きいため、少しずつ分割しながら慎重に作業をすすめます。 そして新たなガラスを階段から手作業で搬入、取付までが手際よく行われました。 そんな光景を見つめながら、厚さ10㎜(!)のガラスはシングルガラスと言えども簡単に割れることはないな~だとか、 ガラスの熱膨張を数値だけでなく実感として肌で感じたりと、今後の設計につながるよう事をみんなで確認したりしていました。 dNbは実験的な場所がたくさんありますので、こんな出来事にめぐりあえるのもよい経験となっています!  (大川)  ...

20130413-160425.jpg
道具

設計に必要な道具ってご存知ですか? 昔はT定規と三角定規と鉛筆。 現在はコンピューターで図面をつくります。 書くという感覚よりも打ち込んでいくという感覚で僕は図面作成をしていきます。 といってもコンピューターはあくまで成果物である図面を作成するだけです。 検討は言葉を練り、敷地に行って敷地を読み込み、その記憶で模型検討をしていきます。 もちろん、スケッチもたくさん書きます。 だから、道具となるとペンとカッターをよく使います。 シャープペンシルは0.7mmの少し太いものを良く使います。 愛用のシャープペンシルはballografというスウェーデン製のものを使っています。 そして、一番よく使うのは赤ペン。 細いものはPILOTのVCORNで太いものはPentelのsignpenと決まっています。 ノートはLIFEのA4判無地のものが書きやすいので愛用しています。 そして、つい最近愛用品に追加されたのがステッドラーの0スタート三角スケールです。 建築物の計るときや模型をつくる時に0スタートであることはとっても便利なのです。 どれも無駄を省き、必要な機能を盛り込んでいるので あきることなく長く使っていけます。 ・・・・。・・ 最近、案の検討を行う時間が多くあります。 案を考えている時、うまくいかないことの方が多いので鬱のような状態になります。 設計を含めてデザインというのは自分の中身を外にさらけ出す行為だとよく思います。 漠然とした理想的な感じがあり、その感じに近づきたいと考えながら案を考え、 最初は上手く近づけなくてモヤモヤとします。 モノづくりは最終的なものはハッピーであるといいなと思いますが… プロセスは苦しみとの共存をいかにするかどうかです。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

さようなら。山谷くん

3月いっぱいで山谷くんが事務所を離脱しました。 イベントには参加しますのでー、とさわやかに言って 去っていくところが山谷君らしいところです。 事務所の方針として スタッフは一定期間、事務所に所属したら外へ羽ばたいてほしい。 長い期間、事務所に所属して惰性を身につけるよりは 期間を限定することで集中的に学ぶべきことを学んで欲しいと思っています。 出来ることならば僕がスタッフへ伝えて、そのスタッフが他のスタッフに 伝えていくという循環をつくっていきたいと考えています。 昔は伝える!という気持ちが強すぎてかなりきつくスタッフと接していましたが そのような接し方では萎縮するばかりなので(当たり前か…) いけないことはいけない、ということも含めて言葉を多めに伝えるようにしています。 ・・・・。・・ 4月からは複数の現場が一気にスタートすることになりそうです。 見積から期間が空いている物件もあるので 再度、図面を読み込んで現場を進める必要があります。 最近の事務所の物件の傾向として見積からの調整期間が長くかかっています。 予算に始めから合えばいいのですが…なかなかそういうわけにもいかず クライアントさんと苦労します。 もう少し予算に対して計画段階からシビアにならないとな、と思う今日この頃です。 ....。.. koaは現在、複雑な基礎について工務店さんと調整しています。基礎の高さは床の高さを決めてしまうことになるので再度確認をしています。複雑なだけに合理的になるように再考しています。 sahは来週工事契約です。 契約用の図面訂正は終えているので少しホッとしている期間です。 ofnは見積調整中です。 今回始めて使うハイブリッド給湯器についてクライアントの方と意見調整。始めて使うものはもう少し調べないとな、と反省。金額的には予算とあいそうなので一安心です。...