東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | nakawataseblog
9
archive,paged,category,category-nakawataseblog,category-9,paged-15,category-paged-15,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

nakawataseblog

温度測定

昨日、JIAの住宅研究会の活動として、dNbの熱環境測定を行いました。結果はまだまとめていませんが、熱の状態を数字に置き換えることで今までに得てきた知識に焦点が合いました。 建築は熱や風、人の気分など目に見えないものを扱うことが多いので想像力を必要としますが、想像力を働かすためのベースとなる基礎知識がより大切になります。その基礎知識は実体験に基づいた方がいいのですが基礎知識と実体験がなかなかリンク出来ないのです。リンクさせるためには可視化するのがやはり分かりやすく、今回のように実験出来るのはいい機会です。 ここからは中渡瀬の主観。 人の表面温度はだいたい34度くらい。ということは34度の放熱体なわけです。夏は熱を排出することを妨げないようにしつつ冷やすことを考え、冬は熱を逃がさないようにすれば快適なはず。特に冬に関しては建築の熱的性能をあげるよりも衣服の熱的性能を上げる方が環境負荷が小さく出来るのではないかと思います。 夏は気温が34度未満であれば冷却出来るはずなので冷却しやすい環境をつくる必要があります。空気に断熱効果があるので風をとりこみ、気温と体感温度を近づけるようにしたいところです。 建築の熱的性能を上げることだけを考えるよりも生活の仕方や服装など身近なものを含めて温熱環境はつくった方が理想的だと考えています。...

受賞のお知らせなど

第45回中部建築賞をdNbが受賞することになりました。関係者の皆様には深くお礼申し上げます。 僕の師匠に当たる方も受賞していたこともあり、いつかは受賞し、師匠に少しでも近づきたいと想っていた賞ということもあり嬉しく思います。 dNbは自邸兼事務所ですので、いつでもご覧頂けますので見学をご希望の方はお気軽にお申し付けください。 11月15日発売のLIVESにkomが掲載されています。設計者視点ではなく、クライアント視点の雑誌ですのでお楽しみ頂きやすいかと思いますのでぜひ手にとりご覧頂ければと思います。 先日のオープンハウスにお越し頂いた皆様、どうもありがとうございました。若い方が多く元気をたくさん頂きました。...

庭と自然

先週、時間を頂いて日帰りで京都に行ってきました。 名古屋からだと車でも1時間半程度で京都まで行けるので 毎年、1回は京都に行って庭を見ると決めています。 今回は南禅寺、法然院、銀閣寺、曼殊院、大徳寺と5つの庭を見てきました。 どの庭も自然をコントロールして庭をつくりあげているのですが、 銀閣寺の庭はコントロールの仕方が絶妙で行く度に感動します。 自然は予測することが難しいのでコントロールしにくいものなのですが...

オープンハウスが続きます。

11月から3月までの間、オープンハウスが続いて行うことが出来そうです。 (今年の前半は全く出来ませんでした...

展示を終えて

久しぶりの投稿です…Facebookを出来るだけ更新するようにしているとブログを疎かにしてしまいます。すみません。 今日まで一階を鋳金作家さんに展示スペースとして一週間利用してもらいました。(10月にも他のグループ展が開催されます。) 作家さんの知り合いの方や僕の知り合いまで多数の方にお越し頂きました。こうやって人に使ってもらうことで建物が単なるハコではなくて、繋がりを生み出す装置のようになります。繋がりをつくるというのはなかなか難しくて、人と人が会うだけでは作られにくいものだと思います。“何か”を介して人と人が繋がるものだと思っています。今回は作家さんの作品が人と人を繋げる役割を果たしていました。せっかくある一階のスペースなのでもっと繋がりを生むような場所にしていきたいものだと展示を終えて感じました。...

金沢への旅

久しぶりに投稿します。 日曜日から月曜日にかけて金沢へ建築を見る旅行へ行ってきました。 この旅行はスタッフとオープンデスクと僕が参加します。 目的としては個人の建築に対する力量を上げていこうということです。 今回は一泊だったので夜に建築に対する話し合いの時間を作ろうと考えていたのですが...

住む事

現在設計中の東京アパートではこんな暮らしをしてもらえたらいいな、と考えながら設計を進めています。住戸毎に住まい方に対する提案を盛り込むようにしています。 設計する者としてこんな暮し方がいいと思いますよ、という提案をさせて頂きますが、住宅の場合はその時のクライアントの考え方がその住宅の住まい方を強く決めてしまいます。夢見てる住まい方が本当に自分達にフィットしているかどうかを体験せずに決めるわけですから、強い想いばかりが先行してしまっているかもしれません。賃貸物件で自分達の生活像を固めてから家づくりをした方がいいのではないかと思います。 住まい方の提案がある賃貸アパートが名古屋でも多くあれば、戸建てを建てる前の住まい方のよいレッスンになると思います。と思うもののなぜか名古屋には住まい方を楽しむような賃貸物件が少ないように感じます。 生活提案のある賃貸アパートを名古屋で設計したいものです。...

20130615-094405.jpg
上棟

今日は安城市で工事を進めているsahの棟上げの日です。前日まで基礎しかなかったところに一気に骨組みが出来上がります。現場監督さんと大工さんたちが息をぴったり合わせながら組み上げていきます。クレーン車は使うもののほとんどが人の手によって作られていきます。組み方の順など経験がモノをいう場面も多々あり、経験の大切さを痛感する機会でもあります。上棟は工務店の腕の見せ所です。一方で設計者は上棟時にいても無力なものですがこれから進んでいく工事を想像して考えておかなければいけないことを先回りする時間として大切にしています。 上棟は日本のもつ技術力や職人さんの能力の高さがよく分かります。このプロセスをクライアントの方にご覧頂くことで作り上げることの難しさやモノづくりに対する尊厳を感じてもらえるよい機会だと思います。...

20130608-150004.jpg
植物さん

今回は植物についてです。 facebookのいいね!を参考にブログのネタを考えると投稿している数から 植物ネタばかりにこのブログがなってしまいそうです...