愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | co2works
1
archive,paged,author,author-co2works,author-1,paged-74,author-paged-74,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • インタビュー
  • 旅行
  • イベント
  • staffblog
  • nakawataseblog
  • news
  • 未分類
完成3
HSK0428

少し期間があいてしまいましたが・・・ 久しぶりにHSKhouseのご紹介です。   この空いていた期間に工務店さんとの工事請負契約を終え、 今月初めに地鎮祭を行いました。 大雨の中、大変な地鎮祭となりましたが無事工事の祈願をしてきました。       ↑そして今週初めには地盤改良を行いました。 今回は砕石パイルのハイスピード工法です。   まだ現場に形が出来ていないので、少しこの建物が出来た経緯と魅力をご紹介。 べた褒めしちゃいます。。。 敷地内には元々大きなシンボル的な木が1本生えていました。 その大きな木の下に敷物を敷いてお弁当を食べたり、寝転がったり、 木の上に登って遠くを眺めたり考え事をするような感覚で気持の良い 居場所をたくさんつくる生活スタイルを考え、プランへ落としこんでいきました。   構成としては隣地などの視線の問題を踏まえながら5つのボックスをずらして構成しています。 このずれによって偶然の居場所をつくり出し、気分や用途に応じた使用ができたり、 時間帯、季節毎によって様々な表情の光が入り込み、直射の煌々とした光ではなく、 木の下にいるような木漏れ日や木の枝に乗っているような隙間からこぼれ落ちる光など、 反射の光や直射が低減されたやわらかくて優しい光が入ってくるのです。   また、各個室を1ボックスに納めてボックス同士をずらすことによって、 建具がなくても視線がバッティングしないようにすることで 完全に個室を仕切らなくてもいいように構成し、 別々の部屋にいてもお互いがお互いのことを意識できる環境をつくるよう考えました。 ということで魅力のたくさんある素敵な家が出来ました。   工事はゴールデンウィーク明けから、いよいよ基礎工事に取りかかります。 監督さん、大工さん、職人さんこれから半年間という短い期間ですが、 どうぞ宜しくお願い致します。 そしてHさん、HSKhouseをより良い家に作り上げていきましょう。 みなさん宜しくお願いします。   (okada)...

05
hmf0428

新しいプロジェクトのご紹介です。 敷地は名古屋市名東区。 街の環境はとても静かな緑あふれる住宅街です。   ↑敷地から南を見た景色。 西を見ると・・・ 北を見ると・・・   ・・・もちろん東を見ても森です。。。 といった自然あふれるすごい敷地なのですが、敷地に立ってみると 景色が抜け、緑がたくさんある気持ちのいい敷地です。 先週末に1stプレゼンが終わりました。    hさんらしい穏やかな家が完成しました。     実は今回の敷地は法律が物凄く厳しい敷地になります。 宅地造成区域内、10M高度地区、風致地区、都市公園地域内と 4つの法律に縛られてしまっています。 これらの厳しい法律やhさんのイメージやご要望、敷地の形状を活かした住宅を 考える為、事務所ではあーでもないこーでもないと打ち合わせを重ねて参りました。 次回5月中ごろに打合せにて要望のご確認をしていきます。 それまでの期間はCO2WORKS hmfhouseチーム一同で 敷地にて縄張り検討を行っていき、実際のボリュームやレベル確認などを行っていきます。 まだまだ始まった物件ですので、もう少し時間を掛けて より良い家になるよう詰めていきたいと思います。 今後は少しづつhmf houseの変化を載せて行きたいと思いますので宜しくお願いします。   (okada)...

KK0426
KKH 0426

KKH houseは、今週頭、現場に枠が搬入されました。 連休前後には、 家具のTVボードの天板、外構の駐車場と揃えた玄関土間の洗出しの種材も搬入されう予定です。   現在は、外部・内部の枠の取付と共に下地の施工を進めていく段階です。 現場の様子は、今週末の定例後ご報告させて頂きます。     現在、仕上前の最終確認として、 以前写真にてご紹介致しました仕上材の他 照明器具・水廻り器具の確認作業を行っております。   今回の建物「KKH house」では、味わいのある素材感を大切に、 器具の選定も行っております。   毎日くらす場所となる為、ビジュアルのみではなく、使い勝手や使用箇所・用途により、実際に使用が可能かも考慮しつつ、 なかなか完璧なモノがないという点がモノを探す事の難しさではありますが、 クライアントのKさんと共に、「ぴたり」とくる品々を選別しております。           枠・下地施工を終えると仕上工事へと現場は進んでいきます。 この選び抜かれた素材達でまとめられたKKH houseがどのようになるかは 竣工時までお楽しみに。...

IMG_0563 (ポンプ)
MNE0419

MNE-houseの工事の様子のご報告です。   朝からよく晴れた今日、MNE-houseでは朝一から工事が行われました。 空高く伸びるこれはコンクリートを流し込むためのポンプ車のアーム部分。 今日の工事は基礎のコンクリート打設です。   先週鉄筋が配置されたあと、コンクリートを流し込む型枠ががっちりと組まれ、 MNE最初のコンクリート打設となりました。 これは工務店の職人さんと監督さんが一緒にコンクリートを打ち込んでいる様子です。   一言で打設と言っても ポンプを操る人、コンクリートを振動棒で固める人、型枠を叩いてコンクリートを行き渡らせる人、打設面を整える人、・・・ などなど、人手が多くかかる工程なのです。 これは振動棒(バイブレータ)です。 振動をかけすぎると、型枠に圧力がかかり過ぎたり、材料が分離してしまったりと、 適度に振動させることが大切になってきます。難しそう。。 朝から昼前までガンガン打って基礎部分のコンクリート打設は完了。 でも、鉄筋コンクリート部分が多いMNEにとってはコンクリート工事まだまだこれから!といったところでしょうか。   (荒金)  ...

SNH0417-00
SNH 0417

新しいPROJECTのご紹介です。 閑静な住宅街が敷地のSNH house     現在見積提出に向けて、 図面の修正、クライアントの方との調整、仕上・仕様・設備のまとめの段階となりますが、 今回のBlogでは建物のご紹介をさせて頂きます。 --- 自然(大地)がそのまま家の中に続き、 森の中の木々に囲まれるような内部、 木漏れ陽のように陽の差し込む場所があり、 枝のように並ぶ梁の連続により、家族の過ごす居場所がつながりを持つ建物です。     地面から建物が生えています。 とんがった2つの棟には、お互い向き合うように双子さんのこども室が配されています。 --- 仮称●●● Nakayoshi Hagukumi house. クライアントの方と共に命名した(仮称)ではありますが、 家族が揃って仲良くすごし、また自然の環境にある素材とつながりを持ちながら、 新しいくらしを育てていく。そんな建物です。     模型とは仕上材などが異なりますが、 建物詳細は、今後徐々にお伝えさせて頂きます。 (Wakahara)            ...

KKH0417-00
KKH 0417

KKH houseでは現在、下地工事に向けての配線・配管工事が行われています。 そして、別途工事でもある、‘家具’の製作に向けての細部の詰めを合わせて行っている段階です。 本日の現場の定例では主に家具工事の打合せを行いました。     CONSENTfurnitureの片岡さんに現場にお越し頂き、 建物の概要を確認しつつ、 GW明けの最終図面確認に向け、 細部の寸法の調整、電気配線や配管の本工事との取り合いの打合せを行いました。   KKH houseでは、 キッチン・洗面カウンター・手洗カウンター・TVボードの他、ダイニングセット・ローテーブルを家具工事にて製作を行います。 天板等に使用する樹種は、天井・床材に合わせたナラの無垢材。 穏やかな色味に木目の粗さが渋みを持たせた仕上材を建物がまといます。         そして現在の現場の様子です。 サッシ廻りの防水が徐々に施されています。 ブチルテープの張り順を確認し、     棚板の位置の確認を先週の定例時にクライアントの方と行いました。     破風・鼻隠の塗装も行われています。     今後は外部の防水シート張り・外部内部の枠の取付が行われます。 枠が取り付くと開口部廻りから眺められる景色もより、仕上りに近付きます。 そんな様子をまたこちらのBlogにてお伝えできればと思います。 (Wakahara)...

KOM0415
KOM0415

KOM HOUSEはいよいよ工事が始まりまります。その前に、一体どんな家なのか、ちょっとご紹介を。ご覧の通り、室に間仕切り壁がありません。センターコアを中心に、床面のレベル差や吹抜けを介してゆるやかな境界で区切られています。ひとつひとつの部屋が細切れにならず、家全体がひとつながりになったストーリーを持たせること意図して設計しました。現場レポートをお楽しみに。 Staff : 山谷 浩介...

配筋1
MNE0414

工事が着工したばかりのMNE-houseの様子をお伝えします。 今日は基礎コンクリートを打つ前の配筋(鉄筋の配置の仕方)を 構造設計の方や現場監督さんとチェックしました。     MNE-houseは一階部分がRC(鉄筋コンクリート)造で、2階部分が木造の混構造です。 基礎の配筋は一階のRC部分の壁や、またその上にある梁や2階床 とも関係を持っているので、なにかとチェックすることが多く、 構造設計の方や場監監督さん、現場の鉄筋の職人さんと図面をにらみながらの検査になりました。   今日の配筋検査を終えると基礎にコンクリートが打たれ、土間にも打たれ、壁にも打たれ、、、 とぐいぐい上へ伸び上がっていく予定です。   (荒金)    ...

transit
NAY0413

本日はNAY-houseのご紹介です。   現在、基本設計まっただ中のNAYですが、Nさんとの打合せを重ねるごとに 少しずつ、具体的な空間が立ち上がってきています。 基本設計期間は建物の成長期なのかも、と感じます、、、   先週はついに(?)構造設計事務所の方との構造の打合せでした。 構造的に挑戦的な部分もあり、少し緊張していましたが、うまくまとめられる 方向性を見つけることもでき、一安心。   そして先日、雨の間を縫って行ってきたのが、レベル測量調査です。 雨が降ったりやんだりの天気が続いているので、ここだっ! という晴れ間のタイミングで急いで測ってきました。 下の写真はライカのトランシット様です。   レベルというのは高低差のことで、 隣の敷地との高低差、道路面との高低差、、、などなど。 法規や施工、雨水の流れ方において、しっかり把握しておかないといけないのです。 まだまだ成長途中のNAY。 基本設計の確定から実施設計、詳細検討、・・・ と、これからの成長にご期待下さい!   (荒金)    ...

IMG_1076
INO0412

INOhouse現場報告です。 駐車場部分の基礎の型枠がはずれ・・・   ↑壁の型枠を組み途中 今週の土曜日に配筋検査を行ってきます。   内部はタイル工事も終了し、 左官工事、クロス工事にはいっています。 ↑浴室タイル 真っ白のさわやかなタイルです。   ↑キッチンタイル 茶系のやさしい色合いのタイルです。   ↑左官の砂漆喰 きれいに押えてもらわずに少しガサガサしたテクスチャーを出してもらっています。   大工さんももう現場にいることは少なく、どんどん完成に近づいています。 引き渡しまであと2週間です。 みなさん今週も宜しくお願いします。...