東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | co2works
1
archive,paged,author,author-co2works,author-1,paged-62,author-paged-62,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • インタビュー
  • 旅行
  • イベント
  • staffblog
  • nakawataseblog
  • news
  • 未分類
KYK_01_kosuke yamaya
KYK 1205

New Project のご紹介です。といっても調査をスタートしてから少し経っていますので、ここまでの経緯を駆け足のダイジェストで追っていきたいと思います。フラットで広い敷地。南・東には背の高い共同住宅、北・西の空は気持ちよ開けています。敷地の要素をくまなくチェック。 クライアントのこと、敷地のこと、街のこと、法律のこと等々、このプロジェクトに関わる事項をこれでもかというぐらいに洗い出します。そこからストロングポイント、ウィークポイントを整理し、輪郭を探していきます。 整理したプログラムに対し、一度幅を広げて可能性を探るスタディを行います。何が"有り"で何が"無し"なのかを明確にしていきます。ズラリと並んだ手のひらサイズのラフ模型たち。スタッフ全員で検討したものです。 続きはまた来週! STAFF: 山谷 浩介...

スタッフ

スタッフと長い時間を共にするので、いい加減な関係ではなく、よい加減の関係になりたいと思って接するようにしています。 事務所にはルールがたくさん存在しています。このルールはボスの気分によって事務所が左右されないようにする役割でもあり、スタッフが迷った時に戻る場所役割にもなっています。と言いつつも、気分によっての発言もあります… 共有するルールがあることと事務所の方向性があることで助け合える環境をつくろうと考えています。 組織事務所のような大きな事務所ではないですが、決め事を行うことで小さな勢いのある固まりとしての事務所になれればと。 ・・・。・・ facebookもあります...

SAH1203-01
SAH 1203

SAHは先週見積提出を行いました。 現在は、工務店さんからの質疑を待ちつつ、 現場に備え細かい部分の見直しも行っています。   という事で今回はSAHについて主要な部分を改めてご紹介です。 南の古墳がそのまま建物内部まで続いていき、 その中にふと人が過ごす場所場所ができあがった。 そんな「地続き」というキーワードを基にSAHは構成されています。   外から中に入り込んだ土間を中心に、 内部と内部、外部と内部、建物と周辺環境がつながりを持っています。 敷地の状況から僅かに高低差がついた床と床、 南の景観が入り込む一続きの開口部、 そして入り込む光をやわらかく受け広げ、人がすごす事によってじわじわと味のでていく素材達。 地に近い1階部分はこのような要素でまとめられています。 ’主要な素材達。左下より・・・外壁:レッドシダー、天井(内部外部):漆喰塗装+化粧梁・内壁一部:オークフローリング(着色)・床:オークフローリング・内壁:タイル’ ’納まり。悩み過ぎだとも言われますが、格闘の足跡です・・・’   あーでもないこうでもない……こうする為にはどうすれば…… という時を経て次は見積金額確認・調整という段階へと進みます。 (Wakahara)...

koa_1203
KOA 1203

KOAは現在、電卓と格闘しております。銭勘定の得意でない私ですが、全体感のバランスを崩さないよう、慎重にスリムアップしております。もうしばしお待ちを!  STAFF:山谷 浩介...

kom_3886_kosuke yamaya
KOM 1203

お施主様の多大なご理解と、関係者の皆様のご協力により、KOMは先週ついに竣工を迎えました。仕上げの手数が最小の分、職人さんたちはかなり苦労されたと思いますが、きれいに仕上げて頂きました。完成したばかりの新しい住まいで早速子供たちが元気に走り回っていました。打合せが始まった頃よりひとまわりもふたまわりも大きくなり、頼もしい成長ぶりです。これから家具等が入ってますます生活感に彩られ、KOMがご一家とともに素敵な時間を刻んでくれたら嬉しいなと思っています。手離れする寂しさもありますが、それよりもこの先ご一家がここで日々を楽しく過ごしている時間、生活に寄り添ってカスタムされていくKOM、ここで成長していく子供達を見ることを、とても楽しみにしております。ではまた花火の見える和室にビールを持ってお邪魔します。その前にお庭の手伝いか...

昨日はsnhのクライアントのご家族に宴を催して頂きました。 引き渡しは土曜日なのですが、次の日が引っ越しということもあり その前に温かいお心配りを頂きました。 その席で担当のwがクライアントのご夫妻にいじられ、とても喜んで?いました。 (マイケル→エイドリアンに変更になりそうです。) クライアントのSさんは僕と同じ中学校のご出身で先輩に当たる方です。 地元が同じ方の設計を愛知で行うことに縁を感じます。 ・・・・。・・ 所長室はとてつもなく寒く(エアコンがありません…) 足元暖房と机の上に手を温めるための小さな暖房のみです。 温かいところで作業が出来るようにノートパソコンを購入しようかと 思っているのですが…設定を行うのが面倒なためなかなか行動が出来ません。 このブログを打つためにキーボードをたたこうとすると 空気が動いてなんとも寒い! ちなみにスタッフはぬくぬくのお部屋で作業をしています。 ・・・・。・・ 金曜日の勉強会のために朝勉強をしています。 一つのテーマにそって話合いが行われるのですが やはり、いま自分自身が問題と思っているところと テーマを関連付けてしまいます。 こうした日々の積み重ねが思考をつくっていくのでしょうね。...

日本の建築家

日本の建築家は海外での評価が高いように思います。 海外誌をみれば日本の建築家だらけ… 日本の住宅特集まで組まれてしまっています。 CO2WORKSも海外誌に載せて頂けるようです…が そこに少し危機感を覚える必要があるように感じています。 なぜ設計を行うのか? 大学に入ってから設計を勉強しているときに僕はとある人に 富士の街をよくしたい!と言った覚えがあります。 今仕事を行う時にその街をよくしたい!という気持ちをもって仕事をしているのか?と 自問自答すると、考えていないわけではありませんが…そこまでは…になっています。 きれいな空間をつくることは割と簡単ですし、 面白い建築をつくることもなんとか出来ます。 最近言っている人と地面が寄り添える建築を作っていくことって(抽象的ですが) 今後の僕の設計活動にとってとても大切なことのように感じています。 そのための仕組みを考え中です。 ・・・。・・ facebookもあります...

IMG_1426
KTH 1201

今週の打合せ・監理のために現場を訪れると、ちょうど足場が解体されている最中でした。 白いボックスと視線が外部へぬける開口部とが交互に連続する構成がよりはっきりとしました。                                                               その開口部にはFIX部のガラスが納められていました。 こちらはリビングの開口部です ↓ こども用のスタディスペースはこんな形状をしています↓ 内部の左官壁(砂しっくい)が塗られはじめたこともあり、室内が一気に明るくなってきました。 残すところもあと3週間となりました。最後まで気をぬくことなくしっかりと現場を見守っていきたいと思います!   (大川)      ...

IMG_2412
HSK1130

引き渡しを一週間後にひかえましたHSKhouseです。   先週と先先週にわたりクライアントさんの自主施工が入りました。 私達もお手伝いに伺いました! こちらの物件、階段が3ヶ所もある為、上の方の施工が恐ろしく大変でした。。。 ↑こんなふうに足場を組んで上の方も施工していきます。 他の職人さんには大ブーイングでしたが、、、何とか無事終わり良かったです。   ↑タイル関係も貼り終わりました。 先程事務所総出で現場へ顔をだしたら器具付け、仕上げの左官工事が入り最終段階へ突入しています。   明日はHSKhouseを含め、3件同時のオープンハウスを行います!!! 反射の柔らかい光の入り方や各室の繋がり方、少し不思議な空間が体験できます。 お時間のある方は是非お越しください! 詳細、ご予約はCO2WORKSのHPの「NEWS」まで。   okada    ...

iPhoneから

iphoneからこのブログに直接書き込めるようにしました。今更感もありますが… iPhoneを手にいれてからパソコンを開く回数が圧倒的に減ったのでブログの更新がおざなりになっていました。 という言い訳です… 昨日は地盤調査とクライアントとの打合せのために富士宮までいってきました。概算とプランの詰めの打合せ。 概算は今のところ予算内なのですが、実施設計になるとディテールに凝り出して予算を上げてしまいます…これは反省するところで基本設計の時から重要な部分は細かく詰める必要があるように感じています。 facebookもあります...