愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | co2works
1
archive,paged,author,author-co2works,author-1,paged-53,author-paged-53,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • インタビュー
  • 旅行
  • イベント
  • staffblog
  • nakawataseblog
  • news
  • 未分類
YKU0219

YKUhouse現在は屋根の勾配の検討をしています。 屋根の勾配+扇方にうねった形状による異なる辺の長さから 三次元の世界に頭を悩ませております・・・ 施工可能な回答かつ雨のながれかつきれいなフォルムは厳守となります。 んー・・・もう一捻り考えたいと思います。。 okada...

食事

事務所では週に三回夕食をスタッフが作ります。キッチンがどういう状態だと使いやすいか、どのくらいの寸法あるとその状態をつくることが出来るのか?を考えるきっかけになればと思っています。 食事は人柄が出るため、いつもそのキャラを食べてるなーと思いながら食べています。なにやらバブリーな食事であったり、本のままの食事であったり、適当なんだけど美味しかったりと様々です。 ものづくりはやはりキャラだなーとつくづく感じます。 ・・・・。・・ 某ラジオ番組に10分程度出演しました…予想通りカミカミで…みっともない。始めての経験だから仕方なしということにしておきたいところ。 そして、来週は講演会。開き直って行ってこようと思います。...

KYK 0211

KYKは現在、クライアントから頂いたご要望事項を平面図に反映しながら検討を重ねています。削る作業は大変心苦しくもありますが...

ローコストの場合

最近、4人家族で住む場合、最低いくらあれば家が建ちますか?と聞かれることがよくあります。 建築費が1800万円を切ると性能をキープしながらの設計はなんとも厳しいな…というのが本音です。 大きさや仕様によって金額は大きく変動しますので一概には言えないところですが… 1800万円あるばいいの?と聞かれると出来ないことはないけど…というような返答になります。 だいたいですがホームページに掲載している物件は2500万円付近の住宅が多いです。 それでも、見積をとると100%金額がオーバーします。 (もちろんそこから調整します。) となると予算をおさえたいとき、 地面に対するこだわりの無い方でしたら中古マンションを購入されてリフォームするという作り方もありますし、 中古住宅を購入してリフォームするという作り方もあるかと思います。 中古住宅の場合は構造面で不安があるのがネックであることや 壁のはがしてみたら…!!!なんてこともあるでしょうから強くおすすめというわけではありませんが そんな選択肢もあるのではないかというお知らせです。 ・・・・。・・ 集合住宅のコンペ案がまとまりつつあります。 素朴なのだけど(形状がびっくりするくらいシンプルです。)住まうことに対して提案のあるよい集合住宅になってきました。 緑に囲まれ,全戸プランが異なります。 自分が住みたい案です。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

NAY 0207

NAY house は昨日確認申請を提出しました。 確認申請とは、建築基準法および関係規定の各法律に、計画が適合しているかを審査機関に審査をしていただく申請です。 新築はもちろんのこと、増築・改築などもある一定規模以上になると、この確認申請の提出が必要となります。 では、申請者は一体誰かというと、それはクライアントになります。 もちろん、クライアントは建築の専門家ではないので、われわれ設計事務所が代理人となり、 申請用に図面をまとめ、手続きを行っています。 今回は刈谷市にある確認検査愛知さんに申請を提出しています。   写真は受付時の様子です。 申請書の内容と図面の整合性を確認していただいています。 整合のとれていない書類では、どれが本当の情報なのか定かではないため、赤えんぴつでひと項目ずつチェックを行っていきます。 事務所でも事前に何度もチェックを行っていますが、このときはテストの採点を受けているようでちょっとドキドキします… 構造計算書のチェックも含め、審査期間はおよそ2週間ほどです。 審査を無事終えると、確認済証が発行され、工事を行うための準備がひとつ整ったことになります。 (大川)    ...

MARK掲載

オランダの建築誌 MARK magazine NO42 にdNbが掲載されました。...

YKU0205

YKUhouseは現在クライアントさんに基本設計最後の要望をまとめてもらっています。 その間に実施に入る前に準備段階として、プランに対して最終チェックをしていきます。 コンセプト、法律、環境、要望、設備などなど・・・ 約9つの大きな項目から更に枝分かれして72項目余りものキーワードから角度を変えてチェックをしていきます。 もちろん同じ内容になってきてしまう項目もありますが、72項目からのチェックは 頭をフル回転させる作業となり、なかなかのエネルギーを消費します。 しかしながら、1つずつ解けて様々な方面が繋がり合い、建物が頭の中で完成していく事はとても楽しいものです。 そして、この思考の整理が完全でないと現場に入ってから「どうおさめるんだー!!?」と、 職人さんに叱られてしまうので最終的な破綻を防ぎ、コンセプトに沿ったよりよいモノをつくる為の大切な時間と言えるのです。   okada    ...

IMG_0077
建築のなかvol.02

昨日は建築のなかvol.02を開催しました。   建築業界の方はもちろん、写真関係、デザイン関係、メーカー関係の方 など56人ほどの方々にお越し頂きました。 お忙しい中、遠方から足をお運び頂きありがとうございました。 ↑会場様子   ↑アフターパーティー こんなに「建築」や「デザイン」に向き合っている方々が集まる事は他にないですし、 お話を聞いたり、質問したりと活躍されている方々の考えを聞けることはとても貴重な体験です。 次回は3/29(金)にvol.03を行う予定でおります。 今回の反省を踏まえ、また次回へ繋げてより良い会にしていけれたらと思います。 詳しくは“こちら”にアップ致します。   okada...

KYK 0201

KYKは引き続き平面計画を行っております。家事動線にこだわった平面計画。全体構成を整えつつ、"暮らす楽しみ"をどのように創りこんでいくか検討しています。特に自然光に対しては、建物のボリュームが大きくなるため、どこから光を取り込むか、どのような空間体験のストーリーを設定するかという部分を大切にしたいなと思っています。ですので、平面計画とは言いつつも、立面・断面・マテリアルも同時に計画していきます。隣の席ではオープンデスクの学生さんが3Dボリュームスタディを頑張ってくれています。ちょっと大きくなってしまったので、面積を削らなければ...

KOA 0201

着工を控え、現在金額調整中のkoa。敷地の段差部分を中央にボリュームを配置し、基礎は敷地の形状をトレースし、2段になっています。描いてませんが、上の外観スケッチの建物のバックにはワサっと木々が茂り、グリーンに囲まれた佇まいになります。下のスケッチは内部の段差箇所ですが、この段差部分を敷地の形状を純粋にトレースして斜めにすると、空間に動きが出るものの、下のダイニングスペースが狭くなってしまいます。垂直にするとダイニングを広くとれますが、この斜め案も魅力的で捨てがたい...