東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | co2works
1
archive,paged,author,author-co2works,author-1,paged-52,author-paged-52,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • インタビュー
  • 旅行
  • イベント
  • staffblog
  • nakawataseblog
  • news
  • 未分類
YNU 0321

YNU house  は引き続き金額調整中です! …が、苦しい展開が続いております。  金額にあわせた設計を行うように心がけていますが、なかなか思うようにいきません。 クライアントにも難しい選択を提示してしまっているので、申し訳ないです… しかしながらここを乗り切れば、工事着工にむけて一気に前進していきますので、 なんとかもうひと踏ん張りしたいと思います! (大川)  ...

IMG_3473
建築旅行 0320

建築旅行に行ってきました!CO2WORKSではオープンデスクの学生さん達に建築の楽しさを知ってもらうべく、定期的に建築旅行を開催しています。今回は弾丸日帰りの東京巡り。まずは西沢立衛さんの森山邸を訪れました。住み手の方も非常に綺麗に使われています。屋上テラスでは猫が日向ぼっこをしていて気持ちよさそうでした。 続いてル・コルビュジエの国立西洋美術館。今回は1年生も参加しており、所長の解説を熱心に聞いていました。 表参道で犬に懐かれる大川さん 原研哉さんディレクションのハウスビジョン展を見学。先を見据ながら現在に向き合うことはとても大切ですね。 ハウスビジョンで子供に懐かれる大川さん 駿河でシメのそば。とても充実した旅行となりました! STAFF: 山谷...

IMG_1972
hmf0319

hmfhouseガラの範囲の試掘から3週間が経ちました。 この間、見積・打合せを繰り返しておりました。 明日は現場にて構造事務所も交えてガラ撤去と掘り起こした所の 改良方法などを打合せしてきます! これで最終として、そろそろ進めていきたいところですね・・・ 工事が再開し、建物が建っていくことが待遠しいですね。 (クライアントさんはもっとそう思われているでしょう・・・) これからが楽しみです!!もう少し頑張りましょう。 okada...

KOA0318

KOAは先日、晴天の中地鎮祭が行われました。当日は私のミスにより地鎮祭に遅刻するという大失態を犯してしまいました...

読書

趣味ってなんですか?とたずねられれば読書と旅行です。 とお伝えしています。 本を読むことは小旅行のようなもので 自分が知らない世界を知る一つの手掛かりのような感じがするので好きです。 というものの、だいたいは建築と関係のありそうな本を読むことが多いです。 建築ど真ん中を読むこともありますがその周辺にある建築と関係している本を読むことによって 建築をより拡大して解釈できるといいな、と思い読んでいます。 本の感想文をこのブログの中でアウトプットしていけば 本の内容をより理解できるのではないかと思うものの 本の感想をお知らせするのもなにやら気恥しく出来ていません。 最近、読んでいる本は 身ぶりと言葉/一般意思2.0/言葉と物 です。 どれも難解でなかなか進みません。 ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

YKU0312

YKUhouseはこのような形に変身しました。 3度目の変身です。 一見は全く別モノの様ですが、実は1stプランから 室内側に対するプライバシーの問題を考え、 その中でも室外側に対する開き方をいかに気持ち良く生活 できる様にするのか?という軸は3つともにもち備えています。 ↑1個目のプラン ↑2個目のプラン ↑3個目のプラン すごく穏やかになったようですが、 内部は1、2階が繋がり合っていて、何処にいても家族の存在が感じられます。 2階は3つのボリュームを橋で渡っていくような少し遊び心のあるプランとなっています。 okada...

KYK0311

KYKは先日修正プランの打合せをさせて頂きました。 前回まで平面ベースでのお話しに偏ってしまったので、今回は立体のイメージを交えながらの確認作業。 玄関から奥へと抜ける土間と中庭の連続感、水平方向の伸びが特徴的な空間です。 そこに光の強弱や視線の抜け等を用いて実面積より広く感じさせる効果を狙っています。 ここから更に練り直して魅力的な住宅へと改良していきたいと思います。   STAFF: 山谷 浩介    ...

建築のなか→vol3

「世界と対峙しながら設計活動を行う建築家と鋳金作家と建築学生によるプレゼンイベント」 今回は地域密着の話あり、世界との話あり、と幅広い話を聞く機会になると思います! ●プレゼンター ・田中 祐江(鋳金作家) ・Tsukasa Sasaki(シーラカンスアンドアソシエイツ) ・堀内 功太郎(株式会社堀内功太郎建築設計事務所 ) ・森田恭平(三河屋) ・Takahiro...

ミーティング

金曜日の夜はミーティングの時間です。 CO2WORKS ミーティングなので事務所内ではCMと呼んでます。 現場報告やイベントの相談など実務的な時間と 建築の概念に対する話し合いの時間を交互に繰り返しています。 実務だけでは実務に即した設計のみを行うことになってしまうでしょうから 思考のレンジを広げるために行っています。 といいつつも、2週間に一度建築の概念に対する話し合いを行うことって 実務を行っている人ではなかなか困難なものです。 一年間の計画表をつくって頭の片隅に置いておきながら 少しずつ思考を積み上げていくようにする必要があるのではないかと考えています。 思い切ってそれをweb上にアップして興味のある時は 外部から人が来てくれるような環境を作れたらと考えています。 (僕一人がそう考えているだけです…) ・・・・。・・ 最近お問合わせが多く嬉しい限りです。 が、今年は物件数を絞ると決めているのでお引き受けする数に限りがございます。 co2が問合わせが多いくらいですので他の事務所も問合わせが多いと聞きます。 設計事務所は基本的に組織だっていないので(個人事務所が多いです。) 中規模の会社ならば揃っているようなマニュアルが無いことが多いと思います。 (ちなみにco2はマニュアルだらけ…) 個人として受けることが出来る物件数には限りがあります。 マニュアルもない状態でスタッフを多くすれば設計活動を簡単にいけるかと言えば そんな簡単なものでもありません。 (マニュアルがあれば出来るわけではけっしてありませんが…経験上) ほとんどが個人事務所という状態なのだから 事務所同士の連携をとっていくと 社会から必要とされる業態になっていくのではないかと考えています。 さぁ、どのように行動しようか? ・・・・。・・ facebookもあります。 https://www.facebook.com/CO2WORKS...

IMG_1943
KOA 0305

KOAは着工に向けてクイライアント、工務店、CO2の三者にて打合せを行いました。 "家づくりは部活のようなもの"とCO2では位置づけていますが、良い建築をつくるには良いチームがとても大切です。 建てる人、考える人、作る人の3者ががっちりとスクラムを組むことができたと思います。 ”作る” 方々、宜しくお願いします! STAFF: 山谷 浩介...