愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | co2works
1
archive,paged,author,author-co2works,author-1,paged-42,author-paged-42,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • インタビュー
  • 旅行
  • イベント
  • staffblog
  • nakawataseblog
  • news
  • 未分類
スタッフ。

          4月になりました。 新社会人の季節というわけでCO2にも新しいスタッフが入ってきました。 二人と一匹です(笑) 左からご紹介すると昨年12月4日に生まれたブラウンです。 落ち着きのないオスです...

TNS0407

4月からCO2WORKSの一員となりましたeisoです。 初staff blogです。 よろしくおねがいいたします!   長久手市に計画中のTNS。 今週末にいよいよ上棟です!             わたしは担当者なのですがまだ現場に行った事が無く、上棟が初現場です。 この印象的な三角屋根とテラスが実際に現れるかと思うとわくわくします!               それまでは現場の写真や図面を見て現場の予習をしています。 こちらはコンクリート打設の様子。 もう基礎は出来あがているので見るのが楽しみです。   来週は上棟の様子をお伝えします! eiso...

MKN0406

MKNは現在見積りの最終段階です。それに加えて、今は外構とキッチン設備について検討中です。 外構の素材としては何を選択すべきなのか・・・ どのようにしたら水ハケがよいのか・・・ 植栽は何がいいのか・・・など、1つの素材のメリットとデメリットと相性を考えながら選択していきます。 勉強不足を痛感中です。   話が変わりますが、私事なのですが、先日MKNの敷地にて誕生日をお祝いしていただきました。 祝っていただけるとは思っていなかったので、本当にびっくりしました! お施主様、中渡瀬さん、スタッフ・オープンデスクの皆様ありがとうございました! 忘れられない誕生日になりました。また新しい気持ちでがんばりたいと思います。 kojima...

家づくりスクール5月のお知らせ

いきなり設計事務所に個別に相談行くのは少し敷居が高いな、 そもそも建築家との家づくりってどう進むの?という疑問をお持ちの方向けに建築説明会を行います。 おいしいコーヒーを飲みながら、家づくりについてご説明いたします。 内容は、教科書に添って進めます。その後、教科書はプレゼントいたします。 ●日程 2015年5月23日(土) ●時間 AM10:00-AM11:30 ●費用 一組様1,000円 ●場所 CO2WORKS2F 名古屋市名東区代万町3丁目10番1 2F ●対象 建築家との家づくりをお考えの方 限定3組(残り3組) ●当日のスケジュール ①家づくり講座(土地選びについて、家づくりのコスト、設計事務所との家づくり) 質問タイム ②家づくりで大切なこと 質問タイム ③CO2WORKSの家づくり ●お問合わせ方法 ご参加は予約制とさせて頂きますので 【こちら】よりメッセージ欄にご連絡ください。...

KKN0403

刈谷市に計画中の住宅KKN。 今は見積もりを調整中。 大きな窓からは周辺の緑豊かな風景を切り取って、 明るい吹抜けのところでは 元気なお子さまたちがいきいきとしている姿を想像しながら、 数字たちとにらめっこです、、! 今年スタッフの一員となった私の初めての担当物件なので 気合は十分です! -nonoyama...

SKF0402

春日井市に計画しているSKF. 今は、お見積りを待っている状態です。 金額はいつもハラハラです。納まっているといいのですが・・・ ーkojima...

クラシノネ

CO2WORKSの入る建物の1階にはクラシノネというお店があります。 クラシノネは東海地区の作家さんがつくる暮らしにまつわる道具や生活用品を 販売しています。 http://kurashinone.lolipop.jp/ 営業日は金、土、月です。 13:00~20:00 僕はお店の配置や雰囲気に対するアドバイザーという形で関わらせてもらっています。 といってもギャラリーや雑貨屋さんで働いたことがあるわけでも無いので 現在は一消費者としての視点からお店を見るようにしています。 おおよそは整理整頓がなってない!というだけですが(笑) このお店を作る前にどの範囲の作家さんに協力してもらうか?という問いがありました。 東海地区というしばりを設けることによってその作家さんのアトリエに伺うことが出来るなど 距離が近いことによってよく知ることが出来るのではないかと考えたらどうだろうかという提案をしました。 その試みは徐々に育ってきているかなという手ごたえもあります。 例えば毎月作家さんの展覧会を行っています。 常設だけでは販売している作品や店の構えも変化が少なくなりがちですが 展覧会を行うことで変化に富んだお店になってきているように感じています。 もっとこの状態が育っていって作り手と使い手がもっと密接につながるような状態をつくることが 出来たら商品というもの以上に物語を伝えていくことが出来るのではないかなと思っています。 もう少しするとお店でコーヒーを出したりしてお越しになりやすい環境を つくることも計画しているようですしぜひ足をお運びください。...

MKN0330

1年と少し経ちましてこのblogも再始動します。 MKNに携わっていく中で、1年が経ちました。 振り返ると色々あったなぁとも思ってしまいますが、 まだまだこれからです!もうすぐ着工なのでまた気を引き締めて 体制を整えていきます。...

環境建築について

ぼくは環境建築というものに興味があります。といいつつも 環境という言葉は広がりをもっているので何やら抽象的な感じを受けます。 建築における環境という言葉をざくっと二つに分けると 巨視的に地球環境というような地球の中で起きている現象に対する影響があり、 もう一つ微視的にお隣さんからの日影の影響や道路からの音の影響などがあります。 日本における建築物は長い間、経済効率を優先したものを大量につくってきました。 その結果として暮らし方が単一化し、自然環境を積極的に利用するような建築物は 減ってきたように感じます。 巨視的、微視的な見方を両方取り入れた建築をつくることによって 重層化された関係性を持つ建築をつくることができるのではないかと考えています。 重層化された建築は関わり合いが多くなることで ぽつんと存在するような不自然な建築ではなく、 昔からその場にあったような自然な建築をつくることが出来ると 僕は思います。 ...

設計の進め方

CO2WORKSでは設計の進め方をマニュアル化しています。 もちろんマニュアル化したからといって誰にでも設計が出来るわけではありません。 なぜマニュアル化するのかといえば設計の精度を安定させるために行っています。 マニュアルのように形式化しなければ前回はよかったけど、今回はダメ。のようなことが 必ず起こってきます。 (※マニュアル化さえしていれば設計の精度が安定するわけではありません。) 話は少しそれますが事務所には多くのルールがあってルールは文字化されています。 そのルールはボスであっても、スタッフであっても守る必要があります。 ルールは共通の言語であり、安全地帯でもあります。 個人事務所のような場所では通常慣例が優先されがちですが 慣例のようにあいまいにすると個人的な感情が発生するのでルールを設けています。 つまり、ルールやマニュアルがそもそも中渡瀬が好むということです(笑) 話は戻り、 どのような進め方で行っているのかというと 調査→9こまチェック→配置検討→敷地での検討→所内検討会→プランまとめる という進め方で最初のプレゼンまで設計を行っています。 詳細は企業秘密!ですのでお伝え出来ませんが各項目に対してもマニュアルがあります 設計事務所という何かを作り出す場が設計の精度の安定化だけのためにマニュアルを作っていたら 少し寂しく感じてしまいます(笑) マニュアルによって何を獲得しようとしているかということ 設計的な側面として、関係性を重層化することで自然な建築をつくるということ。 自然な建築の定義は横においておいて、 建築って出来た時に周辺の人から愛されないといけないと僕は思っています。 その場所に不自然に存在するのではなく、 なんとなくでもいいからその場に自然に存在する建築であれば 人から愛されるような建築になるのではないでしょうか。 マニュアルというと何か機械的な感じを受けてしまいがちですが 最終的に達成したいことは愛される建築をつくりたい。ということがマニュアルの延長線上にあります。 ...