東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | co2works
1
archive,paged,author,author-co2works,author-1,paged-35,author-paged-35,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • インタビュー
  • 旅行
  • イベント
  • staffblog
  • nakawataseblog
  • news
  • 未分類
暮らし

設計を始める前に6枚から構成されるアンケートを クライアントの方に書いてもらいます。 アンケートはなぜ住宅を必要としたのか?というところから どんな設備が必要ですか?と細かなところまで隅々まで 聞くことが出来るようになっています。 クライアントの方のアンケートを見ていると 形状や材料などを強く意識され、 モノとしての住宅を求めているな、と感じます。 (そもそもアンケートの形式がまずいのかもしれません…。) 住宅はそこに住む人の生活に強く影響を与えます。 その生活が積み重なって暮らしが出来上がっていきます。 となると住宅に置いて設計者が設計することは“暮らし”を設計しなければいけないと 僕は考えていますので その人たちの暮らしがイメージ出来るまでアンケートから質問を繰り替えていきます。 暮らしを的確に読み取る、引き出すというのが設計者としての技量だと思うのですが まだまだです...

TNS0728

TNSの外壁が仕上がってきました! 継ぎ目の目立たない目地無しスパンドレルなことと、マットな白が効いていて、 真っ白な棟が2棟立ち並ぶ外観がとても印象的です。 現場で寸法を合わせながらガルバリウム鋼板を貼っていく板金屋さん。 窓周りや屋根の勾配の部分など、難しい部分なども合わせてその場で貼っていくのですごいです! 外壁が仕上げられてくるとぐっと完成に近づいてきたように感じます。   内観は、玄関と収納部屋までの上りをつなぐ小さな階段ができていました。 登ってみた感じを確認中。 図面で寸法を追っていた時よりも、実際に通ってみると広くかんじました。   そしてこの日の監理ではできている部分から下地のチェックを行いました。 下地のチェックの調査項目は、 コンセント、スイッチなどの設備機器の位置 扉の開き方向・スイッチとの関係性など使い勝手の確認 下地の石膏ボードの精度のチェック を行います。 仕上げの工程に入る前に、直せる最後の工程での大切なチェックです。 図面と照らし合わせながら位置を確認していきます。 今回のチェック場所はすべてOKでした! 次回の監理時も出来上がっているところから確認していきます。   そして日が変わりまして、 TNSのひとつの特徴であるすごいテレビの業者の方との打合せでした。 事前に打合せしていた配線の位置などをチェックしていただきました。 音響設備など、さまざまなところが特殊な配線のため、業者の方との確認は入念にしなければなりません。 とても真剣な担当者と業者さんですが、、、なぜかカメラ目線の現場監督さんです。(笑)   テレビなどの設備の打合せも進んでいき、着々と進んでいるTNSです! 来週は少しずつリビング部分にも手が入っていくような予定だそうです。 わくわくです!   そして先週お出ししたTNSクイズの答えですが、、、 未だ出来上がっていなかったので、答えは来週以降におあずけです。すみません! 色が塗られてバージョンアップした部材たち。 一体何になるのでしょうか? 乞うご期待です!   -eiso...

MKN0727

本日も夏らしい天気で・・・dNbはクーラーを付けていても なんだか暑いです(笑) 冬も寒くて辛いのですが、夏も暑くて辛いです・・ と弱音を吐きましたが、現場はそれどころではありません! 現場の職人さん達は炎天下の中作業されています。そのプロの姿を見ると、 こんなことで弱音を吐いてはいけないなっと思います。 MKNの現状についてですが、今は照明器具の検討をしています。 照明器具は、照度と見た目について考える必要があります。 1つだけの引掛けシーリングで「見た目がいい」という理由だけで選んでしまうと、生活に必要 な明るさがない!といった原因になってしまいます。(上記のような器具が引掛けシーリングです。 基本的には1つの照明器具の設置になります。) MKNの照明計画は、一つの照明器具で明るさを保つ計画ではなく、 複数の照明器具を用いて照度を保つようにしています。 (上記のようなショップラインという器具を設置しています。 自由に照明器具を配置、数を増やすことができます。) そのため、「見た目がいい」という理由で照明器具を選択しても 明るさを確保することができます。 照明器具を「見た目」で選択する場合は、その空間の中の 照明器具の見え方を検討する必要があります。 大きさ、高さ、色味など、空間と照明について検討します。 空間に合う最適なものを探し、お施主さんに提案していきます。 -kojima...

家づくりスクール8月のお知らせ

8月22日(土)に家づくりスクールを開催いたします。 家づくりスクールとは、いきなり設計事務所に個別に相談行くのは少し敷居が高いな、 そもそも建築家との家づくりってどう進むの?という疑問をお持ちの方向けの建築説明会です。 おいしいコーヒーを飲みながら、家づくりについてご説明いたします。 内容は、教科書に添って進めます。その後、教科書はプレゼントいたします。 ●日程 2015年8月22日(土) ●時間 AM10:00-AM11:30 ●費用 一組様1,000円 ●場所 CO2WORKS2F 名古屋市名東区代万町3丁目10番1 2F ●対象 建築家との家づくりをお考えの方 限定3組(残り3組) ●当日のスケジュール ①家づくり講座(土地選びについて、家づくりのコスト、設計事務所との家づくり) 質問タイム ②家づくりで大切なこと 質問タイム ③CO2WORKSの家づくり ●お問合わせ方法 ご参加は予約制とさせて頂きますので【こちら】よりメッセージ欄にご連絡ください。...

建築相談会(覚王山祭り)

7月26日(日)午後2時から行われる覚王山祭りでは、 建築相談会を行います。 個別相談へ行くのは・・・ いつかは家を建てたいな・・・ など、迷われていましたらこの機会にお越しください。   この相談会は予約制とさせていただきます。 時間は下記の4つです。 ①14時~ ②15時~ ③16時~ ④17時~ ご都合のよい時間を【こちら】よりお伝えください。 スタッフ一同お待ちしております。...

KKN0724

KKNは先週に基礎の打設が終わりました。 コンクリートの打設が終わると、 固まるまで養生期間というものを設けます。 その後、型枠を外し、掘っていた周りの土を埋め戻して、 土台を伏せていきます。 現在はこの段階ですが、明日にとうとう! 上棟式を行います! 上棟とはここでは、柱、梁などを施工して棟上げまで行うことを言います。 そのときに行う儀式を上棟式と言います。 (儀式と言っても形は様々で、建物の無事を願うものです。) 地鎮祭、竣工式と並び、いわゆる建築の三大祭式のひとつであるので、 日柄にこだわることもあります。 今回は上棟日が先負の日となったので、 上棟において日柄の良い友引の今日に先に柱を一本建てて頂きました! 残りの材料は明日に備え、土台の上で待機をしております。 この状態から明日に棟上げまで組み上げるので、 一日中見どころがたくさんです! また来週に様子をお伝えしたいと思います! (明日に着る新しいCO2グッズのTシャツにもご期待下さい!笑) -nonoyama...

SKF0723

本日のブラウン。 最近はブラウンスペースに近づいていくとゴロンとお腹をだしてくれます(笑) 昨日から雨が続いています。本日は降ったりやんだりですね。 先日、プレカット図の打合せを行いました。 プレカット図とは、前にもお話ししてくどいようですが、住宅建築における木工事部分について 現場施工前に工場などで原材料を切断したり加工を施しておくことです。 この打合せには、意匠事務所・構造事務所・工務店・プレカットを担当していただく会社の方の 以上4社にて行います。この打合せでは、使用する材種の確認や窓の高さの確認や、 化粧柱(柱が壁の中に隠れず、表に見えてくる柱)の確認、化粧梁(梁が天井の中に隠れず、表に見えてくる梁) の確認、柱の背割り(柱の表面にできるひび割れを防止するために、あらかじめ縦に切りみぞを入れること。) の確認など、多くの事を確認していきます。 プレカット図が完成してから実際の柱や梁が出来あがるまでには3週間程度 必要となるそうです。それは、1つの機械ではできない加工があるため、別の機械を 使用しなければいけないことがあるためだそうです。 次回は現場の状況についてお話します。 -kojima...

新国立競技場

新国立競技場。 僕が感じたところとしては役割分担が不明瞭だな、というのが第一印象。 安藤さんは悪いかもしれないし、悪くないかもしれない。 今の僕の情報量では分からないのです。 ここで一つ疑問として出てくるのが安藤さんが悪い!という人は何に基づいて悪い!と 言っているのか?ということです。 会見の時にメディアの人たちは世論を味方につけるような質問の仕方をしていました。 世論の代弁者がメディアなのかな?と疑問に思いました。 メディアは人々の感情を操るようなことにならないように基準と事実を 伝えるようにするべきではないかと思います。 今回の審査員の役割がどこまでだったのか?ということは不明なので審査員長については ここでは書きません。 問題となるのは設計者とその設計者に依頼した人たちです。 今回のような規模の建築物の時に過去の事例から おおよその予算を予測することが難しいことは推測できます。 となると設計図を完成させる→見積をとるというオーソドックスな手順で行われていくはずです。 (公共建築の設計経験がないので予測です。) 見積をとったら予算オーバーしてしまった。 そこから予算に合わせるためにどうしたらいいのだろうか?と考えるのが設計者の役割です。 そもそもの案が高いのならば案自体を変更するしかない。 それよりも根本的な問題で要求条件が希望予算に合っていないということが起きているのかもしれない。 (公共建築の場合、そのあたりを事前に検討しているようですが…) このあたりを明確にしておかないと次にコンペを行っても同じことが繰り返されてしまうのではないかと 心配しています。 個人的にはザッハの案には断固反対です。 オリンピックとはいえ、現代とこれからの日本においてモニュメンタルな建築が不要になっていくと 考えているからです。周囲の環境に寄り添うような建築を作る必要がこれからの日本には必要です。 とはいえ、 今後の国立のことを考えてみると設計期間があまりにも短すぎる。 住宅でさえ半年程度の設計期間を頂いている僕としては現在国が言っている設計期間で どんなものが出来るのだろうかと不安になります。 やっつけの国立競技場が出来るのではないかと…。 1000億出してやっつけの国立競技場が出来たらどう思いますか? 僕個人が考えているようなことでしかないのでそれ以上の検討が行われていることを望みます。 時間が無いからこれで仕方ないよね!というものが出来ないことを望みます。 それ以上に未来につながる建築が出来上がることを強く望みます。 。。。。・。。 役割を超えたところを期待されるのが建築家であるかと思います。 建築界のヒーロー安藤さんならばなおさら。 でも、今求められている建築家像はもっと身近な人ではないのでしょうか。 そして、もっとみんなで話し合える場を求められているのではないのでしょうか。 今回、そのような場が作られなかったことが残念だなと思います。...

TNS0721

TNSは完成予定まであと約1ヵ月、というところまできました。 ここまで来ると、毎週の変化が目まぐるしいです! 特に今週は新たな部分が続々と出来上がっていて、驚きと確認で大忙しでした。   まずは外壁のガルバリウム鋼板が一部貼られていました! 目地無しスパンドレルという、継ぎ目の目立たないものな事と、マットな白の質感が良い感じです! 外壁材は外観の全体的な印象を大きく左右してしまうので、質感などが印象を決める大きな要素になってきます。   室内のほうはと言いますと、     洗面カウンターが! ロフトのカウンターが! 大きな収納が! といったような感じで、造りつけ家具の製作ラッシュでした。 この大きな収納、家具にしては大きなスケール感で、 TNSのコンセプトの一つである建築と家具のあいだのような状態をつくっています。   そして打合せではお施主様とだんだんできてきたお家の中をぐるっと見学。 完成に近づいてくるのが分かり、私たちもお施主様もわくわくです。   突然ですが、TNSクイズ! これはいったい何の部材でしょうか? 答えは来週のTNSブログで発表できるとおもいます!   -eiso  ...

覚王山祭り

7月25日(土)26日(日)と覚王山祭りに出店します。 今回は、クラシノネで行うワークショップについてご紹介します。 内容は・・・ 多肉植物の寄せ植えです! サボテンやセダムなど種類も豊富です。 植える植物を選ぶことが出来るので、お好みなものを探してみて下さい。 鉢もこの種類だけではなく、 こんな小さくてつるっとした可愛らしいものもあります。 鉢も選ぶことができるので、迷ってしまいます(笑) ちなみに鉢、植物はクラシノネのセレクトです。   覚王山祭りでは、他にも素敵なお店や食べ物がたくさんあるので、 お出かけの候補の1つにいかがでしょうか?  ...