東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | co2works
1
archive,paged,author,author-co2works,author-1,paged-3,author-paged-3,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • インタビュー
  • 旅行
  • イベント
  • staffblog
  • nakawataseblog
  • news
  • 未分類
imc0825

imcはラストスパートをかけぬけております!   先週末はオイル塗装をクライアント家族総出で行いました。 2度目なので、みなさん上達していて進みが早い! 左官やさんも来ていたので、 みんなで見学したり、奥様は少し体験させてもらったりと、 imcらしく和やかな現場でした。 オイル塗装の高くて少し危険なところは、 背の高い現場監督さんが代わりに行ってくれました! 可動域が広いのはうらやましい、、笑 ありがとうございます!   明日はいよいよオープンハウスです! たくさんの方にご覧いただけるのを楽しみにしております!   -nonoyama...

東京と名古屋

東京に行くというと、本当にいってしまうのですか?とよく聞かれます。 気にかけていただいて有難いものです。 東京に行くといっても、名古屋と東京行ったり来たりというリズムになり、 どちらかにずっといるわけではありません。 東京はまずは僕一人だけですので、のんびりとスタートという感じになるかと。 ・・・・。・・ 東京に行く理由は二つあります。 東京のクライアントさんがその方がもつ集合住宅を一緒に考えてくださいねというお話があり、 きちんとその街を理解しながら進めていきたいなということと、 50歳になった時に(現在は40歳ですが)住宅ばかりの設計の依頼があるわけではないだろうから 設計できる範囲を広げるということです。 行き詰まってから行動するのではなく、 その前に可能性を広げるような行動が大切だと考えています。 あまり深く考えずにまずは行動から。 ・・・・。・・ 5年前だとするとやはり事務所が二つにあるというのは、スタッフとのやりとりなどに 難しさを感じたと思うのですが、現在の通信技術があれば、それほどスタッフとのやりとりで ロスが多くはないのではないかなと思うことが出来たのも名古屋東京生活が出来るかなと おもったきっかけです。 ・・・・。・・ 今週末は土曜日のみですがオープンハウスを久しぶりに行います。 クライアントの方と一緒に作り上げた、そのクライアントの方らしい住宅です。 お時間のある方はぜひお越しください。 詳しくは以下からどうぞ。 http://co2works.com/archives/18767...

has0822

お盆が明けて、なんとなく夜は秋の気配が漂ってきたかも?という感じですね。 セミがツクツクボウシになって、夜はリンリン虫の声が聞こえてきます。 事務所周りの庭が植物豊かなので、季節の変わり目に敏感になります。   さて、お盆中はクライアントご家族との打合せと、 自主反省会でhasだらけの休日でした。   普段は正午近くに現場監理や打合せに行くため、 時間をずらして夕方に現場に行ったのですが、違う時間帯の表情を確認できました。 17時頃の西からの光。 設けた窓からすっと光が入ってくるのが印象的でした。 小さいので西日が暑い!ということもなかったです。 窓を開けると温められた西側に風が抜けそうです。   外側のガルバリウムも軒下まで納まっていました。 垂木、梁、方杖、、、 飛び出さしているものが多く、板金屋さんの苦労が偲ばれます、、   寝室棟の光の入り方。 陽が落ちてくると空間の表情が変わります。   いつもと違う時間に、ゆっくり現場を見ることで、 設計時に狙っていた表情、意外な表情など 発見があり、勉強になりました。   hasもラストスパート、 完成に向けてひた走ります。   -eiso  ...

imc0818

先日、newsやfacebook、Instagramでもお知らせしましたが、 imcのCO2NEWSが完成致しました!   CO2NEWSではいつも竣工した物件について、 説明やインタビューなどを交えてご紹介してきたものですが、 今回は、どんなことを考えて設計したか、 どんなところを見て欲しいかを事前に知ったうえでご覧頂きたいと思い、 オープンハウス前にお披露目することにしました。   オープンハウスより前もって送付することにしたので、 写真がまだまだ工事中のものばかり、、 外観も足場が外れていないので、CGでのご紹介です。   明日はクライアントさんたちと、残りのシナ合板のオイル塗装を行ってきます! いよいよラストスパートです!   -nonoyama...

設計者をどう選ぶのか?

以前、設計者をどう選んだらいいですか?と質問された時に 僕は友達になれそうかどうかで選ぶのがいいんではないかとお答えしました。 長い付き合いになるわけですから、友達にならなくともなれそうな人でないと 依頼者自身が苦しくなってしまうのではないかなと思います。 といってもそれは設計者の立場からお伝えしていることで 一般の人はどうなのだろうか?と僕自身興味があるところです。 先日、一般の方とお話ししていた際に設計者をどう選ぶかという話になりました。 その方は今まで作ってきたもので判断するよりも人で判断したほうが良いと思う。と言っていました。 作っているモノか人か。 住宅に対して何か理想とする像があるとして、設計者と長い時間かけて行っていけば いつかは理想像に近いものになるのではないかと思っています。 どのようにしてコミュニケーションをとるのかなどによって時間や手間は変わってくると思いますが 最終的にはどうにかなるのではないかと。 手間も時間もかけたくない、となれば理想像に近いものを設計している人に お任せすれば良いと思うのですが、長く存在するものですから長いお付き合いが 出来そうな人がいいのではないかと思います。 ・・・・。・・ 僕自身は人と街を見ながら設計を行うので 自分のスタイルというようなものがありません。 だから、今まで作ってきたもので評価されると、困ってしまいます。 とても特殊な住宅に見える場合でも、住むその人たちにはその住宅がその人たちのリアルであるので 他人から見るとズレてしまうかもしれません。 8月26日にオープンハウスを行う住宅も一見するとかなり特殊な住宅なのですが 住むそのご家族にとってはその住宅こそがリアルであると考えて設計しました。 ・・・・。・・ 若い時は表現をしたい、という気持ちがあったことは否定できませんが 歳をとると(そんなにとってないか…)調和されたものを求めるようになります。 調和ってとても難しい言葉でなにかを見知らぬふりをしないということが 調和につながると思います。 何かに突出したものよりも全体の調和を作り出すことが僕の得意技だと思うし、 そこをより高めていきたいものです。  ...

秋学期オープンデスク募集

CO2WORKSでは秋学期のオープンデスクを募集しています。 期間:10月1日〜12月28日 参加頻度:週に2回以上 時間:9時〜19時の間で都合のよい時間 参加申込みの締切:9月25日まで(先着順5名まで) ・行うこと 模型作成:進行中の物件の模型製作を行ってもらいます。 現場見学:進行中の物件の現場へと同行してもらいます。 資料作成補助:プレゼン資料や検討をスタッフと共に行ってもらいます。 勉強会参加:毎週月曜日の勉強会に参加できます。 ・持ち物:筆記用具(メモをとれるように) ・服装:自由(但しサンダルはNG) 希望の方は氏名、年齢、大学名、参加できる曜日及び時間を記入の上、 moshimoshi@co2works.comまでご連絡ください。...

夏休み

明日は年に2回ある大掃除の日。そして、明後日からは夏休みです。 8月16日までお休みを頂きます。 ・・・・。・・ 学生さんも夏休みということで8月9月はオープンデスクの学生さんで事務所が賑わいます。 オープンデスクに参加する学生さんには質問をたくさん考えてきてくださいね、とお願いしています。 というのも、学生さん一人一人ときちんとお話する時間は限られてしまうので 食事の時間だけでも密度を高い時間を提供したいなと思っています。 質問を受けていると必ず出てくることが、アイデアが出ないのですがどうすればいいのか。という質問。 瞬時にアイデアを出そうとしてもたくさんは出てきません…。が、 情報を整理することであったり、建築の歴史をきちんと学ぶことでアイデアは出てきます。 神が降ってくることを待つよりはかなり効率的ですし、蓄積されていくのでいいことばかりです。 とお伝えしています。 ここで一つ疑問なのが…大学での設計の授業で何を教えてもらっているのかということ。 どうも学生さんは建築は世の中をひっくり返すような大胆なアイデアが必要であると思っている。 世の中を変えるのは大胆なアイデアよりも歴史をきちんと押さえた上で その先を予測していくことから生まれるアイデアであると僕は思っているので、 僕が学生に教えるときはアイデア一発勝負のような建築はダメ。ということ。 その建築を作る意味は何かをおさえるために情報を整理しましょうね、と口すっぱく言います。 といってもそういうことが分かるようになってきたのもこの数年の間だから… 学生さんに上から言えたものではないですね…。 ・・・・。・・ 話は変わり、去年からダイエットをしているのですが、 痩せたと思えば気が緩み、少し太り、そうするとまた気になりだし、痩せるを繰り返しています。 という生活を繰り返していると痩せるような生活を送っている方が体調面は確実に良いということが 分かってきます。 痩せるような生活というのは無駄に食べ物を食べない。1日2食。炭水化物はお米を夜だけ。 そうではない方の生活はラーメンをよく食べる生活…。 食事や睡眠によって体調が変化してしまうような年齢になってきましたので やせる生活を続けて毎日のパフォーマンスを高めたいものです。...

has0808

hasの現場は順調に進み、お盆明けには大工さんの工事はほぼ終わる、というところまできました。   大工さんが行ってくださる仕上げの分がほぼ出来上がってしました。   室内のはほぼペンキ塗装ですが、 寝室棟の間仕切り壁はラワン合板仕上げです。 外側の箱と、その中を仕切る壁を違う表情で見せています。   そのラワン合板も綺麗に仕上がっていました。 合板の目地も開口や階に合わせて綺麗にとっていただいています。 天井の合板や梁との間にも目地。 今回の施工のポイントとして、塗装を自主施工をする、ということがあるので、 ラワン合板を塗るオイルが梁・天井・ペンキの壁につきにくくするように目地を取ろう、 と大工さんに提案していただきました。 様々な知恵をいただけるのでありがたいです。   外部の仕上げも進み、完成が見えてきています。   -eiso...

imc openhouse

【内覧会のお知らせ】 このたび名古屋市名東区の敷地に、CO2WORKSが設計監理を行った住宅が竣工し、 お施主様のご好意により内覧会を開催致します。 「imc-駐車場付住宅:人工地盤の作り出す風景」内覧会 設計:CO2WORKS 中渡瀬+野々山 日時:8月 26日(土) 10時~16時 場所:名古屋市名東区(アクセス:東山線上社駅より徒歩7分程度) 10時、10時半、11時、11時半、12時、12時半、13時、13時半、14時、14時半、15時、15時半 予約制とさせていただきます。 以下のアドレスにお名前、来訪される時間帯をお知らせ下さい。 またご希望の時間帯を第2希望までご記入くださいませ。 moshimoshi@co2works.com 設計に関する物件の情報、詳しい行き方は上記メールでご予約頂いた方にお送りさせていただきます。 予めご了承下さい。 設計:CO2WORKS一級建築士事務所 中渡瀬+野々山 構造:藤尾建築構造設計事務所 藤尾 施工:トコロ 規模:RC造、木造/地上3階 敷地面積:264.35㎡ 建築面積:94.44㎡ 延床面積:135.35㎡ □注意事項 ・受付にてお渡しする手袋を着用の上、傷や汚れを付けないようご見学ください。 ・建物内の設備等(トイレなど)の使用はご遠慮下さい。 ・建物前に駐車できるスペースはございますが、駐車場での事故、破損に関しては責任を負いかねます。ご了承ください。 ・万が一、建物に破損・損傷・汚れ等が生じた場合、修繕を見学者の方にご負担 頂く場合もございます。 ・見学時の怪我・事故に関しては責任を負いかねます。ご了承願います。 ご不明点は下記までお問い合わせください。 CO2WORKS一級建築士事務所 担当:野々山 名古屋市名東区代万町3−10−1 052-753-8061...

imc0804

猛暑日が続き、少し外にいるだけで汗が出てきますね、、。 所長と私はとっても代謝が良いのでいつも汗だくです。(笑)   imcは現場にいきましたが、 現在玄関を入ってすぐの廊下のタイル張りのため、室内は見て回れませんでした。 そのかわり、タイル職人さんが張っている姿を見学してきました! 予め大判のタイルの1枚ずつの範囲を線を引いておき、 それに合わせて専用の接着剤をたっぷりと出して、 くしベラ(先端がギザギザになっているヘラ)で線の範囲内に均等の厚みになるように伸ばしていき、 タイルをそっとのせて、 木槌でトントンと叩きながら、 水平をとったり隣合うタイルと高さを合わせたりして、 やっと一枚貼り終わりです、!! さらには、 imcの廊下は、大判のタイル1枚では100mm程幅が足りないため、 タイルを切断して使う必要があります。 その上、1枚をそのまま貼って、100mm程だけの幅を貼るのでは、 目地通りが中途半端に端に寄ってしまいます。 その中途半端をなくして、廊下幅の中心に目地を通すために、 タイルを廊下幅に均等に割り付けるために、全てのタイルを切断しなくてはならないのです。 imcをカッコよくするために、タイル一枚一枚にとっても手間をかけて張って頂いて、 感謝の限りです!!   -nonoyama...