東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | co2works
1
archive,author,author-co2works,author-1,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • news
  • イベント・オープンハウス
  • リクルート
  • 受賞歴
  • 掲載誌
  • 旅行
  • 独り言
  • 進行中
春休みオープンデスクの募集

CO2WORKSでは春休みのオープンデスクを募集しています。 以下の4つの日程より選択してください。 A:2/4-2/15 3席 残り3席 B:2/18-3/1 3席 残り3席 C:3/4-3/15 3席 残り3席 D:3/18-3/29 3席 残り3席 ・行うこと 模型作成:進行中の物件の模型製作を行ってもらいます。 現場見学:進行中の物件の現場へと同行してもらいます。 資料作成補助:プレゼン資料や検討をスタッフと共に行ってもらいます。 勉強会参加:毎週木曜日の勉強会に参加できます。 ・持ち物:筆記用具(メモをとれるように) ・服装:自由(但しサンダルはNG) ・時間:9時ー19時(水曜日は勉強会を行うため遅くなります) 希望の方は氏名、年齢、大学名、を記入の上、 moshimoshi@co2works.comまでご連絡ください。...

基礎勉強会

最近、設計事務所に就職する学生が減少しています。 設計事務所だけのことではないと思いますが… 設計事務所としてはなかなか深刻な問題です。 学生さんや社会人一年目の人に聞いてみると設計事務所は ハードそう、知識としてついていけなさそう、などの意見が出てきます。 知識が無いから長時間労働になってしまうということは事実としてあるので この点を是正しようかと思い、建築基礎勉強会を社会人向けに行うことにしました。 (実際は大学4年生が聞いてもついてこれるかなというレベルにしています。) 設計事務所に対するポジティブな気持ちを持ってもらうためです。 先月、今月と2回行ったのですが… 思った以上に基礎が備わっていないという事実が分かってきました。 参加者は実務経験1年ー4年、学生さんになります。 設計事務所は基本的に業務に追われてしまうので仕方ないことなのかもしれませんが 基本を納めないと無駄が多く発生してしまいます。 無駄から学ぶ姿勢ももちろん大切ですが余裕がないとクリエイティブな仕事はやはり厳しい。 内容としては2級建築士を持っていればついてこれるような内容にしているのですが 資格の勉強と実務がリンクしていないことが問題として考えられます。 と考えてみると設計事務所がハードなことは資格制度の制度設計がうまくいっていないことや 大学での勉強が実務とリンクしていないことなどに起因するのかもしれません。 大学は研究(何かを極める)と教養を得るためにあるのではないかと思いますが 上記の二つがなかなかリンクせずにあることで学びがこぼれ落ちてしまっている感があります。 となると一つの事務所が頑張ってどうにかなるような問題でもないので 抜本的な変化が必要に思います。 ですが、そこまで大きな話になると思考停止になりがちなので、周りから少しずつ変化を 促すというところが現実的な点かなと思います。 ・・・・。・・ フランス旅行記…なかなか書けません笑 少しずつ書き溜めて一気に…という計画をしています。...

西区幅下の住宅オープンハウスのお知らせ

「西区幅下の住宅」オープンハウスのお知らせ この度、名古屋市西区にCO2WORKSが設計監理を行った住宅が竣工し、 お施主様のご好意により内覧会を開催致します。敷地が30坪に満たない狭小敷地にプライバシーを守りながら外部空間の気持ち良さを取り入れた 鉄筋コンクリート3階たての住宅です。建物概要 設計:CO2WORKS一級建築士事務所 中渡瀬 構造:藤尾建築構造設計事務所 藤尾 施工:株式会社 岡本建設 規模:RC造/地上3階建 敷地面積:91.88m² 建築面積:68.53m² 延床面積:171.03m² 日時:12月9日(日)...

すまいる愛知住宅賞

第30回 すまいる愛知住宅賞を受賞しました。 詳しくは以下をご覧下さいませ。   https://www.yutori.gr.jp/event/smileaichi/h30/...

満室御礼

先日、白壁の集合住宅のクライアントさんとお食事。 と言うのも、満室の記念の御祝い会だったからです。 しかも、待ちの人も数名でているようです。 僕が調査によって最初にこの程度かな?と思っていた家賃よりも クライアントにとって良い家賃になったとのことで、よかったこと尽くしです。 ・・・・。・・ どの建物においても敷地調査は行うのですが、 CO2WORKSでは数年前から街の調査まで行うようにしました。 集合住宅の設計を行う際、誰が住むのか?と言うことの設定し、 不特定多数ではなく、もっと住む人を絞り込んで行きます。 集合住宅を借りる人の分母が大きいほど良いわけではなく、 住戸数より多くの人が借りたいなという意志を持ってくれれば事足ります。 ただ闇雲に人を絞り込んで行っても説得力に欠けますので その街の特性を調べて行きます。 小さな単位から少し大きな単位まで街の調査を行い、小さな単位の特性を 相対的に捉えます。 そうすると、この街ならばこのような人が住むのではないかという仮定をする事が出来ます。 それは絶対的なものか?と聞かれればもちろん絶対的なものではないのですが 何も考えないよりも住む人の可能性を高める事ができるはずです。 ・・・・。・・ もちろん住む人はどんな人だろうかと仮定することも大切ですが それと同等にその街を知ることでその街に相応した建築を作ることも 大切ではないかと考えています。 最近、サッカーを高山方面まで出向き行ってきました。 その道中にあった住宅がその街のコードに乗っているものばかりで 街の統一感に一役も二役もかっていました。 その住宅群が作る街の佇まいに感動しました。 ・・・・。・・ 毎回ブログを書いていて思うのですが写真あったほうがいいよなーと。 でも、撮り忘れてしまうのですよね…。 ブログ用のカメラまで買ったのですが…。 慣れるまでは面倒臭がらずに持ち続けないといけませんね。...

fkk1016

最近はすっかり秋の様相ですね。 つい先日まで暑い日が続いていたのに、、と時間の流れが早く、戸惑っています。(笑)   時間の流れが早いといえば、fkkのオープンハウスのご案内が先日ブログに上がりました。 高蔵寺の家=fkkです。 つい先日工事が始まったと思っていたのに、あと1ヶ月後にはお引渡しです。   現場の方もいよいよ大詰めです。 ほぼ完成!の寝室部分。 あとは一部のペンキ塗装を残すのみです。 そしてオリジナルのキッチンの製作も進んでいます。 住宅のプランに合わせて形を決めた、 キッチンとダイニングテーブルが一体になったものを製作していただいています。   そして、工程が終盤には fkkではクライアントさんによる自主施工が目白押しです。 予算に合わせるための減額案として、塗装などを職人さんではなく ご自分で行っていただいているのですが、これがなかなか大変です。(笑) 写真は軒裏の木部の保護塗装の自主施工中です。 その他にも、今後も1ヶ月の間に様々な部分を施工していただきます。   自主施工は大変ですが、 ご自分で作業した部分に特別に愛着が湧いたり、 作業をすることで職人さんの細部の仕事に気づいたりなど、   より新しい家への思いが深まるきっかけになる作業になっているかと思います。   -eiso  ...

8月のフランス旅行

8月にコルビジェ(モダンで有名な建築家)の建築物を見るために フランスに行ってきました。 年に2回海外に行って有名建築を見ることを自分に課しています。 というのも、僕が初めて海外に行ったのは29歳の時で、 人生で後悔していることはほとんどありませんが、海外に行くことが 遅かったことは後悔しているからです。 海外に行くまでは自分の周りの世界が世界の中心だったものが 海外に行ってから自分の周りを見る目がもっと相対的なものへと変化しました。 その影響で30歳まではどうしたら綺麗な建築物を作ることが 出来るのだろうかと考える時間が長かったことが、 街への馴染ませ方やクライアントの生活をどのようにすれば いいのだろうかと考える時間が増えました。 旅行の頻度は年に1回でもいいのですが、 2回行っているのは 50歳までに世界の有名建築を見て回りたいと考えているからです。 人生100年時代と言いますが…そこまでは生きたくもなく、 自分の健康年齢を考えた時に50歳までに建築を きちんと知っておかなければと思うのです。 現地行かなくとも写真見れば十分分かるのでは…と思っていたのですが やはり現地に行かないとその建築を把握することは難しいです。 その街の空気や歴史観を見て、その建築を捉えたい。 ・・・・。・・ iphoneを海外で使えるようになってからは 海外で迷うこともなくなりましたし、 海外へと行くハードルがぐっと下がりました。 英語は不得手なので翻訳アプリを使いながら 現地の人とお話しするとほぼ会話も困ることなく過ごすことが出来ます。 また電車などのチケットはほとんど日本でとることが出来るので 時間にさえ遅れなければ困りごともほぼ無しです。 テクノロジーの進歩って有難いものだなと痛感します。 ・・・・。・・ 来週からは旅行記を少しずつ書いていきたいと思います。 ...

fkk(高蔵寺の住宅)オープンハウスのお知らせ

「高蔵寺の家」オープンハウスのお知らせ この度、春日井市の高蔵寺にCO2WORKSが設計監理を行った住宅が竣工し、 お施主様のご好意により内覧会を開催致します。 ご両親がお住まいになっている土地を分筆し、お若いご夫婦のための家を新築しました。 建物概要 設計:CO2WORKS一級建築士事務所 永曾+中渡瀬 構造:藤尾建築構造設計事務所 藤尾+熊谷 施工:株式会社 木の香の家 規模:木造+RC造/地上2階建 敷地面積:180.02m² 建築面積:68.32m² 延床面積:99.38m² 日時:11月3日(土)...

出来ることならば

ライブっていいな、といつも思います。 ミスチルが好きなのでチケットがとれるとライブに出掛けます。 みんなで楽しい時間と空間を共有出来る事って幸せランキングのかなり上位になるのでは ないかなと思います。 僕はとてつもなく歌が下手らしい(下手かどうかも分からないくらいの音痴)ので もちろん歌手にはなれない(笑) 歌手って羨ましく、出来ればライブ一生に一度はやってみたい(叶わぬ夢とはこの事です。) ・・・・。・・ 普段設計する際はスタッフと色々と一緒に悩みます。 が、時折一人で設計を担当することもあります。 一人で設計した物件が最近上棟しました。 都市部におけるセミコートハウスで鉄筋コンクリートの3階です。 一人で設計をしているとなんというかライブ感のようなものを感じます。...

災害

今年は大雨、台風、地震と多くの災害が起こり、 設計を行っている者として心を痛める機会が非常に多くあります。 台風時に自分の家を観察していると局所的に 風圧が異常に高くなっている箇所があります。 それを想定外と言っていいのかどうか…。 大阪の台風の映像を見ていると、それは予想の範囲をはるかに超えて、 見たこともない光景に目が奪われ、心が痛みます。 心が痛みますが、その映像を見る事で台風時に何が起きるのかを理解しなければいけません。 (台風(災害)における建築被害の教育は大学においてもありません…。) 我々設計者はその情報を多く共有、ストックし、次につなげて行く事が求められます。 以前、何かを読んでいた際、本田宗一郎氏がホンダの本社はガラスにすると 危ないからガラス建築にすることはNGだと言われたと書いてありました。 当時、僕は計算さえすればいいのではないかなと思ったのですが、 アベノハルカスの外壁が損傷しているところを見ると計算通りにはいかないものだなと 感じざる得ませんでした。 自然から身を守る安全ということの難しさを再認識させられる事ばかりです。 被災地が1日も早く日常を取り戻せることを願います。  ...