CO2WORKS/東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | co2works
1
archive,author,author-co2works,author-1,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

Author: co2works

  • All
  • news
  • イベント・オープンハウス
  • リクルート
  • 受賞歴
  • 掲載誌
  • 旅行
  • 独り言
labo活動

月に2回水曜日の夜にlabo活動を行なっています。 labo活動は学生さんや若手が建築的思考を広げ、深める場所です。 labo内では二つの活動があります。 一つは各自が最終的に自分なりの建築観を作り出すために行う研究です。 建築観へとつながる大きなテーマを幾つか設定し、 各自が大きなテーマの中から研究事項を絞り、研究し、発表する場です。 勉強会のようなこちらから一方的に教えてる場ではなく、 各自がアウトプットをする場になっています。 発表者にとってはアウトプットで、その他の人にとってはインプットする場として機能します。 これは建築的思考を深めるために行なっています。 2つ目は月に一度、共通のテーマを設定し、テーマをA4一枚に画像にてその事柄を切り取り 発表するという形式のものです。 共通するテーマを自分なりに考え、他の人の意見を聞くことで気づきが発生します。 これは建築的思考を広げるために行なっています。   4月から始めたばかりなのでまだまだ活動としては発展途上ですが 参加者の思考の深まりは感じることが出来ています。 建築学生は作品の評価ばかりを気にしてしまい、トレンド的な建築に身を置きがちです。 もちろんトレンドも大切ですが、もっと本質的な建築の見方が出来るようになれば 建築の面白さも分かってくるだろうと思い、この活動を行なっています。 現在は僕を含めて6人で行なっています。 あと二人いると活動として盛り上がるかなと感じておりますので 興味のある方はぜひご連絡ください。 参加対象者は建築を学んでいる方もしくは実務として建築に携わっている方に限ります。 参加費は学部3年生以上7000円/月 学部2年生以下はラボの準備、事務所の掃除を行ってもらいます。 最初の2回はどなたでも参加無料です。...

木材を見る

本日は現在進めている杉並区の住宅に使用する木材を見るために埼玉の飯能まで行きました。 今回の住宅は伝統工法による住宅づくりであるという点と材木を選べるという点が普段とは異なります。 現在のほとんどの木造住宅はプレカットにて骨組みとなる部分を作ります。 その場合、構造材料の樹種や強度は指定しますが 具体的にどの木を使用するのかはプレカット工場任せになります。 (構造を露出する箇所が多い場合は工場まで行き、具体的に木を選ぶこともあります。) 今回は大工さんとクライアント共に木を選んで行くという工程があります。 流通材を使用するわけではないのでその木から取れる寸法であれば寸法を指定することも出来ます。 今まで構造材が住宅の質を決めるようなことはありませんでしたが、 こんな上質な木を使うとなると構造材が住宅の質を決めてしまうと言えなくもないので、 木を大切に見るという想いが出てきます。 また、設計する際にどの木を具体的に使用するのか決めながら設計を進めるという プロセスも新鮮です。 例えばですが今回は使用しませんが写真の一番上の木は下部が太く、丈夫が細い材料になります。 (巨大な吉野杉の最上部になるそうです。)せっかくの形状ですのでこの形状を利用しながら 設計をしてみたいと設計者ならば考えてしまいます。 このような木材とプレカット工場で取り扱っている木材では価格差がありますので 簡単におすすめ出来る材料ではないのですが、今回の機会を与えてくださるクライアントさんには 感謝です。 プレカットのように規格化されているものの良さももちろんありますが、今回の作り方、進め方は 奥が深くなると思われるので今後がとても楽しみです。 ちなみに完成は来年末を予定しています。 (在来工法はとにかく時間がかかります。)  ...

I’m home 101号掲載のお知らせ

              I'm home101号に 器屋のある住まいを掲載して頂きました。 ぜひお手にとってご覧くださいませ。 こちらからご購入頂けます。...

  • P1050344
  • P1050348
  • P1050355
ギリシャ旅行1日目

[gallery size="large" ids="19739,19740,19741"] 今回は西欧建築の礎となっているギリシャ建築を見るための旅行。 ギリシャは日本にいるとパルテノン神殿の情報程度しかあまり目にする事はないので 街がどんな街なのかなど行ってみないと理解出来ない事が多くありそうで楽しみにしていました。 ・移動 名古屋(セントレア)を出てから2回のトランジットを行い、 25時間をかけてようやくアテネまで到着。 初めての24時間以上の移動だったこととトランジットが2回あったのでアテネに着いた時は 身体が重たくなっていました。ギリシャの情報が無いことは移動のし辛さも影響しているのでしょうね。 飛行機の中で頂く機内食が苦手なのでトランジットの度に少しずつご飯を頂く。 トランジットはソウルとアブダビだったのですが、アブダビの物価がかなり高く、驚きました。 ・アテネ空港からアテネ市街までの移動 アテネ空港は建築的な感動の無い小さな空港。 アテネ空港に着いてからはバスでホテル近くまで移動。バス停は出口を出てすぐの所にあるので迷わずに行けます。 ・カラトラバ建築 ホテルに着いてからカラトラバが設計したオリンピック会場まで地下鉄にて移動。 ポルトガル、スペイン、アメリカで見たカラトラバ建築は どれも素晴らしかったので期待して行ったのですが、 建築自体はリズムや構造を活かした造形美があり、カラトラバが設計しました! という感じが出ているのですがディテールが雑過ぎて驚きました。 施工技術が低いのだろうか? また経済力が低下しているギリシャという国で 錆びが出てきている箇所を放置している所などを見ると 大きな規模の建築をキープしていくことの難しさを感じました。 ・ギリシャでの食事 ホテルのある駅まで戻ってきて駅近くのギリシャ料理屋さんにて夕食をとりましたが… 疲れていたこともあったと思いますがなんというか少し味が足りない食事を食べて終了。...

住む。の掲載のお知らせ

少し前の話題となってしまいますが 住む。69号に http://co2works.com/archives/portfolio_page/2棟の平屋 を掲載して頂きました。 しかも表紙です。   住むということを掘り下げて設計をしていきたいと考えている設計事務所にとって 住む。に掲載して頂けることは大変有難いことです。   僕たちは住み方の提案をしますが、出来てからの住宅を拝見すると どうやって住みたいのかという住まい手の意志の方が提案よりも はるか上にあるなと住まいを見る度に思います。 ...

ラボ活動について

最近、オープンデスク制度をやめました。 僕も学生もお互いに無料だからという事で意識が甘くなっていることを 気にしていたのですが、有名事務所のインターン問題を見ていると 学ぶと搾取が整理されていないように見えたので、 変更しなければなと気持ちが固まりました。   そこで、オープンデスクを取りやめ、ラボ活動とバイトに変更しました。 ラボ活動は私塾みたいなもので、学生さんから毎月月謝を頂いています。 (社会人の方の参加も出来ます。) と言いつつも、その月謝以上にバイトを御願いしていますので、 結果的には学生さんにバイト代をお支払いしている形になります。 バイトは成果報酬型にしているので人によっては時給2000円程度になることもあります。 オープンデスクに参加してだらっと手伝いを行うことよりも数倍効果が高いのではないかと思います。 オープンデスクやめてよかったなと感じます。 その一方でこの制度にするととりあえず参加してみるか、という軽い気持ちで参加することが 出来なくなることが少し問題かと感じています。 オープンデスク制度はきっかけ作りという側面も担っていたでしょうから、 その辺りは改良を加える必要があります。   ラボ活動は何をしているのかというと、学生さんに研究する内容を決めてもらい そのことを発表してもらいながらアドバイスを加えていくということを行なっています。 昨今の学生さんと建築の話をしていると建築の捉え方が浅い!と感じることが多々あるので 研究を通して建築を深めてもらうことを目標としています。 見る目が深まると建築との接点が広がっていくので自然と建築が楽しくなるはずです。 建築学生は4年生になると卒業設計を行うのですが、その卒業設計における建築の捉え方が 浅過ぎるとも言えるようなものを多く見ます。 大学の授業だけでは捉え方を深めることが難しいのでしょうから、 実務と研究という側面から深めてもらう事にしました。 現在4名のラボ生がいますので4名の発表が相互作用を誘発しているなと感じ、 なかなか良い雰囲気のラボとなっています。   僕自身も実務、大学での非常勤、大学院での学びと3点が相互作用を起こしているので 最近、気づきが多くあり、充実した毎日を過ごしています。(物理的にはハードですが笑)   来週からはギリシャ旅行についてお話していこうと思います。    ...

オープンラボ行います。

3月末に行ってきましたギリシャ、ローマ旅行の振り返りを行います。 海外の建築や街にご興味のある方でしたらどなたでも参加できます。 (基本的に建築を学ぶ場ですので、営業等の目的はご遠慮ください。) 日時:5月29日20時より 場所:名古屋市名東区代万町3−10−1 dNb3F 参加方法:moshimoshi@co2works.comに参加希望の旨をご連絡ください。...

研修旅行のお知らせ

弊社都合にて大変恐縮ではございますが、 下記の日程にて研修旅行を実施させていただきます。 ━━━━━━━━━━━━━━━━ 日程: 2019年3月20日から3月30日 ━━━━━━━━━━━━━━━━ 上記日程のご依頼に関して、4月1日(月)以降の対応とさせていただきます。 誠に恐縮ですが、ご理解賜りたく存じます。 CO2WORKS一級建築士 事務所 ...

  • pl1
  • pl2
  • pl3
  • pl4
  • pl5
  • pl17
  • pl18
  • pl6
  • pl7
  • pl8
  • pl9
  • pl10
  • pl11
  • pl12
  • pl13
  • pl14
  • pl15
  • pl16
  • pl19
フランス旅行 5,6,7日目

[gallery size="large" link="none" ids="19614,19613,19612,19611,19610,19598,19597,19609,19608,19607,19606,19605,19604,19603,19602,19601,19600,19599,19596"]5日目 マルセイユからパリへと移動。 チケットをネットで事前予約しておくと全く問題が起きない。(起きたら困るか…) ただ予定を少し変えたいな…という時の対応が分からないところが少しだけ不便。 マルセイユは港とユニテばかりだったので街としての印象があまり残らなかった。 やはり歩いて回らないとなかなか街の構成は把握出来ない。 14時頃にホテルにチェックイン。現代的なインテリアの少しだけ良いホテルに宿泊。 ラロッシュ邸 10年前に来た時に一度来ているので構成自体に新たな発見はなかったが、ディテールが考え尽くされている。 視覚的要素と機能的要素の取り合い一つでも現代建築ではなかなか感じることの出来ないレベル。 もちろん、空間の構成を際立たせるディテールになっている。 西欧の建築の場合、壁厚が日本と比べるとかなり暑いため、 その厚みが庇の役割を果たしていたり(それでもよくオーニングが付いている。)、 雨水に対する対策になっているのだけど、 コルビジェのつくる鉄筋コンクリートの建物はそうはいかないので、 窓の性能をどう作り出すのかがかなり重要になる。 シングルガラスだからこそ出来る納まりではあるが、可動部の作り方はただただ感動。 旧フランス国立図書館 フランスの古い建築物はスケールの壮大さに驚かされる。 なんというか権力主義的空気感が満載。 カーンの建築は古典建築の建築的な良さのみを抽出して人間的なスケールを獲得しているところが良い。 古典建築が近代建築の種になっていることは間違いない。 ポンピドゥセンター 広場には人が多くいて居場所を作り上げているのが良いなと感じる。 パリにエネルギーを加えた名建築だと思う。 夕食は情報誌に掲載されていたファアグラのお店へ。 高級店というわけではなかったのだけど、充分に美味しく今回の旅では一番でした。 お腹も心も満たされたのであとは寝るだけ。 6日目 ホテルから歩いて地下鉄の駅まで行き、 駅近くのカフェでコーヒーとクロワッサンを朝食として頂く。 幾らかは忘れてしまったのだけど、名古屋のモーニング文化に慣れていると金額的に高かった(ような気がする)。 サヴォア邸 オープン前に着いてしまい、15分程外で待ったが、一番乗りだったので誰にも邪魔されずにサヴォア邸が堪能できたのは良かった。 朝一で行く事、オススメです。 ラトゥーレットの時は野蛮とも思えたディテールがサヴォア邸では非常に繊細に解かれている。 単純にラトゥーレットでは予算がなかっただけなのかもしれないが、同じ設計者の建築物とは思えないほどの違い。 現在の日本の住宅では部屋の主従関係をなるべくフラットにしているものが多く見受けられるが サヴォア邸は主従関係が明解な建築と言える。 外観はリボンウインドウとなっているので、主従関係が無いように思わせるのだが、 中に入るとその印象はガラッと変わる。 正に住むための機械とも言えるような構成になっている。きっと住んでみると住みやすさを感じると思う。 ヴィトン財団美術館 ヴィトン財団の美術館も2回目。前回来た時はアーティストが建物全体を使用して、 作品化していたのでニュートラルな姿も見てみたかったので再訪しました。 1回目ほど心に響くことはありませんでしたが、それでも十分に魅力的な建築。 ゲーリー建築は外観は何か生き物のような流動性を持っていますが、中で感じるのは 一つの村のような場所であるということです。 ビルバオでも同じような空間体験をしたし、MITでも同等の質を感じました。 ノートルダム・デュ・トラヴァーユ 鉄骨で出来た変わった教会。 教会を比較しながら見てみると面白い位置付けになるのかもしれないが、 場が持つ空気感と構造がうまく整合されていないように思えた。 ノートルダム大聖堂 先ほど鉄骨で出来た街に溶け込むような小ぶりな教会を見たので もう一度大聖堂を味わってみようと思い再訪。3回目です。 圧巻のスケール感であり、なかなか日本では感じることの出来ない質感であり、スケール感。 日本では届かない影を感じることは出来るが、ゴシック建築は届かない光がある。 宗教観の違いをこのような点で感じる。 7日目 夜にパリを離れるのでそれまでの間、パリ散策。 ラヴィレット公園、ピカソ美術館、などを見て回る。 3回目のフランスで感じたことは歴史が重層化されているパリであっても 代謝が起こっていて、古き良きパリではなくなって来ている部分も出始めているのだなということ。 移民を受け入れずに排他的になってしまうと古き良きは守れるかもしれないけど、 人が少なくなることで街の魅力がきっと失われていくのだと思う。 核となる部分を残しながら、少しずつの変化を許容しながら街は形成されていくのだなと感じる。 と気が付けば旅行に行ってから半年以上経っていました…。 当時を思い起こしながら書くことによって記憶に定着することは良いのですが あやふやな部分を写真など確認しながら書くと時間がやはりかかります。 3月の下旬にはアテネへとギリシャ建築を見る旅へと出掛けます。...

建築基礎勉強会6

下記の勉強会の参加者を募集しています。 ●目的 社会人2年目のCANの幅を広げることで建築へのモチベーションを広げることを目的としている。また、建築の実務を知ることで建築のWANTを広げることも狙う。 具体的には木造住宅を通して建築の知識を広げていきます。 一時間程度のレクチャーと演習(ワークショップ)を行います。 ●定員10名 基本的に毎月参加する事ができる人に限ります。 ●対象 建築に携わる方、もしくは学んでいる方 30歳以下の方に限ります。 ●場所  CO2WORKS 名古屋市名東区代万町3-10-1  dNb 2F ●日時 3月13日(水)...