東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | 謹賀新年
4009
single,single-post,postid-4009,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

謹賀新年

08 1月 謹賀新年

今年もお付き合いよろしくお願いします。
というのにも少し遅くなってしまいましたが…
よろしくお願いします!

さて、一年のはじまりですので個人的なテーマを発表します。
(事務所のテーマ・目標ではありません。)
今年は事務所の父になるというのが個人的なテーマです。
人に中渡瀬さんってお父さんみたいですよね、と言われるのが
とっても嫌でした。
スタッフには自立した思考をしてほしいのに、
僕がお父さん的に思われるということは
僕がスタッフの面倒を見過ぎていることから
そのように思われてしまうのだと思っていたので。

今年はスタッフが入れ替わる年なのでそんなこと言っている場合ではないという
事情ももちろんありますが、それ以上に事務所はファミリーだ!ということを
事務所内で主張しています。
頭でも打ったのか?と言われてしまいそうですが…そんなわけでもなく、
親密感をもつことによってスタッフの成長を促していこうと考えています。
親密感と成長。って関係あるの?という疑問があるかもしれませんが…
きっとあります。説明はうまく出来ませんが今までの経験と勘でいくと。

親密感をつくるボスとしての父です。
これにはかなりの決意がありますので(珍しく)
父になります。

そのことと連動してこの数日は全然怒っていません。ときたまムカッとすることもありますが
笑顔で対応しています。そうすると笑顔が連鎖していくはずです。きっと。

….。..

明日は大学の研究室と共同設計を行っている住宅のプレゼンです。
とってもかわいらしい住宅なので気にいってくださると嬉しいですが
どうなるかな?
といいながらもかわいらしいという言葉だけで建築を片づけてしまうと
建築が単なるファッションのような感じを与えてしまうので
かわいらしいという抽象的な言葉はちょっと危険な言葉ですね。
皆さんにとってのかわいらしいってどんなですか?