東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | ギリシャ旅行1日目
19737
single,single-post,postid-19737,single-format-gallery,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

ギリシャ旅行1日目

  • P1050344
  • P1050348
  • P1050355

17 5月 ギリシャ旅行1日目

今回は西欧建築の礎となっているギリシャ建築を見るための旅行。
ギリシャは日本にいるとパルテノン神殿の情報程度しかあまり目にする事はないので
街がどんな街なのかなど行ってみないと理解出来ない事が多くありそうで楽しみにしていました。

・移動
名古屋(セントレア)を出てから2回のトランジットを行い、
25時間をかけてようやくアテネまで到着。
初めての24時間以上の移動だったこととトランジットが2回あったのでアテネに着いた時は
身体が重たくなっていました。ギリシャの情報が無いことは移動のし辛さも影響しているのでしょうね。
飛行機の中で頂く機内食が苦手なのでトランジットの度に少しずつご飯を頂く。
トランジットはソウルとアブダビだったのですが、アブダビの物価がかなり高く、驚きました。

・アテネ空港からアテネ市街までの移動
アテネ空港は建築的な感動の無い小さな空港。
アテネ空港に着いてからはバスでホテル近くまで移動。バス停は出口を出てすぐの所にあるので迷わずに行けます。

・カラトラバ建築
ホテルに着いてからカラトラバが設計したオリンピック会場まで地下鉄にて移動。
ポルトガル、スペイン、アメリカで見たカラトラバ建築は
どれも素晴らしかったので期待して行ったのですが、
建築自体はリズムや構造を活かした造形美があり、カラトラバが設計しました!
という感じが出ているのですがディテールが雑過ぎて驚きました。
施工技術が低いのだろうか?
また経済力が低下しているギリシャという国で
錆びが出てきている箇所を放置している所などを見ると
大きな規模の建築をキープしていくことの難しさを感じました。

・ギリシャでの食事
ホテルのある駅まで戻ってきて駅近くのギリシャ料理屋さんにて夕食をとりましたが…
疲れていたこともあったと思いますがなんというか少し味が足りない食事を食べて終了。