CO2WORKS/東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | 鹿児島・福岡旅行
19670
single,single-post,postid-19670,single-format-gallery,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

鹿児島・福岡旅行

  • kag12
  • kag13
  • kag14
  • kag10
  • kag7
  • kag9
  • kag17
  • kag1
  • kag2
  • kag8
  • kag4
  • kag3
  • kag11
  • kag16
  • kag6
  • kag5
  • kag15

25 1月 鹿児島・福岡旅行

1月13日から15日に鹿児島と福岡へと旅行してきました。
父の出身が鹿児島ということもあって、僕にとってもゆかりのある地。
鹿児島に着くと鹿児島弁が耳に入ってきます。
子供の頃、鹿児島の祖父から電話をもらったときに聞いた言葉と同じで懐かしさを感じました。
子供の頃は何を言っているのか、まったく聞き取れなかったのですが…。

今回の旅の目的地は雅叙園という霧島の旅館です。
facebookかtwitterで一度旅館を見たことがきっかけとなり今回の旅行へとなりました。

先ずは鶏優先道路がお出迎えしてくれます笑
これだけでも期待が高まります。
もちろん、その期待にきちんと応えてくれます。
茅葺の屋根の民家?が出迎えてくれます。
この旅館の建物の一部は民家を移築してきたもののようです。

ここは日本昔話の世界です。
たぶんこの言葉がこの旅館の全てで、日本人が経済成長の中で忘れてしまった
時間の使い方、材料、気遣いなど多くのことがこの旅館にはつまっています。

昔は当たり前だったことが現在ではとても贅沢な時間となっている。
我々日本人が取捨選択してきたことだから仕方ないことなのですが
変わらない良さ・強さを感じることも設計を行なっている人間にとっては
大切なことです。

言葉で表すよりもぜひ体験して欲しい旅館ですので言葉控えめにしておきます。
ぜひ、雅叙園の空気を体感してください。