東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | 本年もよろしくお願い致します。
19370
single,single-post,postid-19370,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

本年もよろしくお願い致します。

05 1月 本年もよろしくお願い致します。

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

独り言、ホームページ自体の更新をサボりがちですが

今年こそは…という気持ちを持っています。(と毎年言っている気がしますが…)

・・・・。・・

独り言の更新が悪い言い訳として、実は昨年から社会人大学院に通っています。

一昨年から東京ー名古屋生活になった事もあり、東京の大学院でも通えるので

大学院を選択する幅が広がりました。

なぜ大学院に通う事になったのかというと、東京で進めているプロジェクトが

どう考えても昨年の僕の手には余るなという事が最初の一歩でした。

その他にも一昨年、自分を鍛え直したいなと思う出来事があったので

あまり考えずに試験を受けてしまいました。

設計ではあれこれと検討をしますが、自分のこととなると何も検討しません笑。

とりあえず行動してみてその後に考えます。

PDCAで行くとDCAPの順にいつもなってしまいます。

大学院に行くと決めてから夜には仕事をしないなどの練習?をしてから

大学院に行ったので時間的には苦しいながらもなんとかなっています。

大学院でどんなことを行っているかなどは次の機会にお話できればと思います。

・・・・。・・

年末に実家に帰った際、兄から地元のサッカー少年団がなくなると聞きました。

小学生の間、お世話になっていた身からするととっても寂しい想いになりました。

静岡のサッカーは(静岡県富士市出身です。)僕たちが高校生くらいまでは全国的にも強かったのですが、

その理由は少年団の仕組みと少年団を支える父兄の方の協力によるものでした。

少年団を教えてくださるコーチの方は無給で仕事を終えてから行ってくださいます。

(僕たちが少年団の頃の話です。もしかしたら現在は異なるかも。)

自分の子供がいるから、サッカーを教えるのが好きだから、というような理由だけでは

なかなか続ける事が難しい事です。と仕組み自体に無理がある事もなくなる要因でしょうし、

サッカーがプロ化した事でプロを目指すのならばプロの下部組織で教えてもらった方が

いいのではないかという事も大きな要因だと思います。

サッカーだけを切り取れば仕方ない事なのですが、地域という視点で見ると

サッカーを通して父兄の絆が出来たりと良い点が多くあったと思います。

そういう関係づくりがサッカーのみでは問題ですが、多くの関係の一部が無くなる事が

地域として見たときにきっとマイナスだな、と。

サッカーのプロは地域密着を目指しているので、

マイナスばかりではない事ももちろん分かっていますが、地元の少年団が無くなるのはやはり寂しいものです。

・・・・。・・

昨年から年賀状を出すことをやめました。

ご挨拶を頂いている皆様にはとても申し訳ないのですが、

製作すると時間をかなり掛けてしまうことと現在の環境(SNSやWEB)があることを

比較するとやめる事がベターなように思いました。

新年の挨拶という文化はとても素敵な文化と思っていますので

何か違った形にする事を考えています。