CO2WORKS/東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | 基礎勉強会
19353
single,single-post,postid-19353,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

基礎勉強会

15 11月 基礎勉強会

最近、設計事務所に就職する学生が減少しています。
設計事務所だけのことではないと思いますが…
設計事務所としてはなかなか深刻な問題です。
学生さんや社会人一年目の人に聞いてみると設計事務所は
ハードそう、知識としてついていけなさそう、などの意見が出てきます。
知識が無いから長時間労働になってしまうということは事実としてあるので
この点を是正しようかと思い、建築基礎勉強会を社会人向けに行うことにしました。
(実際は大学4年生が聞いてもついてこれるかなというレベルにしています。)
設計事務所に対するポジティブな気持ちを持ってもらうためです。

先月、今月と2回行ったのですが…
思った以上に基礎が備わっていないという事実が分かってきました。
参加者は実務経験1年ー4年、学生さんになります。
設計事務所は基本的に業務に追われてしまうので仕方ないことなのかもしれませんが
基本を納めないと無駄が多く発生してしまいます。
無駄から学ぶ姿勢ももちろん大切ですが余裕がないとクリエイティブな仕事はやはり厳しい。
内容としては2級建築士を持っていればついてこれるような内容にしているのですが
資格の勉強と実務がリンクしていないことが問題として考えられます。

と考えてみると設計事務所がハードなことは資格制度の制度設計がうまくいっていないことや
大学での勉強が実務とリンクしていないことなどに起因するのかもしれません。
大学は研究(何かを極める)と教養を得るためにあるのではないかと思いますが
上記の二つがなかなかリンクせずにあることで学びがこぼれ落ちてしまっている感があります。
となると一つの事務所が頑張ってどうにかなるような問題でもないので
抜本的な変化が必要に思います。
ですが、そこまで大きな話になると思考停止になりがちなので、周りから少しずつ変化を
促すというところが現実的な点かなと思います。

・・・・。・・

フランス旅行記…なかなか書けません笑
少しずつ書き溜めて一気に…という計画をしています。