東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | fkk0803
19290
single,single-post,postid-19290,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

fkk0803

03 8月 fkk0803

今年はとてもとても暑い日が続きますね。

先日blogで所長も書いていましたが、我が事務所dNbは無断熱なので

室内でエアコンをつけておいてもじんわり暑いです。

エアコンが常にフル運転しています。

 

こんな暑い中ですが、職人さんたちが頑張ってくださり、

fkkの現場は順調に進行中です。

現場進捗写真_180803_0014

 

今週で断熱材とフローリング敷が大方終了。

下地の施工〜仕上げの段階に入り始めて、

だんだんと最終形も見えてきました。

 

 

さて、今週は鉄骨部分の施工について振り返ってみたいと思います。

 

木造部分の建て方の前の、2階床鉄骨梁の施工の様子。

timeline_20180618_194118
timeline_20180622_191519

timeline_20180622_191520

RCの1階から3M以上張り出しています。

木造のみではこれだけの片持ち梁は難しいのですが、

鉄骨を使うことによって実現しています。

 

IMG_8276

IMG_8283

屋根の鉄骨梁の施工の様子です。

屋根の梁は上から片持ち部分を吊る役割があります。

 

そしてこの鉄骨梁と木造の部分を接合する部分も工夫があるのですが、、

 

その様子は次週お伝えします!

 

-eiso