東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画 | fkk0727
19277
single,single-post,postid-19277,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

fkk0727

27 7月 fkk0727

fkkの特徴は、ご実家の持っていた庭を極力残すために

1階の面積を小さくし、2階の床を大きく2方向に張り出していることです。

(建て方時の写真参照)

P1040169

 

この形状を作るために、fkkは

RC造、木造、鉄骨造の3種の構造が入り混じった構造をしています。

この超ハイブリットな構造が、fkkの不思議な軒下空間を作っています。

 

超ハイブリットな構造を、工程を振り返りながらご説明していきます。

 

1階は、建物の下階を重くつくり、上階の張り出しに耐えるためにRC造で作っています。
timeline_20180515_205758

位置出しの段階。

とてつもなく小さな建物のように感じます。

IMG_7950

RCの配筋。

IMG_8056

IMG_8053

打設時の様子。

1階は面積が小さいのですぐ打設の工事が終わりました。

timeline_20180615_165952

打ち上がり。

面積は小さいけれど重く、がっしりとした印象の1階が出来上がりました。

 

来週は鉄骨の工事の部分についてお伝えしようと思います。

 

-eiso