愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | 設計者をどう選ぶのか?
18771
single,single-post,postid-18771,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

設計者をどう選ぶのか?

16 8月 設計者をどう選ぶのか?

以前、設計者をどう選んだらいいですか?と質問された時に

僕は友達になれそうかどうかで選ぶのがいいんではないかとお答えしました。

長い付き合いになるわけですから、友達にならなくともなれそうな人でないと

依頼者自身が苦しくなってしまうのではないかなと思います。

といってもそれは設計者の立場からお伝えしていることで

一般の人はどうなのだろうか?と僕自身興味があるところです。

先日、一般の方とお話ししていた際に設計者をどう選ぶかという話になりました。

その方は今まで作ってきたもので判断するよりも人で判断したほうが良いと思う。と言っていました。

作っているモノか人か。

住宅に対して何か理想とする像があるとして、設計者と長い時間かけて行っていけば

いつかは理想像に近いものになるのではないかと思っています。

どのようにしてコミュニケーションをとるのかなどによって時間や手間は変わってくると思いますが

最終的にはどうにかなるのではないかと。

手間も時間もかけたくない、となれば理想像に近いものを設計している人に

お任せすれば良いと思うのですが、長く存在するものですから長いお付き合いが

出来そうな人がいいのではないかと思います。

・・・・。・・

僕自身は人と街を見ながら設計を行うので

自分のスタイルというようなものがありません。

だから、今まで作ってきたもので評価されると、困ってしまいます。

とても特殊な住宅に見える場合でも、住むその人たちにはその住宅がその人たちのリアルであるので

他人から見るとズレてしまうかもしれません。

8月26日にオープンハウスを行う住宅も一見するとかなり特殊な住宅なのですが

住むそのご家族にとってはその住宅こそがリアルであると考えて設計しました。

・・・・。・・

若い時は表現をしたい、という気持ちがあったことは否定できませんが

歳をとると(そんなにとってないか…)調和されたものを求めるようになります。

調和ってとても難しい言葉でなにかを見知らぬふりをしないということが

調和につながると思います。

何かに突出したものよりも全体の調和を作り出すことが僕の得意技だと思うし、

そこをより高めていきたいものです。

 

co2works
info@co2works.com