愛知県近郊の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | imc0804
18762
single,single-post,postid-18762,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

imc0804

04 8月 imc0804

猛暑日が続き、少し外にいるだけで汗が出てきますね、、。

所長と私はとっても代謝が良いのでいつも汗だくです。(笑)

 

imcは現場にいきましたが、

現在玄関を入ってすぐの廊下のタイル張りのため、室内は見て回れませんでした。

そのかわり、タイル職人さんが張っている姿を見学してきました!

IMG_0388

予め大判のタイルの1枚ずつの範囲を線を引いておき、

それに合わせて専用の接着剤をたっぷりと出して、

くしベラ(先端がギザギザになっているヘラ)で線の範囲内に均等の厚みになるように伸ばしていき、

タイルをそっとのせて、

木槌でトントンと叩きながら、

水平をとったり隣合うタイルと高さを合わせたりして、

やっと一枚貼り終わりです、!!

さらには、

imcの廊下は、大判のタイル1枚では100mm程幅が足りないため、

タイルを切断して使う必要があります。

その上、1枚をそのまま貼って、100mm程だけの幅を貼るのでは、

目地通りが中途半端に端に寄ってしまいます。

その中途半端をなくして、廊下幅の中心に目地を通すために、

タイルを廊下幅に均等に割り付けるために、全てのタイルを切断しなくてはならないのです。

imcをカッコよくするために、タイル一枚一枚にとっても手間をかけて張って頂いて、

感謝の限りです!!

 

-nonoyama

co2works
info@co2works.com