co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | has0502
18550
single,single-post,postid-18550,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

has0502

02 5月 has0502

4月も終わり、5月になると暖かいを通り越して暑いくらいですね。

しかしCO2WORKSの事務所ビルのdNbは打放しコンクリートが蓄冷しているため外気温より寒い、、、

のでまだまだ事務所内では厚手のカーディガンが手放せなかったりします。

外から帰ってくるとヒヤッとする感じはなかなか体験できないので、機会がありましたら是非体感しに来てください。笑

 

hasの現場監理は現在建方前で日差しを遮るものがないので暑いです。

 

DSCF3157

この日は土台伏せの作業の間最中でした。

DSCF3158

前回はまだ打たれていなかった立ち上がりのコンクリートが打たれて、

その上に土台が伏せられています。

立ち上がりのないところの木材は大引と言います。

柱が立たず、床だけを支える部分は土台ではなく大引です。

 

DSCF3161

土台と一緒に設備関係の配管も確認。

ピンクが給湯で、青が給水です。

わかりやすいです。

 

DSCF3164

そしてhasの難所の一つでもある土間の柱受け金物。

この施工、まっすぐ金物がセットされていないと立て方の時に柱が立たなくなってしまうので大変なのです。

 

後からこの部分のコンクリートだけ後打ちにして楽にセットする方法もあったのですが、

監督さん・業者さんが綺麗な仕上がりを目指して難しい施工を頑張ってくださいました。

 

GW明けに上棟です。

上棟も難易度が高い!と大工さんがおっしゃっていました。

設計者としてはしっかり構造材のプレカット加工図をチェックして

役割を果たします。

 

大工さん・監督さんにhasは難しい納まりが多い家だからちゃんと考えるように!と言われているので上棟後も気を引き締め検討していきます!

 

-eiso

co2works
info@co2works.com