東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | imc0428
18533
single,single-post,postid-18533,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

imc0428

28 4月 imc0428

imcは中間検査を受けました。

中間検査とは、建物の構造に関する工程が完了したときに受ける検査です。

審査機関に、着工前に審査してもらった確認申請と、

実際に工事したものが一致しているかどうかを検査してもらいます。

また、構造設計を依頼している構造家の方にも検査をしてもらいます。

IMG_9273

(CO2の多くの物件で登場するので、CO2通の方にはお馴染みの構造家さん)

柱が接合されている金物の位置は合っているか、強度は適切か、

などの構造計算に関わる細かい数値を検査すると同時に、全体も確認していきます。

設計した組み方で力の流れは適切に伝わっているか、

たわみなどは計算の想定内に納まっているか、などなど、、

現場を隅々確認していかれます。

そうやって経験を蓄えているので、設計するときは計算結果だけでなく、

変形しやすい箇所を事前に教えて頂いたり、

設計事務所のやりたいアクロバットな形態にも対応して下さる、

信頼できる構造家さんです。

(宣伝料をもらっているわけではないです笑)

 

まだまだ決めていくことはたくさんありますが、

ひとまず建物としての安全性は確認されました!

imcはCO2のなかではアクロバットな構成なので、一安心です。

IMG_9274のコピー

写真はダイニングから見上げたもの。

3階の廊下にいる所長が見えています。

視線の抜け方が多様な住宅です。

 

-nonoyama

co2works
info@co2works.com