co2works/ 建築家/設計事務所 / 愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | has0418
18488
single,single-post,postid-18488,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

has0418

18 4月 has0418

最近は暖かくなり、春の陽気が気持ちいですね。

hasに監理に向かう途中で道端で春の草花を発見してほっこりしました。

18011054_1176810335775229_3771378407801998818_n

自然の多い良い場所です!

 

 

さて、hasは先日配筋検査を行いました。

17309494_1149449368511326_2960596724337966332_n

基礎の鉄筋コンクリートの鉄筋の配筋が図面通りであるか、確認します。

17458331_1149449225178007_1227733112760528548_n

基礎のスラブの鉄筋が所定のピッチで並べられているか、

17458272_1149449375177992_162744650263592979_n

柱が載る立ち上がりの高さが合っているか

17499380_1149449441844652_5692222319826567155_n

鉄筋をつなぐ部分で所定の長さで定着をきちんと取れているかどうかを確認します。

 

hasは一部を除いて平屋の部分が多いのですが、

その平屋の部分で高さを調整している部分が多いので、なかなか難しい形状をしています。

 

ですが、一緒に検査をしてくださった構造事務所の方がおっしゃっていましたが、

稀に見るとても綺麗な配筋!とのことです。

 

基礎配筋はコンクリートを打つと見えなくなってしまう部分ではありますが、

建物の性能を担保する大切な部分です。

 

基礎の業者さんはじめ、関係してくださる業者さんがとても丁寧な仕事をしてくださっているので、

素敵な住宅が出来上がっていくのが想像できます。

 

職人さんに負けないよう、私も設計・監理を頑張らなくては!と思いました。

 

-eiso

co2works
info@co2works.com