東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | has0404
18421
single,single-post,postid-18421,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

has0404

04 4月 has0404

お久しぶりの更新となってしまい申し訳ありません。

新年度!という事で新規一転hasブログを盛り上げていきたいと思います。

 

hasは3月に無事着工を迎えました。

地鎮祭、地盤改良、基礎の配筋、、と順調に進んでいっております。

 

これまでの現場の流れを写真付きでお伝えいたします。

 

地鎮祭

DSCF2284

DSCF2291

地鎮祭日和の快晴の中行われました。

最近の現場は地鎮祭を行わない事もあるそうですが、

やはり地鎮祭をすると、気が引き締まり、始まりを感じます。

 

 

地盤改良

DSCF2308

hasの地盤改良方法は砕石パイル工法というものを使用しています。

穴を掘り、そこに砕石をしめ固めながら入れていくことで、敷地全体の地盤を強くします。

天然素材なので地質・環境にも良いそうです。

上記の写真は穴を掘っているところです。構造設計者さんが掘り出された土の質を確認しています。

DSCF2323

このような穴を掘ります。

お約束ですが、写真を撮っている時に工務店さんに突き落とされそうになりました。笑

DSCF2318

砕石が入れられ、締め固められた様子。建物が建つ上に満遍なく行い、地盤を強くします。

 

砕石パイルは東日本大震災の時に液状化に対して効果があったという結果があるそうです。

液状になった水分が砕石間の隙間に逃げることができるため、大きな被害にならないとのことです。

今回の敷地は液状化が心配される場所だったため、そのような意味でも砕石パイルを選択しています。

 

 

現在は基礎のコンクリートの打設を行っているところです。

配筋の様子、コンクリートの様子などは次週お伝えいたします!

 

-eiso

co2works
info@co2works.com