東京・愛知の住宅・二世帯住宅・マンションの設計 co2works/ 建築家/設計事務所 / 東京/静岡/愛知/名古屋/岐阜/三重/静岡/住宅設計/集合住宅/二世帯住宅/マンション/アパート/デザイン | HAS1031
18158
single,single-post,postid-18158,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

HAS1031

31 10月 HAS1031

今回のHASフログはワークショップの続きと敷地調査についてお話したいと思います。

ワークショップ3回目の「街での暮らしを考えましょう」では

設計者もクライアントさんもより街について理解するために、番外編として「街を見に行きましょう」と題して町歩きの日を設けました。

14670795_1003545823101682_8358713847075702044_n

町歩きの資料です。

実は、クライアントさんと町歩きをする前にCO2内でも事前に2回町歩きをしています。

(敷地を見に来ることも含めるともっと来ています笑)

 

まず第1回目は、街の大きな範囲も含めて、担当者である私が丸一日街を歩き回りました。

14908230_1010049249118006_1660311868026648856_n

近くの駅やバス停、中学校、公共施設などなど街の特徴となるところを目印に歩き回ります。

img_1573

日曜なのに人気のない駅前だったり、

img_1588

市街化調整区域の田んぼの真ん中をあるいたり

img_1603

伝統工芸のミュージアムを見たりと、

敷地の周辺だけでなく、街の特徴を知るために、まずは広範囲で歩き回ります!

 

その後

敷地のごく近い部分の街を見て回り、特徴を掴みます。

img_1617

同じ時代に建てたとみられる似たお家が立ち並びます。

一つ一つの敷地が小さいです。

img_1655

近くの味噌醤油工場の味噌蔵。黒い木の外壁がかっこいいです。

img_1643

ガーデニングが街にまではみ出している様子。

 

そしてここで見たことを事務所でまとめまして、

街の特徴を捉えながら

img_2859

ボスとともに別日にも町歩きです。

2人で歩くとさらにいろいろな視点で街が見えます。

 

 

そしてクライアントの方と町歩きするときには、特徴を捉えながら街の様々なところを紹介できるまでになる、、ということです。笑

 

そしてその街の感想をクライアントの方と共有して、実際に街に住むことを想像するワークショップを行います。

 

という感じで、前回の人を知るワークショップと同じく、街を知るということもとても大切にしています。

 

住んでいる街を好きになれたら、暮らしがもっと豊かになるのではないかと思っています!

 

-eiso

 

 

 

co2works
info@co2works.com