CO2WORKS/東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | MKN0727
15843
single,single-post,postid-15843,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

MKN0727

27 7月 MKN0727

本日も夏らしい天気で・・・dNbはクーラーを付けていても

なんだか暑いです(笑)

冬も寒くて辛いのですが、夏も暑くて辛いです・・

と弱音を吐きましたが、現場はそれどころではありません!

現場の職人さん達は炎天下の中作業されています。そのプロの姿を見ると、

こんなことで弱音を吐いてはいけないなっと思います。

MKNの現状についてですが、今は照明器具の検討をしています。

照明器具は、照度と見た目について考える必要があります。

無題

1つだけの引掛けシーリングで「見た目がいい」という理由だけで選んでしまうと、生活に必要

な明るさがない!といった原因になってしまいます。(上記のような器具が引掛けシーリングです。

基本的には1つの照明器具の設置になります。)

MKNの照明計画は、一つの照明器具で明るさを保つ計画ではなく、

複数の照明器具を用いて照度を保つようにしています。

images

(上記のようなショップラインという器具を設置しています。

自由に照明器具を配置、数を増やすことができます。)

そのため、「見た目がいい」という理由で照明器具を選択しても

明るさを確保することができます。

照明器具を「見た目」で選択する場合は、その空間の中の

照明器具の見え方を検討する必要があります。

大きさ、高さ、色味など、空間と照明について検討します。

空間に合う最適なものを探し、お施主さんに提案していきます。

-kojima