CO2WORKS/東京・愛知の住まいと事業物件の設計と企画/設計事務所・建築家 | 新国立競技場
15790
single,single-post,postid-15790,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-7.1,wpb-js-composer js-comp-ver-4.5.1,vc_responsive

新国立競技場

22 7月 新国立競技場

新国立競技場。
僕が感じたところとしては役割分担が不明瞭だな、というのが第一印象。
安藤さんは悪いかもしれないし、悪くないかもしれない。
今の僕の情報量では分からないのです。
ここで一つ疑問として出てくるのが安藤さんが悪い!という人は何に基づいて悪い!と
言っているのか?ということです。
会見の時にメディアの人たちは世論を味方につけるような質問の仕方をしていました。
世論の代弁者がメディアなのかな?と疑問に思いました。
メディアは人々の感情を操るようなことにならないように基準と事実を
伝えるようにするべきではないかと思います。

今回の審査員の役割がどこまでだったのか?ということは不明なので審査員長については
ここでは書きません。
問題となるのは設計者とその設計者に依頼した人たちです。
今回のような規模の建築物の時に過去の事例から
おおよその予算を予測することが難しいことは推測できます。
となると設計図を完成させる→見積をとるというオーソドックスな手順で行われていくはずです。
(公共建築の設計経験がないので予測です。)
見積をとったら予算オーバーしてしまった。
そこから予算に合わせるためにどうしたらいいのだろうか?と考えるのが設計者の役割です。
そもそもの案が高いのならば案自体を変更するしかない。
それよりも根本的な問題で要求条件が希望予算に合っていないということが起きているのかもしれない。
(公共建築の場合、そのあたりを事前に検討しているようですが…)
このあたりを明確にしておかないと次にコンペを行っても同じことが繰り返されてしまうのではないかと
心配しています。

個人的にはザッハの案には断固反対です。
オリンピックとはいえ、現代とこれからの日本においてモニュメンタルな建築が不要になっていくと
考えているからです。周囲の環境に寄り添うような建築を作る必要がこれからの日本には必要です。
とはいえ、
今後の国立のことを考えてみると設計期間があまりにも短すぎる。
住宅でさえ半年程度の設計期間を頂いている僕としては現在国が言っている設計期間で
どんなものが出来るのだろうかと不安になります。
やっつけの国立競技場が出来るのではないかと…。
1000億出してやっつけの国立競技場が出来たらどう思いますか?

僕個人が考えているようなことでしかないのでそれ以上の検討が行われていることを望みます。
時間が無いからこれで仕方ないよね!というものが出来ないことを望みます。
それ以上に未来につながる建築が出来上がることを強く望みます。

。。。。・。。

役割を超えたところを期待されるのが建築家であるかと思います。
建築界のヒーロー安藤さんならばなおさら。
でも、今求められている建築家像はもっと身近な人ではないのでしょうか。
そして、もっとみんなで話し合える場を求められているのではないのでしょうか。
今回、そのような場が作られなかったことが残念だなと思います。