杉並の伝統構法の平家
地域の暮らしを豊かにする建築家
名古屋,東京,建築家,集合住宅,住宅,暮らし,住まい
21566
post-template-default,single,single-post,postid-21566,single-format-standard,qode-social-login-1.1.3,qode-restaurant-1.1.1,stockholm-core-1.2.1,select-theme-ver-5.2.1,ajax_fade,page_not_loaded,menu-animation-underline-bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive

杉並の伝統構法の平家

杉並区にて伝統工法の平家の住宅が進んでおります。

クライアントは富士見ヶ丘の集合住宅からご一緒頂いているMさんです。

現在進行形の微地域の中に今回の住宅は建ちます。

クライアントから大工さんの指定があり、初の伝統工法に挑戦です。

大工さんのご実家が材木屋さんなので何回か材木を見に埼玉の飯能まで行きました。

ストックしてある材料を見ると今までの木の概念が崩れるような感じがしました。

とても楽しみなプロジェクトです。

現在は設計が終了し、予算調整をしながら現場のスタートを待っている状態です。